2018年11月19日

中村愛媛県知事3選‼野志松山市長も。

任期満了に伴う第19回愛媛県知事選挙は11月1日から17日の選挙戦を終え18日に投票・即日開票の結果、中村時広現職知事が圧倒的支持を得て他の2候補を寄せつけず、3選の勝利を収めた。ただ、原発以外の争点もなく、現職の活動実績の評価が高く、投票に行かなくてえも最初から決まっているようなもんだ!との有権者の判断が大きく作用したと思われ、私たちは民主主義の基本原点だから投票に行こう!と呼びかけに注力したものの、投票率は過去最低で、県では39.05%(前回42.93%)。西条市では36.12%(前回よりは0.66%上廻る)と、前回は同日行われた松山市長選挙が関心が高かったために(前回48.44%、今回35.78%)、県平均の投票率を上げていたが今回はそれもなく、今回は南予の投票率が豪雨災害復旧対策と今後の期待への政策が重点施策で取り組まれた影響もあったと思われるが県全体を押し上げ、松山や東予の低投票率を引き上げたようだ。
何れにせよ結果は、結果は中村知事の圧勝であり、共産党以外の全党や県下の自治体首長会、各種団体・連合など労働組合組織と「オール愛媛」の支持を集めている中村時広愛媛知事への盤石の支持を背景に、3期目の県政を全方位で目配り・気配りをされながら、人口減少対策を中心に見据え元気愛媛の創出により一層注力が必要であり、みんなの理解と協力で成果を出してゆこうではありませんか!要は愛媛の県民の明日のために!
中村知事・野志松山市長共々に先ずは、3選の圧勝を心からお喜び申し上げます。
posted by 明比昭治 at 10:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

このところのプロ野球・大相撲どうした?

プロ野球の日本シリーズも結果として広島カープも頑張ったが福岡ソフトバンクフォークスに力負けの結果で、個人的には最後まで混戦の盛り上がりが感じられずに終わってしまった。その後アメリカ大リーグとの交流試合がテレビで見られるのだが、パワーに違いを見せ付けられるような試合で、侍ジャパンも一時よりは力が落ちたのかと気になる。
また、年納めの大相撲は3横綱のうち2横綱が休場、稀勢の里1人が横綱として頑張ってくれるのかと期待しいていたのだが、初日から3連敗これじゃ横綱不在の大相撲のようで、力が勝負や地位を示す相撲の対面が保てないじゃないのと思っていたところ、まさかの稀勢の里まで4連敗を受けとうとう休場で、横綱不在の大相撲の場所となってしまった。貴乃花部屋の騒動で、絶対的人気のある国技としてこれまで楽しませてくれていた、日本相撲協会や大相撲に何かすっきりしない気持ちを抱かせる状況になっている。
何かすっきり晴れない、どんより曇り雲の中で過ごすような気分で残念だ。全てを否定するものではないが、早くすっきりこれぞ日本!と思わせてくれる伝統ある野球や相撲を見たいものだ。素人の愚痴です。

posted by 明比昭治 at 14:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

必ず投票に行こう!知事選挙・松山市長選挙。

今日は松山市長選挙が告示される。1日に始まった愛媛県知事選挙もどちらも18日の投票日即日開票となる。1週間となったのだが、新聞報道を見ても、活動経験をしても、盛りあがらない非常に低調なムードである。先にも書いたが投票に行くことは民主主義の基本であり、健全な社会人の責任ある行動原則だ。候補者の中から誰かを選ばなければならない。その為に事前に自分が選ぶ人について調査しておくなり、誰かに聞いてみるなり、誰かが進める人に賛同するのも良かろう。さもなくば感心はできないが、白紙でも投票はすべきだ。いまは投票日を待たずとも、事前に期日前投票が市役所ほか、指定された場所でできる。時間も8時半から20時まで(原則)と自分の都合をつけやすい方法が、投票率向上のため実施されている。是非この制度を使って「投票に行こう!」。立候補の顔ぶれを見ても、やっぱり現職が圧倒的に行政全般の政策も精通、実行力も証明済みだ。だから当然支持されるべき状況だが、投票に行かなくともそれは当たり前で支持しています。といってもやっぱり投票に行き記名しないと民意の反映(支持)とはならないのだ。投票にみんな仲間もさそって絶対に行こう!
posted by 明比昭治 at 08:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

天候もよく西条市産業祭。

西条市産業祭が、県立西条高等学校で開催されています(11月10・11日)。この産業祭は歴史が古く、秋植えの「玉ねぎの苗」を求めて朝から長蛇の列ができる賑わいのある、西条市の伝統イベントです。今日は天候もよく9時ごろにはもう河川敷の駐車場が一杯で500台くらいは来ており、加茂川橋まで500M位の駐車待ちの車が列をなす盛況でした。農業高校生のバザーの「うどん」も列をなす大盛況。学校のグランドでは市内の商店の出店がならび、食品あり、雑貨品あり、苗ものあり、バイク屋さんあり、福祉施設や団体のバザーあり、農業団体の野菜販売有り、お餅の振る舞いあり、教室では済生会病院の健康相談やチェックあり、郷土史研究会の発表会あり、国際交流室あり、もちろん西農生の作品発表ありと、多彩な催し満載のイベントだ。20年ほど前にはもっと多彩な出店があり賑わいがあったが、それでも相変わらずの盛況さを保っている。
秋に文化祭シーズンで色々各所で催しがあるとは思うが、時間があればぜひ行ってみてください。会場入り口では社協などの団体で募金活動もあるので、志のお金も用意してどうぞ!
posted by 明比昭治 at 20:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

投票に行こう!

アメリカでも今日は中間選挙で、上院の3分の1・下院全ての議員の選挙が行われている。トランプ大統領の出現で国民の良きにつけ悪きにつけ話題を引き起こし引き付ける手法に乗せられ、投票に行く人が増えているそうだ。勿論代議制の民主主義の基本だから、自己の権利を主張するためには自分の意志を示す義務があるのだから、投票率向上と政治への関心の高まりは良いことだ。ただし、スキャンダル暴きで野次馬となるのは問題ではあるが・・・。
我が国でも近年は国民の政治離れの現象が続き、各級選挙で投票率が下がる一方だ。最近は特に週刊誌などでスキャンバル暴きのことも多く、政治家にも信頼感を損なうような風潮ともなり、政治を志す人も発掘できにくい現象まで起きている。本当に民主主義を守るには由々しき方向と危惧を感じるのだ。
今愛媛県では県知事選挙が18日の投開票に向けて行われている。3人の候補が立候補しているのだが、現職中村知事が3選に向けて、共産党・新社会党を除いて全政党が、推薦なり支持なりを表明しており圧倒的優勢である。反原発候補が出ているのに反原発を主張している政党も現職支援と現職の活動ぶりを総合評価で支援しているものだろう。限られた人数の候補者中から、自分の主張の全てが備った人を選べないのは当然起きることであり、総合評価で選ぶのは必然であろう。だがこのように圧倒的に支持表明が集まると、逆に他人任せのもたれ合い現象や、やっかみ現象で結集力が心配である。われわれ自民党が主体となって県下の組織力を生かして自負をもって頑張っているのだが、他党各支援団体等一体の応援をし「オールえひめ」結集の結果が出せなければならない。みんな解っているのみで、投票に行かなければ批判票と見かねられないことになる。
みんなで期日前投票に出かけ、投票をおろそかにしないよう呼びかけよう。健全な民主主義を守るためにも、1票の行使は大事だ!
posted by 明比昭治 at 09:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

少年消防クラブ大会の発表に感動!

連日の好天で爽やかな毎日が続いています。ミカンや柿も色好き収穫の最盛期も迎えています。野山の紅葉の色づきも日に日に色づいています。
連日色々な行事も続いているのですが、愛媛県スポーツ少年団の本部長・西条市のスポーツ少年団の本部長を務めているので、この土日は四国のリーダー研修会やら県大会やら市の大会やらで、副本部長とも手分けして開会式の挨拶や激励に奔走しました。
子供たちの元気な姿に接して、こちらも負けないようにと元気をもらっています。少子化もあり参加年齢が下がったり、男女の比率も女子の参加が増えたりで、指導の仕方も研鑽を重ねて子供たちとお一体になれるよう、また保護者とも同じ方向で活動の目的や成果を目指せるよう、皆さん頑張ってくれており、嬉しい限りだ。
わたしはこのように子供たちの育成活動に色々な取り組みをしているが、34年前に西条市で最初の「少年消防クラブ」を西条市立神戸小学校で立ち上げ今日もその活動が継続されている。旧西条でも活動発表会を年々実施していたのだが、合併した後も活動の発表会が継続されており、昨日新市で第14回の発表会があった。私は西条市で最初の設立者としてクラブ育成協議会の顧問を仰せつかり、毎年出席させていただいている。
昨日は「田滝小学校」(山間部で全校生徒7名の小規模校)の発表もあり、全自動の参加と消防団の方も加わって、地域一体となっての取り組みが紹介されたり、「壬生川小学校」(町中の中規模校)では、「ちびまる子」ちゃんの舞台劇風に工夫されたり、発表の仕方も楽しく日ごろの活動の様子が伺える内容と非常に進化がみられ楽しかった。時代が変われども次の時代を築いてくれる若者の育成に、みんなで責任もって取り組みましょう。
posted by 明比昭治 at 11:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

今日プロ野球日本シリーズ第6戦。決まるか?

プロ野球の日本一を決する「日本シリーズ」が、今日は第6戦目で福岡ソフトバンクが3勝1敗1分けで、広島カープに優勝への王手をかけている。広島としてはホームへ帰っての今日の試合だから、意地でも負けるわけにはゆかないだろう。是非2連勝で3勝3敗に持ち込み盛り上げて欲しい。
最近あまりプロ野球の試合をテレビで見ることが無くなっていたのだが、甲子園の高校野球でも秋田の金足農業が大活躍で、吉田投手が先日のドラフト会議で、日本ハムへ1位指名され、アメリカへ渡った大谷選手の穴を埋める投手となるのか・・などワクワク期待させるニュースもあり、日本シリーズをテレビで観戦しているのだが、結構面白い。プロ野球と言えば巨人・阪神が代名詞みたいな時代をともに見てきたのだが、このところ巨人阪神もB級になっているのではなかろうか?
試合を見ていると何と打撃も1番から9番までどの選手がホームランを打つかわからないみんな力を持っていて、ホームランで最後までいつひっくり返るかわからない試合ばかりだ。4点差があっても最後まで見ていないと結果がどうなるかわからないので結構面白い。投手も次から次へと後退を余儀なくされ、いったい誰が絶対エースなのかも、にわかファンには判らない。
さて今日はどうなるのか?万歳を見るのか?どうだ!と意地を見せるのか?楽しみだ。
posted by 明比昭治 at 09:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月31日

明日から愛媛県知事選挙。

三選を目指して現職の「中村時広」(58)さん、伊方などの原発をなくす県民連絡会議」代表幹事の「和田宰」(66)さん、不動産業の「山口節生」(69)さん、会社員の「田尾幸恵」(49)さん、の4名が、あす告示を目指して立候補の準備をしているようだ。
1日告示の18日が党開票日となる日程だが、率直な感想として県民の関心を呼ぶほど盛り上がった選挙戦となるのか?したがって投票率向上に繋がる選挙運動が取り組まれるか?が危惧される選挙戦になりそうだ。中村知事は県議会議員から国会議員更には松山市長と地方・国政にも通じた政治経験も豊かで、政策立案も実行力も誰もが評価する人で、対抗できる利からのある人を寄せ付けない基盤が出来上がっていると評価されている。政党でも共産・新社会以外は全て支持するし、労働界を始め各種業界団体も推薦支援する磐石な体制と言えよう。現職としての公務に加え西日本豪雨災害への緊急対応などのため、選挙に向けての準備に時間をかけられなかった状況、選挙期間中も公務があるなど、県民に幅広く選挙に臨む姿勢も十分に示すことが出来ないだろう。
対抗する3候補も知名度も、幅広い県政への政策もなく、評価基準にも満足が出来ないような状況であり、県民の投票行動を促す力もないだろう。
このようなことから現職の信任を問うような選挙となり、県民も会えて投票に行かなくても「中村」さんに決まっているだろうと、関心も極めて低いのだが、投票に行かなければ批判票と受け止められかねないので、是非投票に行って欲しい。2日から17日まで市役所(支所も含む)で、午前8時30分から午後8時まで期日前投票ができるので、私たち自民党の支持する「中村」候補への投票を呼びかけるものです。代議制民主主義の基本として、投票は国民の義務です。
posted by 明比昭治 at 12:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

青年のバカ騒ぎ文化に注意を!

ハロウィンとかで若者が東京の渋谷でバカ騒ぎしている報道があり、地元の商店街も、区長も苦言を呈しているのだが、何かあったら渋谷の駅前スクランブルで空騒ぎするのが定着しているのか、無秩序な文化・風潮を定着させてはならない。外国人が参加しているのも見かけられる。
世界でも治安のよい国、規律正しい国との自慢が失せてしまう。全国各地でも本来アメリカの子どもの遊びが導入され、子供たちが中心で取り組まれて楽しまれているようだが、渋谷での真似をして若者が無秩序に酒を飲んで暴れるような様子が蔓延してはならない。
いまだ一部で残っているが、成人式に酒を飲んで暴走する事例もある。先月県内でも秋祭りがあったが、神事そっちのけで酒を飲んで暴れる若者たちもいる。酒を飲んではいけないとは言わないが、酔った勢いや酔ったせいにして暴走はいけない!いろいろな行事に警察が先に立って規制するなどという無粋なことが有ってはならないが、公序良俗の社会秩序を自主的に守れないなら、一定の規制もやむを得ず導入が必要かもしれない。野放しにしておくと一層エスカレートして暴走が起こると心配するところだ。みんなで明るく楽しい社会のあるべき姿を考えよう。日本人の日本の社会の良さを誇りに守られるように!
posted by 明比昭治 at 10:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月28日

高齢者講習を受講

来年1月の誕生日で運転免許証の書き換えがが来るのだが、その前に更新に際して70歳を超えるので「高齢者講習」を受けておいてくださいと案内があり、「西条ドライビングスクール」へ申し込みし受講を済ませた。何と2時間余っての講習時間で、高齢者運転で最近よくあるブレーキとアクセルの踏み間違い事故、高速道路の逆走事故、動態視力の低下による事故などの例を挙げてのビデオによる講習、機器を使っての動態視力や視角検査、そして運転実技であった。私は毎日運転しているので運転感覚は問題なく、教習員も感心されるほどの運転で終えられたが、普段田舎なので軽四トラックや軽自動車に乗っている人は、普通乗用車での講習となると緊張もするしで、クランクでは脱輪するなど苦労されていた。別に試験ではないので、幅寄せでコーンを踏もうが当てようが、不合格で更新が取り消されたりはしないのだが、やはり視角も狭くなるので、加齢によるこれからは慎重に注意が必要だろうと思えたが、公共交通網も行き届かない田舎の地方で、免許証が亡くなれば生活できなくなる。だが事故の心配は増える・・、自動運転や安全機能を車自体にももっと充実させることが求められる。高齢社会と過疎化の中では、重要な社会問題だろう。ともかくより慎重に運転に心がけなければ!と自覚させていただいた講習だった。次の75以上の後期高齢者講習のときには認知症のテストもあるそうだ。
自己の3割以上は高齢者の引き起こすもののようだから気をつけよう。
posted by 明比昭治 at 17:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

西条で43回目の「特別攻撃隊員」慰霊祭

西条市大町の「楢本神社」境内に、日本海軍「神風特別攻撃隊」が編成され、その魁となって10月25日フィリピン領内マバラカットから出撃し、レイテ沖海戦でアメリカ軍の護衛空母セントローに体当たり撃沈させた「敷島隊」(隊員5名)その隊長『関行雄』(特進中佐となった)さんが西条市出身の縁をもって、賛否の論ある中でも慰霊の尊さを持つ有志が立ち上がり、5軍神として祀る「慰霊碑」を建立、昭和50年からこの地で慰霊祭を斎行している。この慰霊に賛同し今では「愛媛県出身の特攻隊員戦死者」93名も合祀し、合同慰霊祭として今年は43回目の開催で、この開催を主催されている「奉賛会」も、長年お世話をいただいていた「寺田幸男」さんが逝去されたことも受け、役員など体制も刷新充実し実施され、戦争を知らない世代が80%以上となる現実の中、慰霊の尊さを基に平和の尊さを守るための式としてこれからも続けなければならない。
この慰霊祭には海上自衛隊・陸上自衛隊など自衛隊関係者も出席、儀仗隊や軍楽隊も可能な限り出席され、慰霊の意義を質してくれている。以前は徳島航空隊から2機飛行隊が飛来していたものだが、近年は松山の米山さんのセスナ機が今回も飛来し花を添えた。
式の最後に毎年、遺族代表で兄を失った西条の「曽我部勲」さん(88)が挨拶をされるのだが、まさしく戦争を知らない世代への語り部としての話を聞かせてくれ、平和を守るため先人の犠牲の尊さをわきまえなければならない心を、奮い立たせてくれている。悲しい歴史を繰り返さないためにしっかり、犠牲のあった史実を学ぶことが大切だ。奉賛会は誰でも入会できます。平和維持活動団体として支援しましょう。


posted by 明比昭治 at 10:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月19日

まだ懲りないのかデータ改ざん。

地震対策のため免震・制震装置の油圧機器メーカーKYBと子会社が、国や顧客の基準を満たさない製品の検査データを改ざん、全国の高層建築で施工されているという報道があるが、残念でならない。先に愛媛県の庁舎の免震装置でもゴムの耐久性だかで施工後取り替えるようなことがあり、工期も2倍かかることとなり、県民にも非常に不便と迷惑をかけたことがあった。このように免震に対する技術についても、誤魔化せば大変なことになるという事例もあるのだから、絶対にごまかしなどしてはならないとのコンプライアンスは一流企業といわれるのなら当然なされていると思うのに、馬耳東風のことで扱われてきたのか、日本の企業モラルも・技術モラルも世界に恥を示すこととなり、世界経済の中での競争力を失墜することに繋がる重大な問題だ。当該企業も自主回収と復旧工事に取り掛からなければならないが、当初の施工額をはるかに超えることになるだろう。倒産で逃げてもらっては多くの国民の命に関わる問題だから絶対にあってはならない!その他にも一流の日本企業で製品データの改ざんがまだ引けをとらずに起こっているが、しっかりして欲しい。日本企業全体の信頼失墜に繋がることにないように!

posted by 明比昭治 at 14:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

「石鎚クライミングパーク」JOC強化センターとして充実完成。

かねてより昨年の国体での山岳競技の会場として、ボルダリングとリードの壁を作り整備を進めてきた「西条クライミングパーク」だが、スポーツクライミングの競技別強化さセンターとして、日本オリンピック委員会(JOC)に認定されていたが、このほどスピード用の壁が完成し、東京オリンピックに向けての事前合宿誘致にも強豪国オーストリアをと取り組んでおり、オーストリアのチームが、中国で開催される大会前の練習も兼ねて来日、10月13・14日完成記念の合宿交流が実現した。
山岳スポーツ競技と言えば山歩きではなく、今は壁よじ登りなのだ。日本国内にもこれだけそろえて整備された施設は少なく、4カ所と聞いたが2020年オリンピックに向けJOCの認定もえて、これからオーストリアのみならず外国のチームがいろいろなことで利用してもらえることになるだろう、そのことにより我が国の選手にも刺激が得られ、レベル向上にもつながるだろう。いろいろな可能性をこれから展開できるものと期待する。西条で練習したその中からオリンピックでのメダリストも可能性十分だ。石鎚山はそんな発展を後押ししてくれる聖なる山だ。
posted by 明比昭治 at 12:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

いよいよ西条地方「氏神さん」の秋祭り始まる。

豪華絢爛勇壮と評し称賛される西条地方の秋祭りが始まった。先週近年子供太鼓台から始まった山車が出るようになった禎瑞地区の「加茂神社」の祭礼があったが、伝統的な山車の出る祭りは今日から始まった、氷見・橘地区の「石岡神社」のだんじり・みこし、15日は神戸・大町・神拝・西条・朔日玉津の氏神「伊曽乃神社」の80台にもなるだんじり・みこしが繰り出し、神社のご神体を載せて域内を広く巡幸する「神輿」とともに、五穀豊穣・地域の平安を、祈り感謝して賑わせる。さらに16日からは飯岡・下島山・野口・舟屋地区の「飯積神社」では10数台の太鼓台が一斉に舁き比べをする勇壮な祭りと、さらに小松町でも17日に「三島神社」でだんじり、18日には丹原地域では、旧金毘羅街道での道中奴の槍投げ踊り、周桑地区では「獅子舞」など・・・多彩な伝統祭り行事が繰り広げられる。
昨年は連日雨模様で、合羽を着て運行する次第で皆さん不完全燃焼だったが、今年は幸い天候に恵まれスタートし、例年の暑さもなく正に天下の秋を謳歌できそうである。事故なく奉納し各地の平安と発展・神様がが結んでくれる人々の絆が深まることを祈念する。
posted by 明比昭治 at 18:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

福井国体・9月定例県議会(中村知事2期目最終)閉幕。

昨年の第72回国体愛媛大会で天皇杯1位を目指して開催地地元の維持をかけて頑張ったが、東京都の壁が厚く2位で終わり、トップ選手が抜けた後も、この73回大会に向けては13位以内を確保することを目標としていたのだが、何とか12位で終えられた。だが今年の開催県福井は人口が77万人余で愛媛の半分だが選手強化には特別な手を使ったのだろうが、何と東京都を抑えて天皇杯1位を獲得されたのは驚きだ。2020年の東京オリンピックを目指して強力な選手は東京の強化施設とプログラムに参加しているので当然東京が強いはずだが・・・アジア大会など国際大会に有力選手が抜けていたのだろうか?
いずれにせよ愛媛の出場選手は昨年の半分ほどの人数でありながらも良く頑張ってくれた、これからも強化選手が底辺拡大や成績向上に頑張ってくれ、健康愛媛人の育成に役立ってくれることだろう。私も県スポーツ協会役員として、県スポーツ少年団本部長としてこれからも頑張ってゆきたい。
さて、中村時広愛媛県知事の2期目の任期(11月末)の最終定例県議会が10日閉会した。3期目に向けての出馬要請が今年に入ってから各団体などからも出され、自民党愛媛県連でも恒例の通り、3月末の県連定期大会で出馬要請をしたところであり、この議会中に3期目に向けての出馬表明があるものと思っていたところだが、議会中の議員の質問に答えて、出馬に向けては明確な政策と意思・意欲が大事なので、3期目に向けての政策課題などをこれから整理し、発表したいと答弁しているのが今日の状況だ。11月1日告示18日投票の選挙日程だが、すでに対立候補の出馬表明があったので、いつまでも時間を経過させるわけには行かない。県民の幸せと郷土の発展のリーダーとして決意を持って、ここ1両日中には発表があるだろう。自民党県連としてはもう選挙日程などこれからつめて計画に入り、万全の支援体制に取り組む。
posted by 明比昭治 at 13:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月09日

新井満さん作詞・作曲「石鎚山」CD発売中。是非購入下さい。

『千の風のなって』の訳詞・作曲をされた「新井満」の歌を、西条出身の『秋川雅史』さんが歌い、NHK紅白歌合戦にも連続出場で大ヒットしましたが、そのご縁から「千の風の街づくり」で地域を盛り上げようと、市民団体(代表:越智将文)が中心となって、行政とも連携し @千の風になったあなたへ贈る手紙」の募集と発表 A新井満さんのつながりで、北海道七版町・新潟県新潟市・西条市の「千の風サミット」の開催 B「白い羽のポスト」の販売 C千の風のモニュメントの設置 などを これまでも取り組んできた。今般新井満さんに作詞作曲をお願いし、西条市民の愛唱歌を創ろうと取り組んでいたものが、西条の象徴でもある「石鎚山」を題名として完成、新井満さんの歌も入ったCDが出来上がり、@1620円で発売されている。9月2日には西条市で発表会も催された。
その際、私も一緒に石鎚神社」へ完成報告を兼ねて参拝奉納させていただき、これから市民に親しみ口ずさみ謳われるようにとの祈願をさせて頂いた。
私のところでも販売しますので、是非購入いただき、勇気・元気・愛の心など、人間のたせつな心を呼び戻してください。そんな良い曲です。
posted by 明比昭治 at 14:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月05日

怒れない、笑えない迷惑な話。

拘留中の大阪府警富田林署から逃走、2月も経ちながらも行方が分からず逃走を続けていた「樋田淳也」容疑者だが、山口県の周南市の道の駅で万引きをして、やっと逮捕となった。当初は大阪で単車や自転車を使ってひったくりやおそらく空き巣の入ったりしながら、逃亡資金や衣類などを調達していた様子が見られていたのだが、その後自転車を盗んで、四国へ渡りサイクリストや四国遍路旅のような姿になって各地を転々と移動、松山では愛媛県県庁を訪れ、自転車新文化推進課で「日本一周中」と書いた「みきゃん」のマーク入りの紙や、県内のサイクリングマップなどを受け取っていたという。こんなニュースにみんなびっくり唖然となった。全国手配されニュースでも扱われているとは言え、誰しも疑って接することなど警察官でもどうかと思われる。眼鏡もかけるし髪型も変えるし何より格好がサイクリングをしているような格好だ、四国では遍路旅の人も結構いるので、疑ってかかる風習もない。じっくり観察できたのは「散髪屋」さんか、入浴を一緒にした人くらいだろうが、誰も気づいていない。要は人を疑ってかかるような生活を皆していなくて、みんな友人を大切にする善人ばかりなのだ。どうか「何をしてたんだ!」などと叱責などしないでください。彼と接した多くの人みんないい人ばかりだったのです。といって「怒れない、笑えない」複雑な心境になる話です。ともかく一件落着して良かったですね!
posted by 明比昭治 at 09:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

第4次改造安倍内閣スタート。

安倍晋三総理が自民党総裁として三選され3年の任期がスタートするが、この際内閣改造と党役員の改配があった。第4次の改造内閣として20人の大臣ポストのうち12名が初入閣、女性閣僚は片山さつき「地方創生・女性活躍担当大臣」(初)1名の起用である。愛媛県選出議員のうちからは、山本順三参議院議員が「国家公安・防災担当大臣」に初入閣となった。それぞれ専門分野で知識も経験も豊かな人たちで構成され、首相は『明日の時代を切り開く全員野球内閣』と述べている。衆議院13期78歳の麻生太郎副総理(元首相)・財務金融担当大臣が引き続き就任されるのも論外の評価があるが、衆議院8期で初入閣が3名、7期で初入閣が3名と、頑張りながら入閣が遅れた苦労人も入閣され、俗に言われる待機組にも日が当る場が創られた。待機組には県議出身も多く政治経験の長い苦労人が多いと思われるが、是非頑張って世間の評価をいただく活躍を期待したい。また衆議院3期で検事出身の山下貴司「法務大臣」の抜擢も評価したい。積み残された「憲法改正問題」「少子化対策問題」「社会福祉問題」『災害対策と国土強靭化問題』などなど次世代に向けて巧妙を見出せるような政策の実行を期待してやまない。
国民の理解と協力が得られるわかり易い説明も大事だろう。政府のための政府に明け暮れることなく、地方に希望の光明を呼ぶようにして欲しいものだ。
posted by 明比昭治 at 12:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月01日

台風一過、沖縄知事選も終える。

台風24号が通過し10月1日は朝から快晴、今回は雨量が多く市内の各河川では堤防決壊が心配されるほどの水量だったようで、河川流域周辺で水や土砂が溢れ道路も通行できない箇所もあったようだが、幸い人的被害もなく、局部的には勿論大変な状況であったところもあるが、全般として最小限度の被害状況と言えるのではないかと思われる。本当に石鎚山のご加護かなと西条の人の多くは有難く思っている。今回は避難も住民の理解を得てある程度は実施していただいたようだ。事なきは何よりだ。まだこれからも台風の発生が言われており、毎週末の騒動となりそうだが、被害なきを祈りたい。
台風の最中ではあったが沖縄では知事選挙が実施、投開票され、前知事翁長雄志の死去のあと、米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対する前知事の政策を引き継ぐ「玉城デニー」(58)前衆議院議員が、移設を推進する安倍政権が支援する「佐喜真淳」(54)前宜野湾市長ほか2名の候補を抑え、初当選された。米銀基地の有り方の問題が沖縄では最大の争点ではあるが、これは日本の防衛さらには東アジアの安定にもかかわる問題であり、国民みんなで考えなければならない問題であるが、沖縄以外でも米軍とのかかわりを配慮する動きもある。沖縄の皆さんにも県内での危険の回避を相互理解しながら、より良き道を歩まれることを期待するものだ。
posted by 明比昭治 at 20:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

台風24号で諸行事中止

昨日は沖縄周辺まで台風24号が接近しているというのに雨も降らず、比較的穏やかな日和だったが、日曜日の今日は夜半から雨が降り始めお昼までは時折大粒の雨が降る状態だったが、昼を過ぎると台風の中心は九州鹿児島をかすめており、さすが雨脚も強くなり風も吹き始めた。加茂川も低水護岸の8割くらいまでの増水となっている、これから夕刻に四国を通過するのだろうが、21号のときのように太平洋側を通っているので、石鎚山のおかげで大難を小難で通過してくれるものと祈っている。だが雨脚が強く雨量が多いので浸水・土砂崩れなどが心配される。市の防災本部から市内の山間部に避難指示が順に地域を拡大発令されているが、お年寄りの方は本当に早めの避難を指示に従ってくれれば良いのだが・・。あまり本気で従ってくれないようだ。空振りでも良い今回は雨量が違う、夜になるので早めに避難してほしいものだ。
この天気ようなので、今日は秋の一斉清掃(祭り前の草刈りなど)・敬老会・いもたき会など行事が組まれていたのだが、すべて中止となった。
おかげで台風情報を気にしながらも、たまっていた書類整理や原稿作成などに取り組めた。ともかく台風被害の事なきを祈る。明日は10月に入りこれから伊予時では秋祭りが各地で催行される。実りの恵みに感謝し平安を祈り、神々のご加護をいただきたい。




posted by 明比昭治 at 15:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする