2016年04月30日

GWをどのようにお過ごしですか?

いよいよ春のゴールデンウィークとなりました。みなさんどのように過ごされますか?熊本地震が発生発災もう2週間にもなりますが、未だに揺れが収まらず不安な日々を不便な状態で過ごされている方が多く、心も体も厳しい状態に置かれている報道を見て、本当に心痛みます。
お見舞いに行ってあげたい気持ちもはやりますが、かえって迷惑があるかもしれないので、せめて支援の募金にこたえたいと思います。
そんな思いの方が多いのではないかと思います。東北被災も5年たっても完全でなく、九州での今回の新たな災害の発生や景気回復が足踏み状態なので、ゴールデンウィークもささやかに過ごす方が多いと言われています。
ともかく休みは気分を入れ替えてリフレッシュできるように、お金をかけて三昧しないでも、健康回復や維持につながる自然を巡る山登り・散歩・スポーツにと、兎に角外気を吸いながら心地よい汗を流しましょう。私は加えて庭の草取り木の剪定もしなければなりません。
外に出て誰かに遭って、世間話も大いにしましょう。ついでに参議院の選挙の話もしましょう。誰かにお任せにしないで、日頃汗もかかないで口先で他人のすることの挙げ足とって、さも善人ぶりをする無責任な連中の野合の行動を」批判し、一人一人の社会人として健全な社会をつくることとはだれに責任があり、どうすればよいかを語り合いましょう。頃も結構ストレス解消になるかもしれません。

posted by 明比昭治 at 08:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月28日

舛添さんは特別な人

東京都の「舛添要一」知事が最近週刊誌にリークされている。海外出張で何千万使ったとか、毎週末に神奈川県湯河原の別荘に公用車で出かけているとか、記者に問われても中々開き直りがよい。石原前東京都知事も歯切れよく記者の質問に堂々と切り返していたが、東京都知事ともなると特別な人になるのだなと感じ入る次第だ。議員だとついつい仲間のところに飛び火することもあるので、大っぴらに開き直って主義主張を述べるなどとは行きにくい面もあるのだろうが、長は1人だから全責任を一手に問われるから曖昧なことでは済まされないから、ズバッと発言になる「特別な人」として注目されるのだ。
ところでやっぱり公私の区別の線引きはいかなる人であっても必要だろう。とは言えどこからどこまでの線引きはしにくいものでもあろうが、やっぱり一般人の常識・倫理観はどんな立場になろうと崩してはならないものだろう。むしろ「李下に冠を正さず」多くの目線は意識すべきだろう。
posted by 明比昭治 at 09:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月27日

小細工の必要性は?

日本を代表する企業であり製品で、データー改ざんをしてよく見せようなどと姑息な手段がとられていることが、次々と発覚しているが残念でならない。日本企業の経営や製品は世界でも賞賛されてきたのは、安全・安心・高性能・堅実の実績が積まれた結果であり、些細で姑息な事柄に屋台骨さえ失いかねない状況を生むに至ることを危惧する。
三菱自動車が燃費性能のデーターを改ざんし、燃費の良さを消費者の心理に植え付けさせようとしたことが報じられている。確かに消費者は燃費の良さが節約につながるので気になるところではあるが、基本は安全で故障がない車の性能だろう。燃費などは運転走行の仕方でリッター何キロの燃費は大きく変動するものだ。それより規制基準の厳しいCO2の環境性能の対応の方が気になるところだろう。
日本経済の屋台骨を担ってきた天下の三菱が、グループでこれらの問題の解決を検討されることとは思うが、ぼろ隠しに終始することなく、コンプライアンスをシッカリ打ち立てて土地向かって欲しい。これが今日本の取り組むべき見本の改革となって、日本再生につながることを期待する。
posted by 明比昭治 at 08:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月25日

北海道5区〈衆議院補選〉自民党「和田義明」当選!

夏の参議院選挙の前哨戦とも捉えられていた、衆議院議員選挙の補欠選挙の結果が出た。自民党(公明党・日本の心を大切にする党の推薦)新人の「和田義明」(44)さんが、無所属新人の「池田真紀」(43)さん(民進・共産・社民・生活の4党推薦)との一騎打ちを制し当選された。
我が自民党としては一安堵といったところだ。和田氏は故「町村信孝」前衆議院議長の娘婿でありこの地盤を引き継ぐものだ。三菱商事のサラリーマンからの転進で、北海道を世界に売り込むセールスマンになるとの決意を語られたそうだが、中村時広愛媛県知事も三菱商事でのサラリーマン経験を生かして、愛媛のトップセールスマンの活動を行っているのだが、共に成果を上げ国民生活の安定に貢献して欲しいものだ。
一方の池田候補は共産党とむ組むと言う野党連合により、安全保障関連法案廃止、社会保障の充実などを訴えたのだが、現実にそぐわない政策では支持が得られない結果だろう。また選挙のための野合で、選挙が終われば立ち位置の無い政治姿勢が選挙民はノーの判断を下したものだろう。
また京都3区の補選では自民党は全議員の不倫騒動による辞職に伴うものなので、候補者を立てなかったのだが、民進党元職の「泉健太」(41)氏が6回目の当選を果たされた。西条出身の「森夏江」さんは大阪維新の党から出馬したが、残念ながら今回も及ばなかった。

posted by 明比昭治 at 14:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

参議院議員選挙に向け自民党候補への推薦決定有難うございます。

熊本を中心に、大地震が発災、もう10日も立ちましたが揺れが引き続き、雨も重なり復旧作業も手間取り、被災された皆さんの心中を察すると本当に心痛むものがあります。我々も何が出来るかと支援を呼びかけているのですが、やはりお金が一番良いと思って呼びかけています。
一般的には「日本赤十字社」を通じていただくのが良かろうとと思います。他にも各地に「社会福祉協議会」がありますのでここに届けていただくのもよいでしょう。あの熊本城の被災の姿を見るにつけても、みんなの力で何とかせねば!と思います。
ところで、選挙どころではあるまいがとおしかりを受けるような、そんな悲しくもあり厳しい現実のある中ではありますが、これも避けられない問題です。そのような大きなご配慮をいただき、連日各種団体から、自民党・「山本順三」候補への支援の機関決定をいただき、推薦状をいただいております。選対本部長としてこの連絡をいただき、推薦状をお届けいただいておりますことに心から御礼を申し上げるところです。
大変厳しい選挙情勢との中にありますが、やはりしっかりと日頃の活動の中で、国民の皆様とともに安定と安心発展を目指して各種施策の実現に取り組んでいる、国民による「責任政党」『自民党』よしっかり頑張ろうよ!との皆さんと心が繋がり支えていただく底力に感謝するものです。どうか反対!反対!と不安ばかり煽られ、振り回されることのないように、しっかりと責任ある信念で「自民党」をお支えいただきますようにお願いいたします。
posted by 明比昭治 at 09:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月20日

やむなく研修旅行を中止します。

明比昭治後援会では来る4月23日(土)第17回の親睦・研修旅行を予定し、既に155名の方の参加申し込みがあり、伊方原子力発電所の再稼働に向けての安全対策の実施状況について、西予市に設置された県のオフサイトセンター・伊方ビジターズハウスなどでの見聞や、開催中の「いやしの南予博」視察について、準備が整い参加される皆様にバスの配車などのお知らせもしていたところですが、熊本を中心に発生している地震は多数の死者や大災害を起こし、未だに収束の兆候も見られないばかりか、四国を中心とする中央構造線活断層にも影響を及ぼしかねないとの懸念もあるため、関係機関や後援会役員で協議の結果、この度は中止し「安全第一」の選択しようと決定いたしました。
あ折角ですが実施はあらためて平穏な時期に検討したいと思います。
この震災での多くの犠牲者のご冥福を心からお祈りするとともに、被災された皆様に「頑張って下さい」と心からお見舞いを申し上げます。
皆様とともにこれから支援の呼びかけをさせていただき、追ってお届けしたいと思います。
posted by 明比昭治 at 07:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

西予市長に「管家一夫」さん無投票当選。初陣を飾る。おめでとう。

任期満了に伴い愛媛県西予市の市長・市議会議員の選挙が17日告示された。
市長選挙には合併後3度目の選挙となるが、「三好幹二」前市長が引退を表明、「管家一夫」さんが自民党の推薦も受けて立候補、他に立候補者もなく無投票当選となった。社会福祉法人の理事長を務めるなど、福祉行政にも造詣が深い方で、お温厚な方だ。疲弊する地方に新しい産業の創造など地方創生にともに力を合わせとりくみ、人口減少に歯止めをかけたいものだ。初陣初当選おめでとうございます。今後のご活躍を御期待申し上げます。
一方市議会議員の選挙は定数21に対し、現職が12名、新人が13名立候補、激戦となる。各候補者の健闘もお祈り申しあげます。
posted by 明比昭治 at 18:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

備えよう!憂いの前に。

熊本を中心とした九州の地震被害は、余震か本震かわからない程に発生し、最初の地震からもう400回近い揺れが続いている。まだ1週間くらいは続くとも予測されており、被災された皆さんは心労もピークになっているのではないかと心配するものだ。
避難所の状態も非常に劣悪のようだ。家の中では地震の揺れで天上の落下や家屋の崩壊が心配だし、さりとて屋外ではまだ夜間は寒いし、雨も降るし、コンクリートの上では一層冷たいだろう。トイレもままならない状況であろう。車の中で一時しのぎはできても限界があろう。
東北での震災の悲惨さを目の当たりにし、備えを見直したはずと思うが、現実は誰もやはりまだまだ甘く見ているように思える。やはり揺れ耐震構造の住居設備の備えや、非常用品・備蓄用品の点検を、起きてからでは間に合わない。再点検しよう!地震は瀬戸内海の方に向かって震源が移動しているかもしれない。活断層の地震はプレート地震より小さいと思われていたのだが、定説も覆る状況だ。安易に思わず備えよう!
posted by 明比昭治 at 17:36| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

熊本を中心に震度7地震。余震にも気を付けて!

4月14日午後9時30分前熊本を中心に震度7、マグニチュード6.5で過去に例のない大地震が発生、朝までに10人の死亡や、家屋の崩壊、熊本城の屋根瓦や城壁の崩落など、各方面の被害が報道されているが、余震も続いているとのこと、避難も屋外で待機状況と言うことで非常な混乱の様子に心痛い。謹んでお悔やみやお見舞いを申し上げます。
先の東北大震災から5年まだ復興もままならないところだが、今度は九州で!火山活動がこのところ活発化していたとことだがこれらにも誘因があるのだろうか?むしろこの地震が火山の爆発を誘因する可能性の方が大木のかもしれない。火山情報も合わせ今後しばらく注視べきだろう。南海・東南海の地震も近い将来発生の確率が非常に高いと言われ、気を付けているのだが、地震・雷・火事・おやじ怖いものの筆頭だ。
自助に常に気を付け、まわりとの共助の心配り・連携体制の確認も怠りないようにしよう!
posted by 明比昭治 at 09:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

有名人に懸けられる罠。

このところ週刊誌が暴露記事で注目を集めている。賭博事件。これらを見てみると最後は自らの驕りと言うか、自分は特別な人なのだという錯覚で、最後は相手に弱みに付け込まれて泥沼に引き込まれ、最後は名声も努力もすべてを失うことになってしまうようだ。
こんなことは世の常でいくらでも先に見本があるのに、まさか自分は・・・と錯覚してしまうところに、脇の甘さや心の弱さがあるのだろう。
野球選手などスポーツ選手で有名なアスリートには大金も手にするものだから、これくらいとの金銭感覚もマヒする部分もあるのだろう。
オリンピックを目前にして、メダル候補のバトミントン選手も賭博の餌食になってしまった。勝負の世界にいるからばくちにはまりやすいと言うが、博打は博打であり、一か八かの時の運の問題で、勝負は不断の努力の積み重ねが結果を生むものだ。決して同じ感性で扱われるものではない。
清原選手は覚せい剤に犯されたが、どうしているだろう。覚せい剤も博打も手を染めると、中毒症状になるようだが、痛い目に遭ったら2度と繰り返さないように、しっかりと心にも体にも決別の決心を覚えこまさなければならないだろう。
スポーツ界全体に問題があるとかではない。頑張る選手や礼儀や節度をわきまえている人がほとんどである。特別な人が一居る特別な病でもある。特別な人になるには特別な心構えも必要と言うことだ。
posted by 明比昭治 at 09:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

我が子を衣装箱に入れ密閉、死ぬのは当たり前だろ!

わが子のしつけにプラスチックの衣装箱に度々閉じ込めていたようだが、しかも今回姉と弟の2人を押し込み、密閉の仲で30分も余って放置していたと言う。死ぬのは当たり前だろう!
わが子とはいえ虐待して暴力でしつけは許されてはならない!そもそもそんなことをしたら取り返しのつかないことになると言う、人間としての判断基準が全く働いていない。こんな残念な事件が後を絶たないのは、非常に由々しき社会状況といえるだろう。
誇るべき日本人の教育や、児童への保育、親としての家庭教育・・・。こままでいいのだろうか?
政治家にだって人格を疑うような言動をする人が、縛されても暴露されても後を立たずに出てくるのだから、正すべきもないのか!残念!
posted by 明比昭治 at 13:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月11日

満開の「御室桜」に大満足。

4月10日西条ライオンズクラブのメンバーや家族と念願の京都「仁和寺」への参拝ツアーが出来た。仁和寺の執行長「瀬川大秀」さんは私と同い年で、西条ライオンズクラブのメンバーとして活動、他に茶道淡交会西条支部の役員としても一緒させていただいている、西条の天然記念物である「金木犀」で有名な王至森寺の住職でもある。
そんな身近な人が執行長でいらっしゃるのだから是非参拝しようと前々から話題になっていたのだが、最も有名な御室桜が満開の時伺うことが出来て最高の感動と満足の旅だった。西条ライオンズクラブは結成55年を超えた歴史あるクラブで、今回仁和寺で先輩物故会員のご供養もしていただき何よりうれしいことだった。
それにしても御室桜は見事だった。てテレビ番組の「鬼平犯科帳」で、ここの御室桜の向こうに5重の塔が見えるシーンが最初に映し出されていたと思うが、全くその通りの場面を見ることができた。御室桜が群生している場所での木は、一般の桜並木のように木が高くない。だから目の高さで満開の桜が眺められ親しめる。古木だが上に伸びないのには理由があり、調査したところ1メートルくらい下には粘土質の土で固めてあり、いわば盆栽の鉢に植えられているように、根が伸びなくしている植え方がされているそうだ。こんな説明は一般の観桜見物客にはしてくれないが、たまたま西条の久妙寺の息子さんが修行僧として務めており、我々一行に境内施設の案内をしてくれたので、解ったことである。
聞きしに勝る名勝・名刹に日帰りで駆け足だったが伺え、何より心も豊か仏様の御縁に触れさせていただき何よりだった。ありがたい。
posted by 明比昭治 at 21:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月08日

ピカピカ小学校・県立高校入学式。

今日は愛媛県内の公立小学校・県立高等学校の入学式が挙行された。中学校の入学式は11日だ。
朝地元の神戸小学校では39名の新入生で、昨年の29名より10名も多く、2クラスが確保できた。年々の減少で心配していたのだが、最近若い人が校区内に住宅を建て移り住んでくれているんで、人口減少に歯止めがかかったのか嬉しい限りだ。(西条市全体や愛媛県全体では減少しているが・・)ピカピカの1年生は担任の先生に名前を呼ばれ、校長先生や上級生からの呼びかけにも「はい」と大きな声で返事をし、微笑ましくも頼もしかった。小さな手を6年生に手を引かれ入場した時は緊張一杯だったが、1日も早く伸び伸び元気に走り回って欲しいものだ。
高校の入学式は今回「西条農業高校」に出席した。農業と言う冠のついた学校は県下で伊予・大洲と3校だが、本来農業もしっかり自立できる産業であってほしいものだが、後継者が自立できなく育つ状況にない。したがって学科名がどこにももう「農業科」として残っていないようだ。
土と親しみ生き物をいつくしむ精神を失わないよう、実業学校の大切さを社会全体でもバックアップし若者を育てることが大切だ。折角学んでも卒業したら別の分野に就職することなく活かし繋げるようにありたいものだ。いずれにせよ新入生おめでとう希望を持って頑張れ!
posted by 明比昭治 at 12:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月07日

ホセ・ムヒカ(80)さんの来日。

「世界でいちばん貧しい大統領」と称され、大統領在任中(2010〜2015)もノーネクタイでおんぼろ車を自ら運転し、農場で質素な暮らしをし、給料の大半を貧しい人々に寄付をするという、自らのポリシーを貫き通している。前ウルグァイ大統領のホセ・ムヒカさんが5日に来日し12日まで日本に滞在、都内の大学で講義をしたり、京都や広島にも訪問するそうだ。
彼の姿はテレビで紹介され大統領にありながらも飾らない姿を見ていたので、感銘を受けた人の1人だ。「人生よりも価値のあるものはない。日本の人々は人類がどのように進歩できるのか、よい形で示している。どんな世界を夢みたいのかを考えずに、私たちの将来はない」と都内での記者会見で述べられたと報じられている。含蓄のある言葉であり。我々がどう受け止めるべきか考えさせられる。
政治に携わるのも言葉は巧みに駆使するが、現実の行動が伴わない場合が多いものだが、言行一致を示さなければいつかはメッキがはげるものだと心すべきだろう。
posted by 明比昭治 at 09:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月06日

参議院選挙の必勝を期して!

今日は自民党愛媛県連で、今年7月に行われる参議院議員選挙の必勝を期して、選挙対策本部の組織を立ち上げ、基本方針や役割分担と担当役務の徹底を図った。私にとっては幹事長として選対本部長を務めることになり、非常な重責だが皆さんの協力を得て、全員野球で取り組む指揮官を果たすべく努力したい。
今度の選挙では、衆議院が与党が安定多数を得、参議院でも与党が安定多数を確保できるようしたいと狙いがあるが、これを絶対に阻止せねばと野党は民主党と維新の会が合併し、新党「民進党」を立ち上げ参議院せっきょに向けてスタートしたと言える。また、共産党も野党連合として候補者の乱立を見直し立候補者を絞って共闘を検討中のようだ。
愛媛選挙区においては、わが自民党は現職で現在国土交通副大臣も務める現職「山本順三」さんを3選を目指す候補者としてすでに公認し、取り組んでいるところだが、対抗馬として労働組合連合や市民団体がかつて民主党で復活当選し衆議院議員を務めた経験のある「永江たか子」さんを担ぎ出そうと画策、4月3日ご本人も出馬の意向を固められたようだ。知名度のある候補者であり我々にとっては強敵だろう。
したがって今回の選挙に向けては、こまめに人口減少など地方の衰退に歯止めをかけるため、安定した生活が地方でも確保できる所得や雇用の創出と確保、高齢者も若者もが安心できる子育て・教育環境・医療福祉の確保など、切迫した日常生活の改善に重点を置き、緒に付きかかっている地方創生の各施策に本気で1人1人が自分の生活や、子供たちの生活を守るための戦いと位置ずけて、気意気の声として生かしてゆこうと上滑りにならずに振り下げた運動になるよう、こまめに汗を流して頑張らねば、これまでも理解と協力をいただいている皆様の輪を広げて!

posted by 明比昭治 at 10:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

曇り空でも満開の桜を求めて。

昨日の土曜日は天気予報で晴れの予報だったが、すっきりの空とは行かなかったがそれでも日曜日は雨模様との予報が出されていたので、各地の桜を求めて結構の人出だったようだ。我が家の近くの加茂川でも両岸に、弁当をひろげたり焼肉バーベキューをしたり、家族や友達グループが繰り出していた。県外の車もあってさすが桜の名所の名が通っているのかな?とも思える。車なので酒を飲んでばか騒ぎをする人はあまり見かけない。帰りにはしっかり片づけをしてゴミを散らかせて変える人もない。やっぱりしっかりした人が見本を示せばみんな共鳴する行動をするものだ、これが日本人で、外国人ではこうもゆかないのが殆どだ。
今日は地元の「伊曽乃神社」の春祭り、時同じくして奈良の「橿原神宮」でも天皇皇后両陛下が出席されて、神武天皇即位2600年祭が斎行されたと思うのだが、春を祝い、みんなで力を合わせこの国の平安と発展を期すことを神々に奉告、ご加護を賜らんことをお祈りしたものだ。
今日は市内の「子供だんじり」も20数台神社に元気に繰り出し、さすが西条っ子の意気を発揮していた。こうして全国的にも名を馳せている「西条」のだんじり祭りの主役も育ってゆくのだ。何より雨にたたられないで奉納できたし、河原で花見も多くの人が繰り出して、日本の春や桜を楽しめて何よりだ。夜桜はちょっと無理かな?
posted by 明比昭治 at 15:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

西条市地域創生センター開所。

西条市は市制施行以来も殖産興業の精神を伸ばし、昭和39年に東予新産業都市に指定を受け、企業誘致に精力的に取り組み、昭和50年100万坪の海岸部(ひうち)への埋立てにより工業用地を造成、ここに150社にあまる企業が立地、工業用地を造成しながらも売れないで(企業が立地せず)苦労する自治体が全国的に多い中、すべてを売り尽くし、12年前の行政合併後は工業出荷額が四国1となるほど企業活動も活発で、雇用も確保し、発展している。農業においても道前平野で米野菜果物とこの生産も盛んで、これも生産額で県内1を誇っている。
このような産業基盤をこれからどう生かしてゆくかが、地方創生の大きな課題だが、国から農商工行学連携による地域再生計画として「総合6次産業都市」の推進計画を認められ、ひと・まち・しごと創生法による総合戦略として、さらに愛媛大学の地域共創学部創設によるCOCプラス事業とも連携し取り組む拠点施設として、かつてひうち工業団地の企業便益施設として土地造成j業の中で建設されていた「ひうち会館」を、このほどリニューアルして「西条市地域創生センター」として4月1日からスタート開館した。
2階には愛媛大学との連携による「産学官連携研究室」が常設され、愛大のゼミ生なども含めて地域企業との共同研究なども取り組まれるのだろう。
要は箱よりも中身が問われるのであり、真に地方のイノベーション創出につながるよう人のつながりも大切にしながら、成果を出してほしいものだ。
posted by 明比昭治 at 11:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

エイプリルフール!

今日は大ぼらを吹いてもいいひなのだが・・・・。これが出てこない。正直者はつらいです。
今日から新年度、新しい職場など環境が変わったところでスタートした訳ですが、いい緊張感を持ちながらも肩の力は抜いて頑張って下さい。
昨日春の選抜高校野球決勝戦。奈良の「智弁学園」と、香川の「高松商業」の激闘でした。1−1で延長11回裏劇的さよならで「智弁学園」が見事優勝の栄誉を勝ち取りました。両校ともに投手も力投、野手も気合の入ったプレーを展開し、まさに決勝戦にふさわしい戦いでした。だから高校野球は多くのファンを引き付けるのでしょう。智弁と言えば「智弁和歌山」が一般的には名を馳せており、奈良の智弁はあまり気に留められる学校ではなかったと思うが、これが本人たちにとっては「奈良の智弁」を知らしめるがんばりにつながったのかもしれないですね。
一方高松商業と言えば私たちの年輩では甲子園の強豪校の印象がずっとあった。輪が西条高校も甲子園での優勝校であるが、そのころの大いなる出場枠をかけての北四国大会予選でもライバル校であった記憶が今も強く残っていた。56年ぶりの甲子園出場だったそうだが、決勝戦まで残って四国野球の力を見せてくれたのはうれしい限りだ。愛媛の各校も夏に向けて猛練習を積み、甲子園野球王国を復活させてほしいものだ。西条高校もこの夏には甲子園に行くぞ!せめてものエイプリルフールの話にしたい。
posted by 明比昭治 at 09:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする