2016年03月31日

中学生2年間誘拐監禁無事保護されて良かった。

茨城県で当時中学1年生の女学生が、当時千葉大学の学生だった男に両親が離婚騒動をしているので、あなたのことが邪魔になっていると弁護士事務所の関係者と権威ある立場もちらつかせながら言葉巧みに誘い、家出を装うようなメモも書かせて両親も欺き、2年も自分のアパートに閉じ込めて、両親からも見放されているのだと少女に不安をあおる心理状況をつくって逃げ出す気力を失わせていた事件があり、これまで男が外出するときは外鍵をかければ、内側から開けられない施錠で監禁状態をつくっていたため、逃げ出すチャンスも作らせない状況をつくっていたのだが、大学を出て就職をする機会に転居し外鍵がかけられない構造のドアになったのを機に、男が外出のチャンスに少女が自ら家族や警察に電話し、無事保護された報道に接し、本当に良かったなと思う一方、純真な人の心を逆手に苦しめる卑劣な男の蛮行に腹立たしさを覚える。どんなにさみしい思いを少女はしながら2年の時を過ごしたのだろう。しかし、見つかった時の証明に学生証を肌身離さず持っていた沈着さには感心させられ親の教育もしっかりしていたのだなと思う。また、男の家で見つけていた500円玉をまさかの時の連絡用に電話代として確保すべくしっかり持っていたことも関心だ。一方男は発覚後逃走、自殺を図るような行動があり「家族に申し訳ない」とのメモを持っていたそうだがその家族とはどの家族のことだろう、たぶん自分の家族に向けてのことであり、少女の家族に向けてのことではないのだろうと思う。
恵まれた環境で育ち、優秀な学力も持った男だろうが、善意の人を犠牲にする思いあがりの性格に歪んでしまっているのは情けないし、許せないことだ。これに似たようなことがほかにもあるかもしれない。家族や警察は行方不明の子供の徹底捜索を全国で実施してほしい。
また、類似犯が起こることの無いよう願いたい。人の心を欺く卑劣な事をしてはならない。
posted by 明比昭治 at 10:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

西条にCLT(直行木製パネル)製造工場整備へ。

木材を直交するように貼り合わせた大型木製パネル(クロス・ラミネート・テインバー。略称CLT)が新たな建材として注目されており(ヨーロッパでは高層木造住宅にも壁や床材として多く使われている)、断熱性や遮音性に優れてもおり、日本でも建築基準法に適合をと取り組まれ、この4月には規準強度などが示されるようだ。愛媛県ではこれに着目し県産材の活用に活路を開くためにも、強度実験などのデータ作成の試験を取り組んでいる。いよいよその見通しがついてきた中で、県内製材の大手で西条の「サイプレス・スナダヤ」が県内初のCLT製造拠点工場を、県が造成した工場用地「東予インダストリアルパーク」に整備することなったと発表された。2年後の2018年1月にはCLT製造ラインを完成させる計画だ。国内での製造施設は現在岡山と鹿児島の2か所しかない。
東京オリンピックの競技場でも木材を使った設計が採用されたが、これから一層注目され、需要が見込まれる。国内の造林材も50年を超える材が多く伐採適齢期も迎えその用途の拡大により、再造林が山間資源としても取り組まれなければならない大きな課題でもあり、その点においても展望が開けてくる取り組みでもあろう。成功を期待し、県内産業基盤の強化、就業雇用機会の増大により人口減少にも歯止めを期待するもので、嬉しいニュースだ。私たちもこれからもみんなで応援したい。
posted by 明比昭治 at 10:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

年度末が来ました。

卒業式も終わりいよいよ年度末となりますが、公務員を中心に職場の移動・転勤などの人事も発令されていることと思います。私どもは現役を終えたので友人関係者に移動で気を払うこともなくなったが、現役でご活躍のみなさんは喜悲こもごもも含め複雑な心中のあることでしょう。
だけど与えられた任務と環境に早く順応し、すべて社会の1員としてチームで動いていることが殆どでしょうから、早く順応しチームに溶け込み自分の役割を果たしてゆくこと一番大切かと思います。下手に抵抗すると気分もすぐれず機能も果たせないことになるのだから、自らをわきまえ律して頑張りましょう。
桜もこれから咲きはじめ新年度の前途を祝ってくれることでしょう。みんな仲間で花見としゃれ込む余裕も持ちたいものですね。日本の季節の中で最も日本らしい季節でもあります。わかめの息吹に負けないで活力を養おうではありませんか!
posted by 明比昭治 at 18:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

四国に新幹線はいつ走るの?

北海道に新幹線が届き開業した。もう残されたのは四国への新幹線!だが見通しさえ立っていないのだがどうなるのだろう。昨年は東海道新幹線開業50周年、新幹線生みの親「十河信二」先生は西条市の市長も務められた方で、今西条駅には「鉄道記念館」も建てられ鉄道にはゆかりの深いところなのだが、本土とは海で隔てられて直結線路がなかったために新幹線は夢のまた夢のように扱われがちだったが、今は橋で結ばれ鉄道軌道も敷設されており、本州と直結できているのだ。橋に莫大な投資がかかっているために鉄道に投資が回らないのだろうが、入込が増えれば資金回収にも役立つものだ。是非新幹線を導入したいものだ。
3年ほど前から四国の経済団体や知事会・議長会なども「四国に新幹線を!」と唯一計画さえない状況から、整備計画の調査実施を求めて国に猛運動を始め、私も県議会議長として国への陳情活動も行った。ここにきてやっと国会議員も一丸となって取り組む体制もできてきたようだ。
人口減少は大きな地方が置き去りになる原因だ。このままではますます人口減少に拍車がかかり、地方への社会資本の整備は手が入れられなくなるだろう。政治はそこに視点を当て国土の均衡発展を考えなければならない。地方からは議員さえいなくなりその声などますます置き去りにされる傾向だ。田舎にこそ埋もれた大きな資産があるこれを生かさないでどうする!
posted by 明比昭治 at 08:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

自民党愛媛県連幹事長に就任しました。

3月26日愛媛県総合文化会館で開催された第60回自由民主党愛媛県支部連合会大会において、平成28年度の役員の改選に当たり、県連会長に「塩崎泰久(現厚生大臣)衆議院議員」が再任され、幹事長に「明比昭治県議会議員」・総務会長に「森高康之県議会議員」・政調会長に「徳永繁樹県議会議員」さらに幹事長代行に「高山康人県議会議員」を執行部として首脳役員、その他組織対策委員長に「鈴木俊広県議会議員」など県連組織の各役職について役員の改選が承認され就任することになりました。
会長は国会議員として国との調整に携わっていただくが、地元の県内の行事・政策調整などは「幹事長」が取りまとめて行う、言わば城代家老のようなもので、全責任を持って運営に当たらなければならない。このような重要な役職であるが皆さんから勧めもいただいて務めさせていただくことになりまことに光栄であり、地方自治(政治)に志をもって41年目にして究極の仕事に携わらせていただくことになった訳で、男(政治家)冥利に尽きる思いで、ことの重さを十分に自覚して信頼を損なう来なく、県連60年の歴史を汚すことの無いようにしっかり頑張って努めたい。
皆様の温かい激励やご指導ご協力も切にお願いするところです。
さて、もう今年は参議院の改選が7月にはあり、このところ衆議院とのダブル選挙のうわさも出始めている。選挙も最大の役務でありチームの結束で勝利し、地域のため国のため、責任政党としての役割を果たさなければならない。高い理念を新年もって貫く選挙としたいものです。
posted by 明比昭治 at 20:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

感動の小学校卒業式。

昨日は愛媛県下で公立小学校で殆どの卒業式が行われた。私は地元の我が母校でもある「西条市立神戸(かんべ)小学校に例年のごとく出席した。新しい校長先生となり校長として始めて皆さんを送り出しますと初々しく挨拶もされたが、1人1人が卒業証書を受け取るときに大きな声で、将来の夢を校長先生(会場のみんなに)に発表していた。まさしく大きく踏み出すこれからの自分の決意となり、自覚を持って卒業する門出にピッタリの行動だった。また最後に卒業生が退場する際に、校長先生が一人ひとりに握手し、後ろに回って背中をポンとたたいて押し出して送り出していたが、これも背中を押して門出を祝うのにぴったりの行動だった。37名の卒業であった(私の時は155名)がみんな胸をはり凛として卒業していった。4月からは制服も新に中学生となりまた成長することだろうが、卒業式の誓いをしっかり胸に秘めて頑張って欲しい。
校長先生も、PTA会長も「命を大切にして欲しい」と言われていたが、事故から自分を守ることも大切だ、へこたれない強い心も体も大切だ。みんなの前途をお祝いしたい。
posted by 明比昭治 at 17:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

破れかぶれの北朝鮮?

北朝鮮がこのところ毎週のようにミサイル発射して威嚇けん制している。米韓の合同軍事訓練に対抗するかのように、軍事訓練まで実施の様子をテレビで流し、何時でも何千倍にもしてお返ししてやる!と威勢を張り上げてもいる。国連でもこれらの行動に対し非難決議を行い共同制裁の包囲網を取っているものの、実質中国が厳しい措置には至っていないのだろう、例の脅しで何かを勢めおねだりする北朝鮮の体質は何も変わっていないのだが、今度ばかりはちょっと後戻りが難しいほど破れかぶれの行動が気になる。まさに一触即発の状況を生みつつあると言っても良いようだ。日本も北朝鮮のミサイル発射には廃台の監視体制をとっているとは思うが、下手に対応すれば大暴走につながる状況だけに慎重な対応も必要だろう。いずれ各種制裁が効いて来れば北朝鮮国内での暴動につながる可能性もある。いずれにせよ気が抜けない話だろう。
posted by 明比昭治 at 09:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月21日

ショーン・マクアードル・Kって?

甘い低音の響きを持ってまた野性的だが甘いマスクで、経営コンサルタントとして紹介されて、古館イチローさんが司会プロデュ―スする人気番組「報道ステーション」にもコメンテーターとして時事問題にも論評を発していた『ショーン・マクアードル・k』さんが、経歴詐称で「週刊文春」の記事で取り上げられ、本人もあっさり認めたのか、謝罪を自らが15年間務めたというラジオ番組で行い、今後活動を自粛するとのスキャンダル報道が、取り上げられているが、何とも味の悪いすっきりしない話だ。経歴詐称があったと言ったって公職にある者でもないし、資格を必要とする業務をしていたわけでもないのだろう。経験が豊富で的確な分析力や指導力で、人を引き付け人に役に立ったのなら何とも罪のないことだろう。本人もあっさり悪かったと言っているのだが、何も逃げ隠れする必要もないのではないか?よっぽど大きな詐欺行為でも繰り返し行い、公の秩序良俗に反することでも行っていたのだろうかと疑いも持たざるを得ない。
つくずくマスコミ(ペンの力)の社会に与える影響は大きいものだ。一部のことをとらえて標的を落とせばよいのではなく、どこに何が問題があるのかをみんなが解り、社会秩序の正常化に役立つ報道に心掛けてほしいものだ。
posted by 明比昭治 at 09:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月20日

今年は晴天で西条市消防団観閲式。

愛媛県下の消防団としては、年度で最後の観閲式(一般には出初式)だろうと思うが、西条市の消防団観閲式が行われた。加茂川河川敷で行われるので、最後の一斉放水は20余りの団が行うので見物している人にも圧巻で楽しまれている。
余談だが、昨年は雨のため総合文化会館のホールで行ったのだが、行進やポンプ操法など団員が平素に訓練している姿が見られず、何かしら物足りないものを感じたものだが、やはり現場での実践活動を見せてもらうと有事の際の役立ってくれるものとの信頼感も湧いてくるものだ。
ただ本来なら1600人程の団員定数の登録がある筈だが、今日の実働出席は1150人と報告されていた。出席率が70%程度だったのではないかと思うが、年に1度の晴れの最大行事なのだからもっと出席がなければならない。勿論仕事を持ちながらのボランティア活動みたいなもので奉仕的精神がなければできないものであるし、少子化や過疎化で団員の確保に苦労されていることも理解はするが、引き受けた以上は僅かでも報酬も出ていることだ、公務意識もしっかり持ち合わせてもらいたいものだ。この行事は1週間前に決まったものでもあるまい。1年前から決まっているのだから、たとえ勤め人でも休暇が取れる手配はできるはずだ。
そんな中で活動実績が優秀で他の模範となるような方々多くが表彰もされていたが、熱心な活動をいただいている方には本当に頭の下がる思いがする。有事には平時の訓練が何より大切だ。有事に冷静な判断力を発揮するためにも、防災リーダーの存在は多いなる価値がある。
みんなで支え合って安全・安心な地域を創ろう。
posted by 明比昭治 at 17:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

「えひめ地域リーダー育成塾」開講。

自民党愛媛県連では若者の政治への関心を高め、社会人として責任を持って貢献できる人材を養成しようと、「育成塾」を計画募集をしたところ、36名の応募があり、3月19日松山国際ホテルにて開講式並びに第1回目の講義を行った。
県内各地から進んで18〜35歳を年齢限度としての募集でしかも受講料を自らが収めての塾であり、どの程度の応募があるのかさえ不安があったのだが、どうしてどうしてしっかり自分の意思を持って(作文・面接の審査もあった)参加されており頼もしい限りだ。
振り返ってみると私も27歳で西条市議会議員にでたのだから、あのころはこの青年たちと同じように、何か自分の役割の社会に果たせるようにしたいとの情熱をひたすらかけた生活(生き方)をしていたのだったろうなと、暑い思い出もよみがえった次第だ。
女性も2人参加されているし、大学生もいる。第1講は「塩崎厚生大臣の講話」であったが、居眠りする人もいなくしっかり聞き入って、最後に質疑応答でも消費税の導入と景気・税収への影響など、専門的知識も持ちながらの質問もされていた。この若者の声こそ大事にしながら、明日の日本・地域を考える政治の原動力にすべきだろう。
posted by 明比昭治 at 21:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

定例愛媛県議会閉会。新正副議長も選ばれた。

第346回愛媛県定例会は3月18日提案された全議案の審議を終え閉会した。当初予算の一般会計の規模は6401億円余で対前年を上回るV字回復で、地方創生やTPP対策の国の補正予算も合わせかなりの事業が取り組めることになるのだが、年度当初からうまく予算を配分して執行し、景気浮揚にも役立つよう積極的な取り組みを期待するところだ。
ところで正副議長は愛媛県議会では申し合わせにより1年交代としているのだが、私も1年前に任期終了により議長の職を解かれたが、本宮議長は全任期に副議長を務められての連続でご苦労いただいた。新しい議長には副議長を勤めていた「赤松泰伸」(自民・5期・宇和島)さんが選ばれ、これまた副議長・議長と連続することになった。議長辞職に伴う選挙を副議長として取り仕切りながら自分が当選人となり結果発表するさまはあまりスムーズとは写らないとの感想も受けた。副議長には「戒能潤之介」(自民・5期・松山)さんが選ばれた。正副議長共に私と同期の議員で一緒に頑張りたい。今回副議長に6人で会派をくんでいる「愛媛維新の会」が候補者を立ててきた、国政でも第2会派が副議長として選ばれているとの言い回しで候補者を作ったようだが、国政の第2会派と第1会派の議員の数も質も違うものを県議会に当てはめようとは見識が問われる問題だろう。愛媛では議員総数46の内、自民党は27、愛媛維新の会は6、社民党・公明党が各3、民主が2、共産が1他1人会派の無所属の構成で、自民党は質問回数でも覆いの他党などに譲歩しっぱなしで大人の対応をしているのだが、権利ばかりを主張するいまどきの世相を反映した行動のようで、寂しい思いがする。ポストばかりに目を向けず県民のためにする政治政策に力を入れたいものだ。
posted by 明比昭治 at 15:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月16日

春の選抜野球は楽しみが無い。

3月20日から甲子園球場で第88回選抜高校野球大会が開かれる。昨日から出場校の甲子園球場での練習が始まり、出場校はいよいよだ!頑張るぞ!と意気も上がってくるものと思うが、こちらは全く機運が上がらない。愛媛県からの出場校が1校も無いからだ。昨年は21世紀枠で「松山東高校」も出場し大いに盛り上がったものだが・・・。
野球王国として甲子園での勝率1位を保っていた愛媛だが、今やその地位も落としてしまい、甲子園に出ても1回戦で敗れて帰ってくるような力なのか?歴史ある甲子園での高校野球ほど郷土意識を盛り上げてくれるものは無い。地方に活力を!の最も大きな力となってくれる。
プロ野球では野球賭博などの問題が暴露され、これでもかこれでもかと非難材料が持ち出され、清原さんの覚せい剤での逮捕とファンをがっかりさせている。純粋に野球に打ち込んでいる高校球児にこのくらい空気も吹き飛ばしてもらいたいものだ。日本野球界のファンを失わないためにも・・・。
続きを読む
posted by 明比昭治 at 12:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

どうなるトランプ氏優位アメリカ大統領選挙。

アメリカでは大統領の予備選挙が行われ、共和党では政治経験もない「トランプ」さんががぜん優位に予備選挙を進めている。民主党では「ヒラリークリントン」さんが優位に進めているようだ。
日本では議院内閣制のため、総理大臣を直接国民が選ぶことがないためちょっと理解しかねることだろうが、アメリカでは大統領は国会議員と関係なく選ばれる、だから2大政党制も定着し個人といえども政党による政策が選ばれると言っても過言ではない。
だが今度のアメリカ大統領選挙の様子はこれまでとは全く違った要素で進んでいるようだ。トランプ氏は共和党の候補と言えども政治経験もなく事業家で、歯に衣着せずに強引に選挙資金も人に頼らず遠慮な発言がないため、これまで政治に飽き足らず不満を持っていた人のはけ口の受け皿ともなっているような様子で驀進中のようだ。お堅い旧来の党員からは眉を潜まられているのだが勢いが止まらない。何かアメリカも国全体に鬱積したものを吐き出すような空気があるのかもしれない。
まだそれぞれの党の候補を選ぶ予備選挙なので、本選挙はどうなるのかはわからないが世界のトップリーダーのアメリカ大統領だから、自分の都合ばかりの内向きな思想だけでは困る。大きな視野と見識のある大統領を選ばれるように見守りたい。
posted by 明比昭治 at 09:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

自民党83回党大会で参議院選挙必勝を!

自民党の第83回党大会が3月13日開催された。今回の大会では谷垣幹事長の党務報告と表彰行事にあとは、ゲストスピーチとして昨年ノーベル賞を受賞された「梶田隆章」さんから、基礎研究の大切さと日本が国際貢献できるための予算確保の政治的重要性が求められる提言があった。そのあとは『参議院選挙必勝 決起大会』として「安倍総理」から経済の立て直しを図り、好循環な財政状況を確保する。国民の平和な環境を守るための安全保障の重要性。持続的発展のための安定政権の確保などなどの力強い表明があり、順次参議院選挙の候補者が地方区・比例区ともに紹介され、最後は初めて選挙権を得る18・19歳の代表たちによる「がんばろうコール」で意気を上げた。
この選挙に向け民主党と共産党が連携し候補者調整を図りながら準備されているようだが、政策や理念の違う者たちが選挙戦術のため野合し、もし政権を取ったなら直ちに分裂をせざるを得ない状況になること必定で、また国政は大渋滞、国際からは領土さえ侵食される状況を生むかもしれない・・・決して大げさな話ではなくて、先の政権のゴタゴタすでに実証済みだ。みなさん挙げ足に乗らないようにしようではありませんか!

posted by 明比昭治 at 09:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月12日

待機児童問題解決は難しい。

保育園への入園受け入れが中々で、子育てしながら働くお母さんの職場復帰の問題も解決できず、政治は何をやっているんだとの嘆きの声がネットへの投稿を機に炎上しているが、何もやっていないかのごとく攻め立てられるのも政府としてつらいものがあろう。
少子化対策・子育て支援・女性の活躍社会の実現・育児休業環境の整備などなど、今、地方創生との2本柱の重要施策として取り組まれている。目指すべき方向は打ち出しているのだが、現実の対応が人手不足(低賃金にもよる)などでブレーキがかかって前に進みにくい状況にあるのが現実ではないだろうか。
公共事業(東北の復興)にも同じような現象がみられる。予算は組んで工事は発注しても資材不足・人手不足から採算割れで、受注する業者さえ少なくなり、4年で東北の完全復興目標は5年たってもまだ味方にもよろうが60%程度のようである。
誰彼を責め合っていても解決へは近づかない。みんなでどうすればよいか痛みを分かち合い譲り合って解決の道を探ろうではないか。
役所も人手不足で最近の仕事は外部へ下請け(委託)して計画したり、実施したりすることも多くなっているので、本当の現場の声や痛みが伝わらず、現場感覚とのずれのあることもまま見られる。このことも根本の問題として注しなければならない対処方法だと思う。
私も政治行政にかかわる1人として、世間の声を無視や軽視せず対処すべく心がけてはいるのだが、時としてこちらの都合も聞いてほしいと思うこともある。
posted by 明比昭治 at 09:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月11日

5年目の3.11

今日は東日本大震災発災から5年目を迎える、決して忘れられない、津波に人も車も家も飲み込まれ流され、それを見て何もなすすべも無く呆然とするばかりであったことを!
今日も2月定例県議会が開催中であるが、5年前は丁度議会が最終日で議案など諸案件を議決終了し、夕刻に理事者と与党議員とで懇談会を毎年のように持つ予定で、それまでの時間で書類の整理をしたり片付けもして、まだ時間があるので温泉にでも入ってくるかと車で移動中に電話があり、今晩の懇談会は中止となった、理由は東北で地震があり大変なことになっているとのニュースだ!とのことで、テレビを見てみると正に生き地獄の模様、身の毛がよだつものだった。
その後、東電の福島第1原発の事故が、この震災の被害や復興の大きな障害になった。未だ復興道半ばで、被災された皆さんには気丈に頑張って欲しいと思いますし、未だ発見さていない行方不明者や犠牲となられた方の安らかなることもお祈りするばかりだ。
後ろ向きばかりではいられない!国民みんなで痛みを分かち合い、励ましあって前を向いて頑張ろう!

posted by 明比昭治 at 12:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

「189」(いちはやく)が早くない?

児童虐待が社会問題となっており、児童相談所への通報・相談のための電話ホットラインを「189」(いちはやく)の3ケタ番号で、つなぎやすくと考えて国は昨年秋から実施、取り組んでいるのだがここにきてお役所仕事と非難が続いている。
電話が繋がるまでに約2分かかり、音声ガイダンスで次々と入力番号が指示され戸惑い、煩わしく途中で切ってしまうとの声が高まっているのだ。全国一律で問題の発生件数から考えても「119」や「110」番のように頻繁にかかることも想定されないので、陣容の配置の都合を考えても
広いエリアで受付し、身近な担当のところへ絞り込んでゆくことで対応されているのだと思う。2分が待てなくてお役所しごとでその場しのぎのような取り組みだと言われるのだが、もっと早くつながる方法は再考すべきとは思うが、何でも否定してしまうのもいかがなものかと思う。
もっともっと身近な地域や社会で目と心を配り、電話の向こうの対応に頼らないで、相談し合える人間関係の構築こそも大事だろう。それでも補えなう部分や、足りない部分を「駆け込み」場所として電話などの活用で補完するべきではないだろうか?と思う次第だ。
posted by 明比昭治 at 08:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

どうした!残念!なでしこジャパン。

ブラジルでのオリンピックの出場権をかけて、予選に望んでいるサッカーで男子は快進撃突破したが、女子「なでしこジャパン」こそ世界ランキングも高く期待して安心して見ていられると思っていたのだが、あにはからんや初戦の対オーストラリア戦からいつもの様子が見られない。スピード感・キック力・決定力がこれまでの姿からは全く気力が抜けているような試合で、その後も回復の気力の見えない試合展開で、とうとう敗退まだ2戦残っているもののオリンピック出場権は絶望状態となってしまった。
応援しているこちらも全く力が抜けてしまった。何をするにも腑抜けな状態になってしまった。立ち直るのにしばらくかかりそうだ。元気の取り戻せるニュースを探さねば・・・。
posted by 明比昭治 at 15:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

高校卒業式と同期会。

3月1日今日は愛媛県立高等学校では卒業式が挙行された。県議会も開会中であるがこの日は本会議を開かず議案調査日とし、県内各校の卒業式に県議会議員も手分けして地元校に出席し、卒業生を激励している。
私は母校の西条高校に卒業後50年を記念して同期卒業(第66回)生に来賓出席の案内もあり、90余名の同期生と共に、299名の今回の卒業生を祝福し、激励に出席させていただきました。
県議会議員として祝辞も述べさせていただきましたが、同期生でこれを機会に卒業式終了後、同期会を世話人代表として地元の仲間と企画開催し、同時に学校への記念品を贈ろうと企画、体育館内に「校訓」(質実剛健・文武両道・気品と清楚)を記した『額』を寄付金を集めて贈呈させてもらった。在校生は何かの行事で体育館に入るや目に飛び込み、身体で校訓を身に着けることだろう。
さて卒業式終了後、学校の校門前で全員で記念写真、その後徒歩移動して、JA西条で同期会を開催した。過去にも3度ほど卒業後の同期会を開催してきて、前回は還暦を記念しての会であったが、今回は卒業50年と言う記念開催となり、同期卒業533名の内、51名が先立たれ、残念ながら住所の不明の人71名を除く411名に案内、恩師3名と同期生99名の出席を得て開催できた。
地元に住んでいる人でもこれまであわなかった人もいて、まさに50年ぶりに再会できた人も多く、懐かしく、本当に青春時代を共に過ごした仲間は生涯の友として大事にしたいものだなと、感慨無量でもあった。都合をつけて出席してくれた人有難う。残念ながら都合がつかずに出席できなかった友もどうか元気でお互い頑張ろう。
posted by 明比昭治 at 18:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする