2018年09月24日

「なおみちゃん」残念!日本凱旋優勝ならず。

先に全米オープンテニス女子シングルスで、見事20歳で優勝を果たした「大坂なおみ」選手だが、今般東京で開催された「東レパンパシフィック」に出場のため来日(里帰り)、連日待ち望んでいた多くのファンに見守られ、報道に追いかけられながら、試合に臨まれた。
2回戦から登場、連戦決勝戦まで3試合ともに1セットも落とさず完勝、いよいよ決勝戦となったが、今度は1セットも取れずに敗戦となり、優勝とはならなかった。連日の「なおみちゃん」フィーバーに愛嬌良く接して、気さくな姿勢に一層ファンが増えたことだろう。テニスといえば人気スポーツの5本の指に入るスポーツで、優勝賞金もけた違いに大きい、プラススポンサーからの収入も大きい、なのに何が食べたいか?「カツカレー」「抹茶アイス」「コンビニのおにぎり」と、ごくごくどこにでもいる20歳の若者そのもので、テニスの実力と同じようにファンの好感度もうなぎ上りだ。日本人としてオリンピックも出場を目指してくれるようで、世界に日本人の姿を示されており嬉しい限りだ。ごくごく普通の日本の若者よ、奢らずひたむきに取り組む彼女の姿勢をしっかり学び見習って欲しい。
posted by 明比昭治 at 18:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

憲法改正国民投票連絡会。愛媛設立。

9月22日(土)午後2時より「椿神社会館」にて『愛媛県憲法改正国民投票連絡会議』が設立総会を開き発足した。おりしも20日に自民党では総裁選挙が終わり、安倍晋三総裁が3選された。安倍内閣では先に総選挙の際に、自民党は結党以来の自主憲法制定を党是とするのだが、戦後70年も経過し、社会情勢の変化もあり憲法改正について議論の場を設けようと公約に掲げ、公明党も合わせると衆・参両議院ともに与党が3分の2を超える議席を獲得しており、今回の総裁選挙では近い内に「国民投票法」の提出を検討も示されていた。
愛媛でも憲法改正への取り組みの議論や検討も順次勧めてきているのであるが、いよいよ具体的運動の母体が結成された。全国的にも衆議院の各選挙区単位で代表世話人を置き、運動の展開を図るべく「美しい日本の憲法をつくる会(櫻井よしこ代表)」が呼びかけ、この国民投票連絡会の結成を勧めている。
愛媛では最高顧問に「関谷勝嗣」(元参議院憲法調査会会長)。共同代表に「山本順三」(参議院議員)「加戸守行」(元愛媛県知事)事務総長に「竹田祥一」(元県議会議長)を選出、1区が「塩崎泰久」「加戸守行」「本田元広」(愛媛銀行会長)「井川直樹」(愛媛パッケージ社長)。2区は「村上誠一郎」「山本順三」。3区は「井原巧」「三好史之郎」(三好鉄工顧問)・4区は「山本公一」「井関和彦」(木材協会長)のそれぞれが共同代表に就かれた。今後追加で役員は充実される。
posted by 明比昭治 at 19:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

雨で陛下の愛媛災害見舞い今日は叶わず。自民党総裁選挙は実施。

今年7月の西日本豪雨災害で甚大な被害があり、国・県挙げて復旧復興に努めているところだが、本県でも死者が29名(この内小学生3名)(さらに災害関連で本日1名追加された)もあり、全壊家屋・半壊・床上浸水・土砂崩れと無惨で甚大な被害に、天皇皇后陛下がお心を悼められ20日に被災者の激励にとお見舞いに御来県をいただくことになっていたのだが、雨天のためヘリの運行が出来ないので、今日は見送られた。また後日必ずお越しいただけるものとは思われるが、是非実現できることを祈りたい。
また今日は自民党総裁選挙も行われており、愛媛県でも党員投票を19日中に松山中央郵便局に届けられた投票(はがき)用紙を、愛媛県連の投票管理委員会で20日午前中に開票集計され、党本部の選挙管理者に報告された。各県共に地方の一般党員の405票を確定するために報告されたものと思う。
この405票と、国会議員の405票との開票は同時に行われ、合計810票を「安倍晋三」「石破茂」の2候補で、得票を競うことになる。結果は戦前の大方の予想や分析の結果どおり、「安倍晋三」現総理が三選を果たし、向こう3年の舵取りを担う事になった。選挙戦を通じ論じられ、活性化も図られることになるように国民政党として、国民の支持を得られる政策の実施を期待したい。国会議員では圧倒的に「安倍支持」だったが、地方や一般党員が「石破支持」を根強く支持基盤として現れていることもしっかりとわきまえて、党運営に国会議員全員で自覚しながら取り組まれることも肝に銘じて実施願いたい。それが自民党を支持いただける基本行動となる。

posted by 明比昭治 at 13:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

朝鮮半島統一できるの?

韓国と北朝鮮の2回目の首脳会談が今回は北の平壌で開催された。北の沿道では10万人を動員しての歓迎の様子が報じられ、南北統一旗も振りながら韓国の大統領を歓迎したようだ。体制の全く違う制度の両国がどう統一するのだろう?オリンピックに合同チームを出すこともこれまで取り組まれている実績があるが、これとてもしメダルをとった場合どうなるのだろう?後でおおもめすることだろう。いずれにしてもポーズを取り合って、お互いのおねだり合戦になることだろうと思えてならない。本気でするなら自らの立場を放棄することが前提ではなかろうか。と私には疑いの心は晴れない。
それはそれとして韓国は北の核廃棄を明確にさせアメリカの後ろ盾を強く求める事に繋げ、北はアメリカの理解を求めて経済制裁を解かせて金体制を世界に認知させることに他ならないのが、双方にとっての戦略だろうと思う。わが国は今立ち入る必要はないだろうと思うが、拉致や領海侵犯などをうやむやにさせないで対峙することが大事だろう。それにしてもトランプ大統領が思いつきのような感覚で、やがて保護にされる解決ポーズに引きずり込まれないように願いたいものだ。

posted by 明比昭治 at 12:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

敬老会雑感

9月に入り、敬老会が西条市内では公民館単位で開催されるため、市が地元と調整し、土・日を中心に毎週のように開催されている。出来れば顔を出してお祝いの声をかけさせて頂きたいと思い、出席を調整させていたいている。
基本として市は75歳以上を参加者の対象にしているようだが、年々対象者の人数が増え高齢社会を如実に反映しているのだが、実際に会に出席する方の数は、頭打ちないしは少なくなっているのかな?と思う。それは皆さん元気で敬老会に呼ばれるほど年寄りじゃない!との思いがあったり、普段からいろいろなところへ出かけることが多くなっているので、暇人じゃないとの自負があるのかもしれない。元気で目的を持って健康寿命を永らえて生きていただけばそれはそれでよいことなので、不参加を批判するものでもないのだが、最近社会とのかかわりを敬遠する風潮も気になる状況だ。やはり近所のお付き合い人間関係の絆が生かされるようにはあってほしい。
西条市でも100歳以上が106人健在、愛媛県では600人近い、全国では7万人になろうとしている。高齢化が一層進行する中、逆に少子化も加速度的に進む傾向にあり、社会の人口構成バランスが取れなくなることが重大な問題なので、各地で若い人に結婚を勧め、温かい家庭を持つことを勧めて欲しいと、人生の先輩としての役割を持って欲しいと、啓蒙のお願いもさせて頂きながら、けいろうかにさんかさs
posted by 明比昭治 at 12:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

第435回先祖祀りと敬老の日

秀吉の全国統一の一環として、四国進攻があり、毛利元就の三男輝元が叔父にあたる「小早川隆景」が征討の大将として来攻した。郷土(神戸)の将兵たちは高峠城主石川氏の幕下に結集、氷見の高尾城の金子氏の幕下と共に、敵の大軍を迎え撃ち、勇壮奮闘し相果てた。これを世に「天正ノ陣」と言う。この戦いに散華した先祖の英霊を今もこの地では年々歳々お祀りしている一族がある。
我が家祖「明比善兵衛家茂」及び「「忠勝正行」は高峠城主石川氏の旗手として大義に殉じた。旧暦8月6日を命日として一族が相寄り、「明比神社」において年々先祖祭りを執り行っている。今年で435年となる。同族相寄り祖霊を慰め、報恩感謝の誠を捧げ、同族の益々の弥栄と祈るものである。今日も老若男女集って、地元の「伊曽乃神社」宮司を祭主にお祭りをさせて戴いた。
誰しも親があり、先祖があり今日の自分がある。今日は今日的社会行事として「敬老の日」でもあるが、親や先祖を敬い家族の有難さ・大切さをあらためて感謝するものだ。「成功した・失敗した」人生のとき時には色々あろう、だが長い歴史の中ではちっぽけなことだろう。何より心豊かに人様に役に立たせてただく「徳」を積んで生かさせてほしいものだ。

posted by 明比昭治 at 16:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月13日

スポーツ界の内ゲバ闘争?うんざりだ。

スポーツのフェアプレーには誰もが感動する。その背景には自分にはできないが、練習によって鍛え磨かれた技を、ルールにのっとり正々堂々戦いの中で発揮し、勝利する涙・負けた悔し涙。その後で両者讃え合うフェアの精神に自分を置き換え同じ気持ちを共有するとき、心に湧き上がるものが通じるからだ。文化活動も同根の感動がある。
レスリング協会から端を発したことだったか、このところスポーツ協会関係で次々と内部での人間関係に端を発するのだろうが、セクハラとかを引き合いに不祥事の暴露闘争が頻発、マスコミがこれでもか、これでもかとえぐるような報道を繰り返し、聞くにも堪えない状況がある。
この際何年も前のことまでほじくって無理やり騒動に仕立て上げるような状況で、情けない。国会でも似たような論争で、傷口に塩を塗りあうような状況で、口で正常化をと言いながら混乱を助長するようなことを繰り返し、何の改善も前進にもつながらない状況を繰り返している。
明治維新で近代化国家を建設、世界の国と対峙できる国となすための気概をあらためて学びなおそうではないか、と言いたい。
日本人の徳のかけらも感じないような最近の社会情勢を憂うものである。

posted by 明比昭治 at 09:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

第359回愛媛県議会今日から10月10日まで

災害復旧対応で8月には臨時議会や知事の専決処分で速やかな対応を求められる事案を処理してきたが、今日からは定例議会として、補正予算や条例改正・人事案件などが審議され、議員側からは代表質問・一般質問で政策課題全般を知事(理事者)と討議の場も設定される。今回は中村知事も11月末に迎える今任期最終の議会であり、まだ3期目への出馬の正式な表明がされていないので、再選に向けての意欲と政策について、甚大な被害の体験を基に更なる防災・安全対策やインフラ整備について、また伊方原発の核燃料の稼動・使用済みの保管に法定外普通税を新設する(一部改定を含む)条例。などが話題の中心になると想定される。質問は18・19・25・26・27日に本会議場で行われる。
なお、20日には天皇・皇后両陛下が被災地へ見舞いにお越しをいただくことになった。両陛下のお心使いは真にありがたく、被災地の皆さんには何よりの励ましになることだろう。昨年は国体で御来県いただいたところだが、高齢を圧されて各地にお見舞いにお出ましいただき、両陛下のお徳を被災地に及ぼして頂き早期復興再興をみんなで願いたい。
posted by 明比昭治 at 12:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

伊予路はこれから秋祭りを迎える。

野山が色づき始め、彼岸花も蕾を見せているが、何かしら今年は季節感が台風の話題に引っ張られ、見落としがちな感じもする。もう21号まで通過し、まだまだ今年は多くの台風が発生しそうだが、これ以上被害のないことを願いたい。だが情報をしっかり把握し、対策などを安易に考えずしっかりとらえて行動しよう。
そんな中ではあるが、各地でこれから鎮守の神様に感謝する秋祭りが行われる、その準備も始まったかとは思われるが、是非、感謝報恩泰平の祈りをみんなで捧げ、お天道様に見守っていただくようにしよう。天は時として試練を与えることもあるが、それを乗り越えて世の栄を見守ってくれるものだ。皆が力を合わせ地域の団結心が示されることが、健全な社会につながる基本だろう。ルールを逸脱しない容で、大いに盛り上げする人も見る穂とも楽しい祭りとなるように取り組みたいものだ。
西条は昨年は雨で燃焼が悪かったと思うが、昨日祭りの運営等の協議の会がもたれ、準備が始まったが、今年はどうだろう天候にも恵まれ、人神が一体になって祝い感謝を捧げられる祭りであってほしい。
posted by 明比昭治 at 08:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

とうとうやったね「大坂なおみ」女子テニス選手。

ニューヨークで開催中だった全米オープンのシングルス女子決勝戦で、元世界ランキング1位の「セリーナ・ウイリアムズ」(36)を、世界ランキング20位の「大坂なおみ」(20)選手がストレート勝ちし優勝、賞金380万ドル(約4億2180万円)を獲得した。
テニスの4大世界大会シングルスで日本人が優勝したのは初めてで、これからの活躍が益々期待される。男子でも「錦織」選手が頑張って準決勝くらいまではたびたび残る活躍頑張りをしているのだが、決勝の壁がまだ超えられないでいる。いずれにせよ2人は世界で活躍の中心を占める存在になり日本人としての誇りも高い。暗い話題の多い中一条の元気をもらえる明るい話題だ。
ただ、試合中に客席からブーイングがあるなどフェアにかける試合運びがあったようだが、やっぱりスポーツは全てにフェアが第1だ。
posted by 明比昭治 at 09:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

北海道で震度7地震被害で大混乱

日本列島いったいどうなっているんだ。豪雨災害、台風災害、地震災害と列島各地で甚大な被害が7月来続いている。本当に被災に合われ亡くなった方にはご冥福をお祈りし、被害にもめげないで立ち直りにご苦労されている方々にはご慰労・激励を申し上げ、1日も早い復興を祈るばかりです。夏の暑い中、また雨で作業も儘ならないご苦労を強いられている様子に本当に心痛みます。
北海道では全域で停電も発生し、私も知り合いに電話したのですが、不安な夜を迎えているとのことでした。やっぱり電気・水道・ガスなどライフラインがとまると、どうしようもなく不安が増幅されることですし、これらを引き金に体調を崩されることも心配です。一刻も早い復旧・復興を願うばかりですが、なにしろいたるところで問題があり、手配しようにも交通手段も十分に復旧されていない、モノの需要は集中し物資が不足するなど、これだけ各地で甚大な被害が出ると、日本中が大騒動の状況になっているようだ。しかしただただ誰を攻めようもない。みんなで助け合って譲り合って励まし合って立ち上がらなければならない。神があたえられた試練かもしれない、この上人災を起こさないように踏ん張らなければならないだろう。頑張ろう日本!
posted by 明比昭治 at 08:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

台風21号はこれまでにない型の被害を残す。

9月4日に列島に爪痕を残した台風21号だが、事前の予報でも強風の被害予想が注意喚起されていたものの、加えて高潮が阪神での被害を大きくしたようだ。関西国際空港の滑走路が浸水することは誰も想像していなかったのだろう。(一定のことは想定し設計されていたと思うが)船が押し流されて関西空港への連絡橋を壊すことなど誰が想定しただろうか?我が国と世界と結ぶ航空路線の要の関西国際空港の閉鎖状態は、観光やビジネスの人の異動のみならず、物流で世界経済に及ぼす影響被害たるや大変なものがあるだろうと想定される。
最近は異常気象による想像を超えるような被害が発生することが頻発し、事前に予報も衛星からの情報を分析し、かなりの想定も出されるようになったために、事前に注意喚起され、避難呼びかけなど情報も流されてはいるのだが、次々と予想されないような被害が発生し、本当に身の危険を真剣に受け止めなければならないのではないかと思う。自分の手の負えないどうしようもないものもあるが、それでもまず危険回避の方法としては渦中には巻き込まれない避難と予防をしっかり考え、行動することだろう。
もう一つ大事なことは、このまま何もせず漫然と地球環境を守る方法を取り組まなければ、加速度的に異常気象環境は進んでゆき、一層想像もつかない異常な現象と被害を生むことになる。だから勇気と英知で世界が一つになって環境保全問題を考えなければならない。自分や未来の人類を守るために知恵を絞って行動しよう。
posted by 明比昭治 at 09:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

権力の集中が組織活力を阻害する!スポーツ界の騒動に見る。

2020東京オリンピックに向け、施設整備で東京都知事選挙も絡んで色々あった。これにはビッグビジネスも背景でうごめく為色々あるのだろう。政治的な背景もからむので色々あったが、日程が迫ることも考慮に予算も視野に入れ何とか折り合いをつけながら進んでいるようだ。
いずれにせよ権力を集中させることなく、各方面の識者が議論を重ね、最後まで成功への道筋を間違えないように勧めて欲しいものだ。
一方、スポーツ競技団体において、組織のコンプライアンスが問われるもんだが次々とマスコミでも取り上げられている。指導者の権力強化が選手の成績強化につながる面は否めないのだが、勢い権力が集中・長期化して圧力となり、組織の活性化を阻んでいる実態がいろいろ浮き出ているのだろう。やはりどんな組織も定年制を設けて人材の新陳代謝も図りながら活性化させることが大事だろう。もちろんベテランの経験的判断により問題家イケルの方法もあるのだが、それは側面からのバックアップ力を発揮すればよいのだろう。
今回の体操協会の問題を見てみると非常にわかりやすい。双方に言い分がありどちらが悪いというのでもないが、一方は圧力と受け止め、一方は強化のためと言う。要はみんなが同じ方向へ理解と協調をしながら取り組めていない権力集中による無言の圧力が、風通しを無くしていることなのだろう。この際あらゆる組織においても、組織の活性化のために、権力集中と固定化による弊害を洗い直し、社会に活力を取り戻そうではないか!
私も指導者としての立場もあるのだが、足元から見つめなおしてみたい。
続きを読む
posted by 明比昭治 at 11:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

防災の日9月1日

立春の日から数えて、二百十日。古来より稲作文化が中心の我が国において、台風シーズンのこともあり、稲の開花で作凶に影響するので注意せよとの目安の日として呼ばれてきたと思われる。関東大震災もあり最近は防災の日として最近は定着し、避難訓練などで注意を呼び掛けている。
決してセレモニーにしないように「自分の命は自分で守るーそのためにしなければならないことは何なのか」実践的に取り組む必要がある。
台風と言えば九月に入ってから…というのが普通だったが近年は随分様子が変わった。地球環境が大きく変わってきたのだろう。今年は7月から台風が発生もう20を超えて発生している。また、併せて台風のみならず異常気象は、集中豪雨も発生させ、全国各地で想像を絶するような被害が発生している。それでもまさか自分のところが・・・と鷹揚に構えていて避難や防止策を徹底せず、より被害を深刻にさせるような結果になっているのだ。被害にあって後の祭りになり、みんなに心配や迷惑をかけないよう、まず自分で自分を危険から回避する行動を必ずとろう。後になって難なきを得ればそれに越したことはないのだ。みんなでそれを呼びかけよう。
posted by 明比昭治 at 16:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

自民党総裁選挙がこの国の活力源になることを期待する。

9月30日に今任期が満了となり、次の任期3年の舵取りを担う自民党の総裁選挙が9月20日投開票で実施される。8月26日に現職の「安倍晋三」総裁が再選出馬表明がなされ、先に表明されている「石破茂」さんとの一騎打ちの公算が予想される。9月7日の告示日に国会議員20名に推薦人を得て、立候補の届出が締め切られるが、以前に立候補経験があり今も意欲は示しているが「野田聖子」さんは推薦人が揃わないようだと言われている。
自民党総裁は政権政党として「総理大臣」となる職であり、党の選挙といえ国民の代表を選ぶ選挙である。ゆえに自民党は国民を代表する責任政党としての責任も重い。これらの責任をしっかりわきまえながらこれまでも総理・総裁が選ばれてきたのであるが、今回の選挙では国会議員に405票、党員投票で405票が割り振られ、より民意が反映される結果が出るようになっている。マスコミでも色々な論評があり、揚げ足取りで、それぞれの候補の意に反するようなことがあるが、何より候補者本人の意図する政策や、活動実績をしっかり冷静に観比べ、何より平和と安全を責任を持って取り組めるか、国民生活を安定して支えられる産業・経済のシステム作り、なにより国の基となる人・教育の充実など、国民に対し命がけで国の未来を築く姿勢と信念をもってリーダーシップを図ってほしいがこれに応えてくれる人を選びたいものだ。国内の状況も国際的状況もいわゆる内憂外患の時代を、自民党こそがしっかり国民を守り支持が得られる政党として頑張らねばならない。そんな決意が見られる選挙結果を期待したい。批判の批判を繰り返し、前進のない国にしてはならない。個々の内容には意見もあろうが憲法改正の問題も60年も前の結党以来の党是なのに、避けてばかりでうやむやな社会風潮としてしまってはならない。
続きを読む
posted by 明比昭治 at 14:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

西条の「いも炊き」は良いよ!

台風も一過事なきで一安心。いつもながらに石鎚山のお陰で西条は守られているんだと感謝の念で一杯だ。とは言えまだ暑い日が続いており、熱中症などで倒れる人もあり、気が休まらない気象が続いている。
そんな中だが、昨日月に一度地域の環境奉仕をしているボランティアの仲間と、満月にも誘われ加茂川(トリム公園)でもう20年余の長く歴史を重ねてきた「西条のいも炊き」を囲んでで久しぶりに懇談した。日暮れとなると加茂川の川風をほほに感じながら、耳にはコウロギか鈴虫か秋の虫の音も聞きながら、天を仰ぐと満月の月明かり・・・。最高のいやしのロケーションだ。また、芋炊きの味もさっぱりしており、おいしい。しかも手ごろな安価で腹も一杯になる。まだ8月なので日中は暑いので鍋の気持ちになりにくいが、日が暮れるとぐっと気温が下がるので心配ない。
10月の10日ころまで毎年実施されているが、是非家族ずれでも行ってみてください。おすすめスポットです。
最近世の中、人付き合いが薄れがちですが、やっぱり家族も友だちも有難いものです。みんなで声かけ合って温かい鍋も囲みながら、温かい人間関係と社会を築きましょう。
posted by 明比昭治 at 09:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月23日

天気が良くても黒瀬ダム放流、川の増水気をつけて!

子どもたちの夏休みも残り少なく成りました。甲子園の高校野球も終わりました。連日の猛暑で子供たちにとっては水遊びに焦がれていることでしょう。加茂川でも連日水遊びやバーベキューなど楽しんでいる方が多くいます。川の水はべとつかないし何よりです。
ところで、黒瀬ダムでは満水状況に近いため、台風に備えてダムの貯水状況に神経を尖らせています。市内の平坦部では晴れ上がっていても、山間部では、雷が鳴って急に雨が降ったりすることがよくあるために、最近ダムの放流がたびたび行われています。放流の1時間ほど前には、広報車が放流の予告・警告に回り、川の水辺の皆さんに注意喚起を行っていますし、加茂川下流域に何カ所かあるダムの放流警報塔施設でも、放送やサイレンで告知されています。毎秒50トン放流すれば、武丈辺りでは水かさが30センチくらいは上がり、いつもは半分以上が石ころの部分も水に浸かり、護岸の内側の川幅一杯に水が流れるようになります。当然水の流れも速くなります。だから事故防止のため、警告には必ず従って欲しいのです。これまで幸い放流による事故は起きていませんが、ダムより上流で山間部の雨の急な増水により、幼稚園児が亡くなるという悲しい事故もありました。今日も台風予測の為、事前に予備放流も兼ね、山間部で降っている雨の状況を把握検討しながら、異常や危険予防のため、昨日から放流されています。ダムの管理者も地域住民も一体になって、危機管理の理解と協力が必要です。先の西日本豪雨災害で、県内や県外でもダムの放流の在り方が問われる事態が発生しました。こんな悲しいことにならないために、理解と協力を!
先に西条市の水防協議会があった際にも、西日本豪雨災害を事例に色々な意見が出たそうですが、行政責任ばかりを問うことなく住民の理解や行動も一体となって動く必要があるでしょう。河川の堆積土砂の話もあったようですが、県内では加茂川が一番の先進事例としてあげられる取り組みができています。私が提唱してこの堆積土砂の撤去活用に取り組んでいますが、撤去した土砂の受け入れや活用案がなければ、持って行く先がないので中々思うようになりません、しかし、先送りのできない問題です。みんなで活用なり処分の方法を知恵を絞りましょう。これができないのなら堤防のかさ上げや補強を取り組まなければなりません。
続きを読む
posted by 明比昭治 at 10:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

甲子園100回記念大会大阪桐蔭春夏連覇で閉幕。

日本中が桐蔭高校と注目の夏の高校野球100回記念大会は、春夏連覇を懸けて臨む「大阪桐蔭」と、秋田県勢としては第1回大会以来の決勝戦に臨む「県立金足農業」の対決となった。どちらの学校にも勝てば球史の大きく残る試合と、全国の高校野球ファンが注目した。何よりそれぞれの地元は燃えに燃える期待の熱気の中にあった。
結果は打力に勝る大阪桐蔭が13−2で目標の春夏の連覇を果たし、優勝した。点差こそついたものの9回裏の最後まで、応援している皆さんは温かく熱い思いで応援したものと思う。本当に爽やかで心に残る決勝戦の戦いだった。それは優勝した大阪桐蔭にも全国から優秀な選手を集めたセミプロ集団のような背景がありながらも決して驕りがなく全力で最後まで戦い、準優勝の金足農業は県立で地域の選手を集め、吉田投手の抜群の力を中心に互いを信じて、ハンデを乗り越えてのチームワークで、「甲子園で優勝する」という大きな目標を目指して戦った情熱の爽やかさが、人々の心を打ったのだろう。
最後まで力いっぱい戦った、両校の選手たちに心から拍手を送りたい。そしてこれからの人生の大きな糧として、この経験を生かされることを期待したい。愛媛の済美高校も延長12回逆転3ランホームランと、鮮やかなえひめ野球を甲子園で復活させてくれ、全国に轟かせてくれたことにも感謝して、これから秋の神宮大会では優勝を目指して頑張って欲しい。
続きを読む
posted by 明比昭治 at 10:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

済美高校よく頑張った!ベスト4。

戦前ここまで頑張って成績を残すとは多くの人は正直思わなかったのではなかろうか?投手が1枚看板でどこまでもつものか?全国の強者の集まりだから・・・。最後春夏連覇を目指す「大阪桐蔭」を前にした準決勝でも先行得点で沸かせてくれた。桐蔭の4番ホームランバッターを完全に封じ込めて戦った。最終的に5−2で敗れたものの、爽やかに大健闘えひめ野球の復活も全国に轟かせてくれた。有難う済美高校野球の関係者の皆さん!
続きを読む
posted by 明比昭治 at 18:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月18日

済美高校ベスト4へ

100回記念甲子園野球大会も大詰めを迎える。近年は1・2回戦で敗退の戦績が続いていた愛媛県勢だったが、今大会は済美高校が頑張ってくれ、ベストエイトの戦いでも地元兵庫の「報徳学園」を3−2で負かし、ベスト4へ勝ち上がってくれた。2回戦では四国勢の戦いとなり「高知商」との戦いとなったが、延長13回逆転満塁ホームランという記録の名勝負を勝ち抜き、もう怖いものなしの勢いがついているのだろう。
先の西日本豪雨災害で意気が下がっている県民も大きな元気エネルギーを送ってくれているようで嬉しい限りだ。今日の甲子園の試合では地元期待の報徳学園戦で、完全にアウェー状態、満員のスタンドは「報徳」の勝利を期待する人が殆どの空気があったのだろうが、見事最後の最後まで気を抜かず立派に戦った姿には感動も一入だ。県予選から1人のピッチャーに頼り切ってここまで来たのだが、今日はキャプテンを先発ピッターに起用した監督の采配には驚かされたが、チームの士気を高める指揮官としての判断も素晴らしく的中したようだ。あと2つガンバレ済美高校ナイン!
西条出身の1年生も起用されたが、全員野球で全国制覇を目指せ!「やればできる!」
posted by 明比昭治 at 13:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする