2016年01月31日

日本男子サッカー悲願のアジアチャンピオン!

昨夜は寝られなかった。8月ブラジルで開催されるオリンピックのアジア地区予選トーナメントの決勝戦があったからだ。既に準決勝でイランに勝利しアジアの3枠の中には入り、オリンピック出場権は獲得していたが、決勝戦で宿敵「韓国」との戦いで、アジアチャンピオンの名誉を得られるかどうかがかかっている試合だった。夜中の12時近くに試合開始前半に1点をとられ、ボール保持率も韓国が高く試合が進められ、後半開始早々に追加点を入れられ2−0やっぱり韓国には壁があるのか?との消極的な気持ちにもなったが、いやはや今のこのチームの若者はヤッパリすごい、攻撃のチャンスには怒涛の攻めで同点に追い上げ、後半試合も残り少なくなったところで決定的追加点。3−2で見事勝利をおさめ悲願のアジアチャンピオンの座も獲得した。本当に今オリンピックに向けて日本の若手の活躍は目覚ましいものがある。今どきの若いものは・・・などと失礼な言葉を決してかけてはならない。このチームワークと前向きな姿勢を各分野で発揮し、世界から信頼と敬意をもって良きパートナーとして日本が評価されることにつなげたいものだ。

posted by 明比昭治 at 18:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月30日

マイナス金利?!

その昔「花菱アチャコ」というコメディアンがいました。最後に言葉に窮したら「むちゃくちゃでござりまする」と落ちを付けていたが、何と日本銀行が前代未聞「マイナス金利政策」を決定し発表した。といっても一般の我々の預貯金の問題ではなく、金融機関が日本銀行に預ける運用の問題であるが、要するに金融機関は一般市場に貸し出しを行い、企業に設備投資意欲などを促せ!と言うことのようだ。
原油価格が下落し、円安効果で企業利益が生まれてくるが、株安も連動して企業は世界情勢を見ながら慎重姿勢を取っているので、景気回復感いわゆるデフレの脱却が進まない。これに活を入れようとするようだが、やっぱり先行きの見通しが立たない世界情勢に誰もが不安を抱いているので、その効果の程は?世界全体が株安で経済発展が見込まれず低迷する中での奇策かもしれないが、アメリカが大統領選挙に向けてこれから益々オバマさんも死に体となって世界に影響力を失い、中国やロシアも経済低迷でより暴走の危険性があり、何より北朝鮮の核開発の暴走、ISの暴走と、平和を維持するバランスが崩れる可能性が大いにあろうから、これら世界への目配り気配りが最も大切とおもう。
posted by 明比昭治 at 10:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月29日

大事な時に主要大臣が辞任!

甘利経済再生大臣が昨夜辞任した。安倍内閣においてデフレ脱却を目指しての経済再生の司令塔として、また環太平洋経済と貿易の自由化を取り組むアメリカを軸としたTPP貿易交渉の実務担当大臣として、全閣僚の中でもこのところ最も多忙で過酷な仕事に取り組まれ、安倍総理の信任も厚く、舌癌に見舞われ治療もそこそこで国民の信任と期待に、この国を思う政治家としての理念と思想を貫いて応え、いよいよTPPも大筋合意の見通しをつけ、2月4日に調印となる節目を前にしての辞任である。本人にとっても悔しくて断腸の思いだろう。
だがこの度に発覚した政治資金の不正疑惑には政権に与えるダメージで、国益を損ない国民にまた不況へ引き戻されることになってはならないと、その疑惑の事態を第3者によって自らの身辺を内部調査し、記者会見で状況を説明、本人は閣僚として国のための責務と職務に専念していたために秘書任せな部分があり、監督責任を痛惜した故に、彼の政治的美学と矜持の姿勢から辞任の決断に至ったようである。
まさにこの国にとって今こそ国の将来の経済基盤を再構築するべき最も大事な時期に、そのキーマンを失うことは残念でならない。安倍政権がしっかりと着実な方向へ国を誘導するため、自民党はもとよりすべての政治家が、この国会で力を合わせるべきだ。勿論政治倫理や政治資金は基本姿勢として大事なことではあるが、俗世間に惑わされる魔手のようなスキャンダルにばかり注力し、国を危うくすることの無いようしなければならない。倫理の問題は政治家も一般国民も社会全体で浄化しないといけない。誰かが悪いと悪者のあぶり出しにばかり走って正義感を求めることよりも、もっと根本を正さなければならない。善の心も、悪の心も誰しも持ち合わせているにだが、善の心で悪をいさめよう。
posted by 明比昭治 at 10:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月28日

平和の使者としての象徴「天皇陛下」フィリピン訪問。

天皇陛下が今フィリピンを皇后陛下とともに訪問されている。80歳を超えてのご高齢にもかかわらず、ご自身の意思で訪問を御決定されたと聞く。陛下は皇太子時代にも妃殿下とともに天皇陛下のご名代として、先の大戦で戦場に巻き込みで多くの犠牲者をだし、反日の空気の強い中にもかかわらずフィリピンを訪問、その真摯な態度にフィリピンの国民が一挙に過去のことをいつまでも引きずらないで、前向きに友好を深めようと国民感情を一変させ、今アジアの列国の中で最も親日の国とさえなる礎を築かれた。
そのもっとも大きなフィリピンの国民の心を溶かせたのは、陛下がまずフィリピンの無名戦士の慰霊を行い過去の悲しい出来事に痛恨の思いを持って臨まれているお姿が共感・理解が得られるもっとも大きな要因のようだ。今回の訪問でも昨日慰霊され、30日には日本人の慰霊碑にも参拝されるようだ。陛下がこのような御心で外国を御訪問いただくことこそ、何よりの平和の使者としての役割を果たしていただけることであり、日本の真の存在価値を高めてゆくことにも繋がるものだろう。外国のみならず国内においても被災地などで、お励ましいただくその御心とお姿に国民は真の人間としてのありようも示していただいている。本当にありがたいことだ。
中国・北朝鮮などの動向で不安な情勢を抱えているアジアの中で、日本の果たす役割と期待は何なのか?政治の小手先の前に真の人の道を陛下が示していただいているのだ。このお心に倣おう。
posted by 明比昭治 at 09:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月27日

男子サッカー「リオオリンピック」出場決定。

やったね日本代表!6月のブラジルでのオリンピック出場を、昨夜のイランとの準決勝戦で2−1で勝利し決定とした。6大会連続のオリンピック出場決定おめでとう!
30日の決勝戦は韓国との戦いがあるが、アジアの出場枠が3あるので、決勝に進んだ韓国とともにオリンピック出場は確定だ。残り1つの枠は準決勝で敗れたチーム同士での3位決定戦で、イラクかカタールとなる。
それにしても昨夜の試合は劇的に終わった。日本が先行したものの追いつかれ1−1、先のサウジアラビア戦に続き延長線となるのかと思ったが、後半の試合終了間際のアディショナルタイムに入ってから、原川選手の見事なミドルシュートが決まり、劇的な試合終了となった。
このチームメンバーのスタミナと団結力は本当に素晴らしい!昨日の試合はいつもの日本チームのスタイルのごとく途中はゴール前でパスにこだわり決定力が欠けはらはらしたものだが、やはり最後は思い切りの良いシュートを決めてくれた。オリンピックでも結果が楽しみにできよう。
サッカー以外にもラグビー・バスケット・水球などがおりんぽっく出場を決めており、日本の若者の活躍が注目されている。やはりスポーツが人々の心にも活力を与えてくれるので、日本が元気になることも期待したい。
posted by 明比昭治 at 16:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月26日

未だに訳の解らぬ「野々村竜太郎」元兵庫県議。

兵庫県から支出される政治活動費の詐欺罪で、起訴されている元兵庫県議会議員「野々村竜太郎」(49)の公判が始まったのだが、第1回目に出廷せず開廷できなかったため、今回は裁判官が前日から拘引状を裁判所が発し、拘留して出廷させるという異常な前代未聞のような状況で開廷された。もう彼のことは論評にも値しないし、私も県議会議員としてあのような人と同列でみられることが憚れ、恥じ入る思いだがそれにしてもまたもや大人気も常識と言うか良識と言うか、傍聴者にも訳の解らぬ供述状況だったそうだ。
兵庫県民(選挙区の西宮市民)もこんな人を選んでしまったことに恥じ入っていることだろうと思う。記憶障害があるなどとも供述しているようだが、精神障害があれば役所の就職だってできなかっただろうし、議員にも選挙の際に訳の解らぬことを街頭演説でも言っていたなら、選ばれることもなかっただろう。もう弁解の余地もないのだ。そんなことを言うから裁判長もよっぽど頭にきているのだろう、次の公判日まで(3月25日まで)交流しておくとの措置を取られたようだ。なんと往生際の悪い男なのだろう。
人のふり見てわがふり直せ!勉強にしとこう。
posted by 明比昭治 at 22:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

でかした!「琴奨菊」優勝。

大相撲初場所で10年振りに「日本人」力士の大関『琴奨菊」が14勝1敗で優勝した。われわれもこの優勝には一入の感激が起きる。
何しろ国技でありながら、外国出身の力士ばかりが優勝し、いったい日本人はどうしているのだ!と憤慨することもやはり身びいきゆえにあったのだが、まさに苦節10年待たされたが、琴奨菊が日本人の面目を果たしてくれた。今場所では3人の横綱全てに勝利し強さを証明された。
願わくば全勝優勝させてあげたかったが、13日目に子供の頃からの宿敵「藤ノ島」に星を落とした。この時点ではまだ横綱「白鵬」も1敗で優勝が厳しいか?との思いもよぎらされたが、琴奨菊は最後まで自分の相撲スタイルを変えずに、一心に相撲を取られた結果がついてきたものだろう。それにしても足元のテーピングは痛々しかったが、横綱ともなればテーピングは似合わない、怪我に気をつけて今後頑張って欲しい。
結婚披露宴も30日に行われるそうだが、夫人の力も大きい。おめでとう!
posted by 明比昭治 at 13:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月23日

サッカー男子オリンピック出場切符手中に!?

先にオリンピック予選のサッカー男子アジア地区予選の状況を書いたが、昨夜はBグループ決勝トーナメント準決勝で、日本はイランと対戦0−0で、延長戦となったが延長戦の前半で連続3得点、後半も失点を許すことなく勝利し、決勝進出を決めた。予選リーグからも負けなしで勝ちあがっており、失点も1とグループで勝ち点でもトップに立っており、もうオリンピック出場権は間違いないだろう。
しかし、選手のみなさんはタフだ!ワールドカップの試合を見ているより活動的で面白い。世界に引けを取らない日本の若者の活躍の何と頼もしいことか!一人一人の技量発揮の努力の姿勢もあるが、加えてやはりチームとしての戦い方は他の国とは味の違った日本の力でもあろう。
自信を持って頑張ろう。そしてみんなに感動を与え、勝利(成功の)喜びを分かち合おう。最後まで手を抜かず頑張れ!
posted by 明比昭治 at 10:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月22日

せこい話か?廃棄食品横流し。

「カレーハウスCoCo壱番屋」の冷凍カツが壱番屋でパートとして働いている女性が、社内調理用の冷凍ビーフカツが愛知県津島市内のスーパーで売られているのを見つけ、県が調査をしたところ壱番屋が廃棄を依頼した産業廃棄物業者から食品関連業者へ横流しされており、業者の倉庫に立ち入り調査をしたところ、カツ以外にも食品108品目が見つかり、大手食品メーカーや流通大手のプライベートブランドなどがあり、これらが中小のスーパーや零細弁当店などで「格安食品」として扱われ、消費者の口に入った。と言うせこい話の事件が毎日報道されている。
どこかの国の話しかと思いきや日本での話である。話はCoCo壱番屋製造過程で異物が入った可能性から、全品を回収処分したことにも端を発しているのだが、さすが大手というか信頼を企業理念とするとこるからは、衛生管理や品質管理などコンプライアンスが行き届いていると安心できた。
もったいないと言えばもったいないのではあるが、やっぱりごまかしの不当利得を得ようとすることは許されてはならないことで、社会秩序の維持のためにも法の遵守は絶対で無ければならない。パーテイ後の食べ残しなどみてももったいないが処分が絶対要件だ。
では今後なくなるかといえばそうはならないだろう。処分するには、排出前に製造者が原型をなくするまで処理をしておかなければならないだろう。しかしそれにはまた手間や費用がかかるから、きれいな形で一括処理するほうが手離れが良いから、信頼して処理業者に依頼することになるだろう。やはりどの道を辿ろうともごまかしてはいけない。一度失った信頼の回復は大変なことだ。
posted by 明比昭治 at 15:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

今日は大寒だがもう春の兆し。

昨日・一昨日は日本中で今年一番の寒波とのことで、暴風・大雪警報が愛媛にも出ていたので雪の心配をして通行止めを覚悟もしていたのだが、桜三里は国道が1時通行規制があったようだが、松山高速道は松山までは規制も無く通行でき、雪が積もることもほとんど無かった。
ただ久万高原町では30cmほどの積雪があったようだ、予断を許さないがこれで寒さの峠も越えるのではないだろうかと思う。
昨年からの冬季も暖かく、紅葉が年末まで見られるような状況で、先日山里へうかがう機会があったのだが菜の花が咲いていたりして、真冬感覚が全く感じられない冬である。野菜なども育ちすぎで出荷時期が狂って、安定供給のバランスも狂ってきそうな様相だ。
季節感覚ではないが、ガソリンの値段がこのところ下がりっぱなしで、このままゆけば今年中には1リットル100円を切ることになるのではなかろうか?消費者にとってはうれしいことだが経済全体で見てみると厳しい要素が多有りのようであるし、中東情勢も穏やかではない。何事にも表の事情と、裏の事情があるので、やっぱりバランスと言うのが大事なことなのだろう。
今週は自民党愛媛県連では県議会議員は28年度の当初予算を県が組みたれるに当り、政策課題を検討して予算にも反映できるよう勉強会を開いている。地方の冬を脱し春に兆しを生み出すよう頑張っている。
posted by 明比昭治 at 12:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月20日

日本サッカー男子オリンピックアジア予選1次通過。

先ごろから中東を舞台会場に行われている、今年のブラジルでのオリンピックの出場権をかけてアジア地区の予選(ワールドカップと違って選手には年齢制限があり23歳以下でチーム構成)で、日本男子チームが昨夜の対サウジアラビア戦を2−1で勝利し、現在は3勝トップの戦績で1次リーグを通過、次は決勝トーナメントでイランと戦う。
これまで初戦は北朝鮮と対戦試合開始から約5分後に先制点を取り、最後まで押し切り勝利まず1勝、次はタイとの対戦で4−0と快勝、予選ブロックでは1位で通過を決めている。どの選手もセンス抜群の戦いぶりで頼もしい。
これまでの日本代表チームの戦いぶりを見ていると、最後のシュートの詰めでもどかしい戦いぶりが多かったのだが、このチームは縦パスが切れよく通り、思い切り良くシュートで終わる。気持ちの良い試合運びにも応援して気持ちが良い。
世界の舞台は中々厳しいものだが、引けを取らない選手の活躍に大いに期待し応援したい。がんばれ!日本!


posted by 明比昭治 at 16:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月19日

満68歳の誕生日を迎えました。

いつの間にやら歳を重ねもう68歳となりました。他人様の歳を尋ねると『もう68ですか、定年も過ぎ悠々自適ですね!」などと一丁上がりで余裕の人生を見るような気がするのだが、自分のこととなると毎日毎日雑事もあり、一丁上がりの余裕など全く感じられない。だから生きていられるんだろうなと思う次第だ。
16日には後援会の皆様にお世話になり「県政報告会と新年交歓会」を開催していただいたのだが、みんな快く準備もしてくれ、多くの人が参加もいただき本当にありがたく「冥利につきる」感謝で一杯だ。もう市議会議員として27歳で地方自治に携わって以来40年にもなり、県議会議員となってからも既に16年を経過したのだが、いつも肩を張らずに皆さんと方と目線を並べて歩ませていただくことを信条にしているのだが、皆さんからもそれで不満の声もなく、むしろ親しみをもってお付き合いをいただいているので、それでいいのだろうとも思っている。
孫たちも祝いの言葉をいつもかけてくれるのだが、今日は朝早くからFB(フェイスブック)友だちからも、お祝いのメッセージをたくさん送っていただいている。みなさん本当に御心に架けていただき有難うございます。
今日は運転免許の更新の年となりましたので、手続きに行こうと思って仕事をオフンいしていたのですが、朝から暴風・大雪の警報がでて、今日明日は全国的にも一番の寒い日になりそうですから、心静かに自宅事務所で日頃デキない整理をして過ごし、無理をしないことにいたします。

posted by 明比昭治 at 10:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月18日

台湾8年ぶりに政権交代。

台湾で総統選挙並びに立法院の選挙があり、独立志向の民進党の蔡英文(59)主席が、国民党の朱立倫(54)主席、親民党の宋楚瑜(73)主席を大差で破り当選した。台湾では8年ぶりに国民党から民進党へ政権が交代する。国会にあたる立法院でも民進党が過半数を得ている。
蔡氏の得票率は約56%と圧倒的支持を得ており、国民党が進めようとしていた中国との関係改善に対し、逆に中国経済に飲み込まれるとの危機意識や強まり、台湾人意識が高まり、国民は中国統一を目指す政策に危機感を持っている表れのようだ。蔡主席は初めての女性党首で大学教授を務める冷静な女性のようであるが、今後「一つの中国」を迫る中国との関係をめぐってかじ取りが注目されよう。
愛媛では中村知事が先頭に立って、台湾との交流に力を注いでいる。松山ー松山の空港の縁から空航路線の開設。温泉交流や観光、更には物産販売にも取り組んで成果を上げつつある。また自転車メーカー「ジャイアント」社との縁から、サイクリング交流が飛躍的に発展し、しまなみ海道での国際大会の開催まで発展している。これらの関係が今後とも発展できるように、安定した政治状況に維持に期待したいところだ。中国との関係は東アジアの安定のためにも紛争が起きることの無いよう、双方が理解と協力を深めてほしいものだ。
posted by 明比昭治 at 11:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月17日

今年も和やかにできた年賀交歓会。

1月16日毎年恒例で正月の第3土曜日に開催しているのだが、明比昭治の「県政報告並びに後援会の年賀交歓会」がJA西条の会館で実施された。約200人の参加者で、会場一杯、山本順三参議院議員・井原巧参議院議員・白石徹衆議院議員・西条市長・西条市議会議長や自民党西条支部関係議員なども出席いただき盛大に、また終始和やかに懇談や交流ができた。
出席いただいている来賓からも、いつも和やかにできているのが羨ましいとお褒めの言葉もいただいている。後援会の役員が手作りで企画し実施していただいているのだが、県議となってもう16回の開催で、準備や運営ももう手慣れたものだ。役員や世話人さんも若手を補充しているものの当初から全員変わらず務めていただき、結束力の良いのも他にない後援会だ。ただ、みんなもう16歳も年を重ねいわば高齢化した問題点もあるのだが・・・。みんなもう引退させてと言いながら楽しんで引き受けてくれている。この調子だともう死ぬまでやめる訳にはゆかない運命を背負わせているのかも・・・。
政治課題はいろいろあるのだが、やっぱり基本はお互いに支え合って問題解決や処理にあたってゆく、相互理解者がどのくらいいるかと言うことが健全な社会をつくる根本だろう。そう有意味で我が後援会はしっかり健全な社会を支える活動の見本だとも自負できよう。
本当に自分のこととして「明比昭治」の日常活動を支えてくれている皆さんには「感謝」の一語だし、私の活動の基本は「報恩」の一語だ。
posted by 明比昭治 at 13:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月11日

正月気分は取れましたか?

もう松飾もとれ、成人式も終え正月の祝い事はひと段落したことと思います。明日からは休日も明け本格的に2016年の取り組みを本格化させていきましょう。ただし、次の土曜日は正月の仏日で先祖供養を忘れないように!
それにしても年明けに北朝鮮の水素爆弾の実験とやら物騒で緊張する話や、サウジアラビアとイラクの国交断絶、シリアやリビアから今も命からがらヨーロッパへ難民の流出が続いている悲惨で人道を考えさせられるニュース、その奥では石油の今後の情勢への懸念や、中国の株安が世界に及び、日本でも株価に下落が連日続いて、どうも今年は落ち着いてはいられないような感じがしてならないなだが・・・・。
しかし千里の道も一歩からしっかりと足元を見つめて固め、行く先の状況を複眼思考で把握し、危険な道を選ぶことなく、誤らなき共存の社会を目指せるよう触覚も聴覚も磨いてゆこう。
次に大切なことは健康第1、健康を保つには早めの気づきが何より大切だ。チームで物事を取り組んでいる人は、自分の健康はもとより、仲間の健康への配慮も大切です。みんなで支え合って、目的に向かって今年も頑張りましょう!
posted by 明比昭治 at 17:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月10日

愛媛の新成人約14000人。

明日がカレンダーでは成人の日だが、西条市では10日今日成人式が行われた。旧西条の方は西条市総合文化会館で午前10時30分から開かれ586名が対象者で、旧周桑郡の方は丹原文化会館で午後1時30分から開かれ465名が対象者であり、西条市全体としては1051名(男538・女513)であった。愛媛県内の新成人は約14000人である。新成人におめでとうと、心からお喜びを申し上げ、併せて自己の責任をシッカリと弁えた大人になって欲しいと期待したい。
西条市での会場への出席者は明日が振り替え休日でもあるためか約80%程度だっただろう。成人式と言えば全国でも数年前まで会場内外で騒ぎ立てるという暴動もあったが、この2・3年はおとなしくなってきていたようなのだが、今日の西条会場では一部の者が太鼓やハンドマイクを持ち込んで賑やかに開会前やっていたようで、なだめのため10分くらい予定時間をずれ込んでスタートしたようだ。
このところオープニングに小学生中学生主体のジャズダンスを取り入れ、小学生が「お兄さん・お姉さんのようにしっかりとした成人になりたい」と励まされお祝いを言われるものだから、それに反して騒ぎたてる訳にもゆかず、開会前に騒いでいた者は恥ずかしくてそそくさと会場を出て行かざるを得ないような雰囲気になり、後は整然とした式典となっている。
人数からすれば西条市全体での対象者が1000名程度であり、出席80%として800人だから西条市総合文化会館1つでも開催は可能な状況となってきたのではないだろうか?女性は殆ど振袖のようで、頭のセットを含めると10時の式に間に合わそうとすると、朝4時ころからの準備が必要のようなので、1会場にして午後開催を検討してみることも必要かとも思うし、いっその事中学校区単位で公民館での開催もかんがえて見ても良いのでは無いだろうか?参加者主体の都合と目線による検討が必要と思う。

posted by 明比昭治 at 16:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月08日

原爆をつくる国力の源は?

北朝鮮が4回目の核実験をしたのではないかと言われている。つくずくバカ(狂気)なことをする国だと言わざるを得ない。国の幹部の一部を除いては報道される国民の姿を見ても、栄養豊富で太った人さえ見かけない。昨年も日本海沿岸に北朝鮮と思われる古い木造船で漁に出て海流に流され、何人もの死体を含む船が数多く漂着していることが報道でも聞かされている。転覆沈没した数も相当あるものと想像もされる。
拉致問題も明らかになっているのであるが、支援(身代金)と引き換えに先に帰国された被害者以外にまだまだ判明されている被害者がいるにもかかわらず、名簿の提出など約束しているにもかかわらず交渉も進展させない、まさに正当に相手にならないならず者国家なのであるが、世界各国からの国交支援もままならず、自国の経済力もない状況なのに、莫大な費用もいるだろう原子爆弾・ミサイル開発・今度は水素爆弾という軍事費を費やしているのだが、玉手箱(金庫)として何を持っているのだろう?我が国からも朝鮮総連を通じて送金がかなり以前はあったのだろうが、今はその資金ルートも厳しい監視でままならないと言われているのだが・・・。
国際連合でも緊急理事会など開催し、北朝鮮の原爆実験に抗議を強めているが、いずれにせよ徹底して世界中から支援の手を貸さず、制裁の手を連携して強め、手を上げさせなければならない。窮鼠猫をかむともいわれるが、人道は大事だがそれを逆手にする悪党対策は毅然とすべきだろう。他にもISを含め暴挙がまかり通る不安情勢が散見されるのだが、世界中で暴力を許さない正義の連携が望まれる。
posted by 明比昭治 at 11:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

7草粥で体調を整えて!

正月のご馳走で腹回りも一回り大きくなった。体調を整える薬膳料理として、古来より7草粥が食されるのが日本の生活文化にある。
この七草を特定の産地化させようと、西条では20年ほど前から農家の夫人の発想と提案努力で取り組んでこられた、昨年には日本農業大賞も得ている。今や関西(大阪)市場の70%を西条産のパックで出荷される特定産地に定着した産物となってブランドとなっている。
出荷量も100万パックもあるようだ。このため正月返上で、家族もアルバイトも総動員で作業が行われている。生産農家か戸数は10戸あまりと聞くが、種付けから出荷まで3ヶ月くらいのようだが、生産効率も良く、反当収益も抜群の商品だと思う。
そこで私はこの「おかゆ」を西条の郷土料理の名産品として仕上げてはとの提案をしているところだ。七草をベースに薬膳の具材で通年したおかゆシリーズで、介護食へも拡大させ、フリーズドライ技術で非常食として用途も増やすなどなど、西条市が地方創生で取り組んでいる総合六次産業として地域の技術などを集約して産業基盤を作り、通年して農業・工業・流通販売に携わる雇用の創出をすることができる、素材として生かされたいものである。
体調を整える素材から、生活を支える資源として発展させたいものだ。
posted by 明比昭治 at 13:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月05日

サウジとイラクが国交断絶

宗教の対立は日本では戦争にまで発展するほど過激でないためにピンと来ないのだが、世界の各地で宗教の対立で戦争や殺し合いが頻繁に起こっている。根本精神であるだけに対立すれば徹底的に戦うことになるのだろう。
このところの中東における対立は同じイスラムの中での派閥争いで、最近は世界から自分の居場所のない若者を戦闘員として集め、ISなどといって領土の明確性もない国を名乗っている集団まであり、世界を混乱させている。
その巻き添えもあるのだろうが、サウジアラビアとイラクがこのほど国交を断絶するとサウジアラビアからの発表があった。このところ安定していた油価格がこの対立が激化すればするほど高くなってくるだろう、折角円安もあって脂の値段が下がり、経済活動が安定しかかったところなので、影響しないことを祈りたい。
私的には娘婿が昨年の11月末からサウジアラビアで住友化学が生産しているプラントに行っており、日本企業の多くがサウジに出かけているほど親日である国であるが、これらの企業活動や経済への影響も気になるところだ。無駄な戦闘にならないよう祈りたい。邦人の安全確保は大丈夫なのだろうか?
posted by 明比昭治 at 13:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月04日

2016年御用始め。

1月4日今日から官庁も御用始めだ。今年は異例に今日から通常国会が150日の会期で始まる。昨年第3次の安倍内閣発足後内閣の改造もあったが、首相の外交日程などもあり、臨時国会も開催されていなかったのだが、野党の早期開催にもこたえるためなのか、松の内に開催されるという異例の幕開けだ。国会は今年は参議院の半数改選の年ともなり、いわゆる野党の内紛も含めての弱体化が、与党に利することにつながり、この通常国会でもまともな議論が出来なければ与党は7月の選挙では、衆参同日のダブル選挙に打って出る可能性も多いにあるだろう。
いずれにせよ選挙のためのパフォーマンス政治に明け暮れていては、将来にツケを残すばかりで18歳から選挙権を得ることになった若い世代に大ブーイングを起こされるだろう。信頼と責任ある国家を築くためのあるべき政策を議論し、実行してほしいものだ。
私たち地方議会でも「地方創生」を言葉ばかりに期待や甘えを持たず、しっかりと自立できる『実需』を生み出すべく精進を重ね、人口減少に歯止めをかけ、付加価値の高い生産力を確保する社会環境を整備する必要がある。そのことに「チーム愛媛」で頑張ろう。昨日愛媛県体育協会などの主催で「新春愛媛スポーツの集い」があったが、いよいよ愛媛国体も来年開催までの最終準備調整期に入った。やるからには成功させなければならない。昨日の箱根大学駅伝でも「青山学院」が2年連続、38年ぶりの往路・復路完全優勝がチーム一丸の団結で果たされた。
色々なドラマや感動が残されたが、スポーツには特に「元気」を生む原点がある。大胆かつ緻密に計画を練り上げよう。
ともかく元気に行こう!
posted by 明比昭治 at 09:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする