2016年05月31日

ファーム(本社西条市)民事再生申請との報。

今朝の愛媛新聞でファーム(本社西条市)が関連会社も含み、負債総額58億円で民事再生を東京地裁に申請したとの報道があった。今から50年ほど前に私の住んでいる中野出身の「久門渡」さんが、農業を融合発展させたテーマパーク・レジャー施設・リゾート施設がこれから時代を先導する観光のありようだと市倉ファーム(現在は平成16年の台風災害で施設が土砂で押しつぶされたため廃園している)で、始めたのが最初だったと思うが(経営は別だが久門さんは西条ゴルフクラブをその前に開設して現在も営業している)その後、市内でも加茂で「チロルの森」、県内では重信で「足立の庄」(いずれも現在は閉鎖)を開設、国内で岩手・大阪・香川・・・と何か所も開設して、地元JAや行政・企業などと連携して事業を展開され、久門社長は事業家として経済誌などでもかなり取り上げられ、私たちも影響を受けた先見性豊かな傑人であった。残念ながら国内経済の縮小が影響したものと思われるが、社長の体調が崩れたのと並行して、経営に陰りが出始め、社長も後退されたと聞いていたのだが、とうとう民事再生手続きまで進んだとは非常に残念に思う。久門社長のお気持ちを察するに、無念でならないことと思う。
今も観光への取り組みは地方生き残りの大きなテーマであるが、素朴でも息の長い魅力やテーマづくりを基本として、爆発力に期待することは避けた方がよいのだろう。
posted by 明比昭治 at 10:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

どうする消費税?どうなるダブル選挙?

いよいよ6月1日で国会が閉会となる。正月から長い会期の国会だったが、熊本震災・G7サミットと後半は落ち着いた審議も出来ず、通過法案も積み残しが多くなったようだ。今一番の世の関心事は消費税の来年4月実施で10%への増税導入をどうするのか?景気が思わしく回復していないのに増税ではより景気を後退させないか?しかし社会保障財源は待った無く必要だ。このジレンマに総理がどう判断するのか?
このような決断は解散して信を問うべきか?総理不信任案が出されればどう対応するのか?総理の胸中も穏やかでないことだろう。
参議院議員の選挙を7月に控えて既に準備に走っているのだが、これらの空気が戦況にも大きな影響を与えないだろうかと、気をもむ次第だ。
国会が終わればわれわれ地方議会は6月定例議会が始まる。選挙の準備と議会で目が回る忙しさとなる。頑張るぞ!
posted by 明比昭治 at 17:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

核兵器廃絶に向けて!

オバマ大統領が現職のアメリカ大統領として、初めて広島に訪れ原爆資料館を見て来館記念署名し、平和の塔に献花し「安らかにお眠りください過ちは2度と繰り返しません」と誓われた。そのあとのスピーチでも悲しい歴史の悲劇を繰り返さないよう歴史の現実を直視し、平和な社会を築くための努力を呼びかけられた。安倍総理も一緒に案内し、スピーチされ平和への連携を訴えられた。
さらに大統領は出席していた被爆者や日本人のみならず外国人の犠牲者の慰霊に尽力されている方に直接声を掛けられ話を聞かれた。まさに人道的価値のある歴史的シーンだった。
大統領にお詫びの言葉がないとか、戦争反対と口先ばかりで世の中に不安をあおり、自分が正義の主人公のようなことを言い、平和への道筋に水をかけ、平和の実現の足かせをするような輩や報道もあるが、毅然と一歩一歩平和を守り、戦争を起こすことないよう理解と協調を深める努力に皆の結集が大切だ!世界中で一番平和への努力が乏しい国にならないように、口先ばかりでなくオバマに習い行動しよう。次の参議院議員の選挙がその行動の第1歩となるように!
posted by 明比昭治 at 13:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

松山で女性を人質に立てこもり。

今朝の朝のニュースで松山市で40歳の男が20歳代の女性を包丁で脅して昨夜から立てこもっているとのニュースが繰り返し流れていた。
女性は行方不明で捜索願が出されていたらしいが、警察は交友関係などから目星をつけて昨夜男の部屋に様子を伺いに行ったのだろうが、その訪問をきっかけに包丁で女性を脅して立てこもったらしい。
別れた元妻を脅したとか、交際相手の女性に暴行したとか、痴情話も結構新聞などでよく見かけるようになった。DV防止キャンペーンも社会問題として取り組まれているのだが・・・。
子供も大人も良く切れるという時代世相なのか?我慢や相手への思いやりなど、どこで養えばよいのだろう。やはり子供の時の愛情に包まれた生育環境がそうさせているのだろう。道徳・宗教観・みんな薄れて自分の都合の良いことばかり尊重するような誤った民主主義を考え直さなければならない。
posted by 明比昭治 at 10:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

現金自動払出し機で14億円の怪盗。

、南アフリカのクレジットカードを偽造し、日本国内の大都市圏で、コンビニに設置されている現金自動払い出し機を使い、一斉に借越し限度まで引き出し、総額で14億円の引き出し窃盗があったという。コンビニでも払い出し機を使った人は監視カメラが設置してあるので、犯人を追い詰めることはできるのだろうと思うが、早く捕まえて欲しい。
頭が良い人は一杯いるが、悪知恵に活用するのは良くない。詐欺師も口八丁手八丁いろんな手口を考え出すのだが、世の中を発展させるような革新的アイデアにその能力を発揮してほしいといつもながらに思うことだ。
口八丁手八丁といえば政治家も同じことがいえる。その場その場でさも大げさ偽善を語り、本音では全く裏腹なことをしてホッカムリして過ごしている輩も多いことだ。時の風にのり当選すればもう次の党に移ってすり抜ける。政治不信をいつも問われながら、こんな何でもありを有権者が許しているから、偽善ぶりながら益々悪知恵を働かせるもんが闊歩し、堕落した社会を築くことになるのだ。東京都知事の生活ぶりは国民にどう映っているのだろう。今度の夏の選挙に向けて野党連合といって共産党も一緒になって国つぶしに向かう勢力に、国民を守り、国土を守る責任があるとは思えない。選挙が終われば分裂し、仲間で罵り合うこと必定とみる。この煽動に乗せられては大変だ。まず、自分の責任を自覚しよう!自分の命や生活を守ろう!そして家族・社会が支えあって平和な社会を築こう。
posted by 明比昭治 at 09:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月23日

女子バレーオリンピック出場決定!

おめでとう!素晴らしい最後までの粘りとチームワークでリオデジャネイロ(ブラジル)でのオリンピックの出場権を獲得した。最終戦ではオランダにもフルセットの上勝利した。オリンピックに向け弾みのつく結果で結んだと思う。
男子バレーもこれから予選が始まるが、女子の勝利の女神を送って欲しいものだ。ともかく頑張る姿には感動するばかりだ。
posted by 明比昭治 at 15:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月22日

蛍の餌のシジミ発見。

近所の連中で環境奉仕をはじめもう15年になる。加茂川堤防沿いの水路に「あじさい」を植えたり雑草の刈り取りをしたり、月1度1時間程度の作業をしながら楽しんでいるのであるが、5年ほど前からこの水路にカワニナ巻貝が棲み蛍が飛ぶようになった。
今年は例年より5日ほど早いが、今日現在ではかなりの数(約2000匹)が暗闇の中飛び交っている。
今日は清掃の日で、先月は菜の花がまだ咲いていたので草刈りをしなっかたせいで、草も伸び放題になっている。そのお陰で蛍が水中から這い出て住みかとなっているのだ。だから水路脇は蛍のために刈り取らず残しておいた。
そんな作業をしながら、カワニナの生息状況を調べていると、何とシジミの貝殻がいっぱいあるではないか!これまで気が付かなかったのだが、蛍の復活がシジミの復活にもつなっがっていたのだ。カワニナの餌にシジミがなっているのだろう身が抜けているが殻がかなりある。今度冬場になればしじみ掘りもしてみたい。
自然界の生き物も活況を保っていればいろいろな力や命がよみがえっている。人間界も環境を良くして共生の社会を甦らさなければ・・・・。
続きを読む
posted by 明比昭治 at 11:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月20日

やるね!日本女子バレー。

リオデジャネイロでのオリンピックの出場権をかけて女子バレーのアジア地区予選が開かれているが、日本女子バレーが必死の戦いを繰り広げている。宿敵韓国に敗れもう負けられない状況の中、これも出場権をかけて背水の戦いを挑んでいるタイとの闘い、誰もがもうだめかと思い始めていたフルセットの後半、日本女子執念をもっての怒涛の攻めで逆転勝利を収めた。感動の試合だった。
何が何でもこのチームで勝つんだ!との思いが結集された結果が勝利の神様が後押ししてくれるのだろう。やはり勝負は最後まで絶対に勝つんだとの魂を輝かせることだ。
ところでブラジルの政争はオリンピックの開催どころではなくなる危惧もされるが大丈夫だろうか?競技施設や警備も大丈夫なのだろうか?衛生面も大丈夫なのだろうか?南米特有のなんとかなるさ・・・でいいのだろうか?ことらの不安がいっぱいになる。
posted by 明比昭治 at 09:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月19日

東京都知事のステータス丸つぶれ。

海外出張に5000万円、ファーストクラスの航空運賃にホテルのスイートルームで飛び切り豪華出張を繰り返していて、都民の血税からの支出だが、庶民感覚を無視した無扱いではないか?との疑いから始まった東京都知事「舛添要一」さんへの疑惑報道だったが、東京都知事としてみっともないことはできない。世界に誇るステータスとして東京都知事は格別の振る舞いが当然だと、大見得を切ったまでは良かったが、その後追及される政治資金収支で、公私混同も甚だしいし、ずいぶんみみっちい話で領収書を要求してさも政治活動との見せかけをしていることが次々判明報道され、東京都知事のステータスは丸つぶれとなってしまっている。
早く辞めてもらって立て直しが必要だ。東京オリンピックに向け、日本の恥さらしのようなことをいつまでもさらしてはいけない。

posted by 明比昭治 at 13:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

国会の議論もっと上品にしてよ!

国会中継がテレビで流れているのだが、野党の先生方は大方政府批判をするのだが、もう少し品格を以って欲しいと常々思う。特に夏の参議院選挙を意識しているのだろう、重箱の隅をつつくような議論に持ち込むのはみっともない。子供たちがみたり聞いたりしていたらなんて大人たちの議論だろうと、耳もふさぐことだろう。もし耳をあけて聞いていて大人があんなのだから僕たちも・・・と見習うことになったら・・・もうこんな状況を見習った人が随分増えてきた社会現象が見られるようにもなったのかな?品格ある議論を大切にしよう。
posted by 明比昭治 at 13:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月16日

ベッキーの復帰が日本にとって大事なことなのか?

週刊誌も個人の裏側を暴き立てるようなことをして、世間の世相を問いかけていることが目に付くが、それに乗せられてかテレビが週刊誌のネタを追いかけ、朝から晩まで鬼の首を取ってやろうとするような番組や報道構成に取り組んでいるが、もう少し教養のある世相を作るための役割を果たしてもらいたいものだ。タレントのベッキーと何とかと言う下衆の極みの歌手との不倫騒動を、毎日何時間も使って取り立てるような世間に重要な問題なのか?人の苦しみや不幸をあざ笑うようなことの野次馬世相に導かれることが残念でならない。
政治家の倫理観を正すような報道は良いと思うが、よくよく公器として世論の動向に大きな力を与えるとの重みを自覚し、報道番組を構成して欲しいと思う。別に報道規制を云々と言うものではなく、公器としての見識を発揮して欲しいと望むものだ。
今大事なことは国民が良識と社会人としての責任を深く覚悟し、未来へ悪弊の付けを残さず、平和を守る良識ある国家を築くことだろう。

posted by 明比昭治 at 13:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

生産量日本一「裸麦」の収穫始まる。

先日テレビで大腸がんにかかる患者が日本一少ない県として、愛媛県が紹介されていた。その原因には日本一の生産量を誇るものが4つあり、「裸麦」「キウイフルーツ」「鯛の養殖」「段々畑」と紹介されていた。
裸麦は愛媛が断然生産量が多くて日本一の座を守っている。私たちは子供のころから学校の行き帰りに麦の穂で笛を作ったりしながらよく遊んだものだ。毎日の食卓でも麦を食べるのが当たり前だった。
だが一般的にコメを主食とするようになってからは、麦ごはんが敬遠されてきた。それは暖かい内はおいしいが冷めると麦はパサパサになりおいしくないからだったろう。
だが食物繊維が多くて腸の働きをよくするので、最近また見直されている。生産量日本一の誇りを持ち、これからも産業として活発になるように、加工も含め6次産業化を目指す取り組みに一層結び付けてほしいと願っている。皆で麦ごはん、味噌汁を食べよう。
posted by 明比昭治 at 09:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月14日

オリンピックもごたごたが続くもんだ。

東京オリンピックの誘致を悲願のように取り組み、2020年に決定。スポーツの祭典として国民の期待が大きく、それが経済効果も生むものとして国も東京も地方も総力を挙げて取り組むべきと、国民の理解が後押ししているのだが、国民の手の届かないところでごたごたが続いている。まずエンブレムの盗用疑惑の問題、つぎは競技場の設計の問題、今度は誘致運動で工作費用が動いているとの問題が、フランスの方から飛び火している。アマチュアスポーツの祭典として歴史を積み、オリンピック憲章を尊重して理解しているのは一般の国民であり、今や商業ベースの放映権やスポンサー権で、運営や競技施設のインフラまで賄おうとするものだから、いろいろな利権もうごめくことになっているのだろう。どこが責任を持つのかいまだによくわからないのだが、オリンピック招致委員会・文部科学省・東京都・スポーツ大臣などなど、もっと明確にしっかり説明責任をそれぞれが図り、理解を深め、国民の納得を得られることにしてほしいものだ。これ以上ごたごたが続けば国民の期待度も冷めてくるのが心配だ。
posted by 明比昭治 at 18:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

野党共闘って何?

夏の参議院議員選挙に向け、愛媛ではわが自民党「山本順三候補」を公認決定、この他に「共産党」「幸福実現党」も愛媛地方区から候補者を出すと決定し準備を進められている。さらに無所属でかつて松山を地盤として衆議院議員に民主党から比例復活当選で議員を務められ、先に選挙で落選、政界から引退声明をされていた「永江たかこ」さんが『安保法案阻止』を旗頭に社民党や労働組合・憲法改正阻止の市民団体など、さらには「共産党」が自らの立候補を取りやめて共闘に参加して、いわゆる野党共闘候補として立候補をするようで、連日のように何か「永江」さんをヒーローで白馬の旗手としてはやし立てるように『愛媛新聞」などで連日報道されているのだが、私が自民党で対立候補にたいする批判でいうわけでは決してないが、ちょっとおかしいのではないかな?世論誘導になりはしないのかな?と感じるのは私だけだろうか?
たしかに選挙にも立候補に制限はなく、だれであろうと立候補も応援も自由の認められる我が国は「自由と民主主義を重んじる国家」だ。だがこの国の現状を見るときあまりにも自由の裏でま守られなければならない責任が欠如し、倫理観がむしばまれていないだろうか?政治にはそのことが最も重視されなければならない。私たちの自由を守り・平和な暮らしを守り、享受するためには身の回りを取り巻く社会の制度や環境などあらゆる諸問題を、社会を構成する一人一人が見つめ、責任と自覚をもって参加しなければならない。これまでも全体のことを重視しないで一点ばかりに目を向けさせ、結果何の解決にも結び付かず、後世に負担を積み残してきているのが現状だ。目先の目くらませをするような煽動に有権者がのせられ、選んだ結果が任期中に政党がなくなったり、他の政党に移ったり、有権者への責任を果たすべき最も大切な倫理観が欠如する、貧弱・低俗な民主主義国家にしては世界の先進国仲間からも見放されることになる。今回もまた不毛な空中戦で目くらませ戦術に誘導されているように思えてならない。中身の政策で違いがあることを認めながら、政権への批判を結集するというが、現実の国民の暮らしを6年間の任期中どう責任をもって政策実現に果たしてゆくのか?有権者に今の立ち位置が変わらず約束できるのか?基本的なことが全く見えず、説明されていないと思われるが?
有権者の賢明な判断にお互い誠実に応えてゆきたいものだ。
posted by 明比昭治 at 09:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月12日

下衆の極み騒動。

最近週刊誌でやり玉に挙げられている話題を聞いていると、「下衆の極み」とおいこむケースがやたらと多い。なんかグループの名前さえ「げすのきわみ」と称している音楽グループのボーカルの男と、タレントの「ベッキー」不倫騒動が賑やかに報じられ、メールのやり取りまで調べ上げられ、離婚騒動・タレント活動休止に追い込まれていることが、これでもかこれでもかと報じられている。裏側を聞かされ正に下衆の極みか!
また、天下の東京都知事の舛添さんが大名振る舞いの公費支出が問われ、開き直ったと受けと受け止められるコメントにさらに反発されたのか、国会議員時代の収支報告者が洗いざらい調べ上げられ、家族旅行や食事の費用まで政治資金で支出しているのではないかと追及を受ける羽目になっている。このみみっちいお金の使い方感覚にはさすがに一般庶民もあきれることだろう。
やはりお天道様は見ていらっしゃるのだ。開き直りは良くない!自分は特別の人だと思っているのだろうが、公私の分別や倫理観をわきまえた人こそが特別の人と称される部類に入れられるのだろう。
日本中で下衆な話を追いかけまわす、低俗な社会現象も改め、みんなで支えあいの社会を作ろうではないか!選挙を前にして特にそのことが気にかかる。猫だましのように無責任な野合と無責任な政策をしっかり見抜こうではないか。もう騙されのもいい加減にしよう。つけを払うのは国民だ!
posted by 明比昭治 at 09:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

オバマ大統領原爆(広島)慰霊に訪れる。

今月末に安倍総理がホスト役となって、先進国首脳が「伊勢」に集結してサミットが開催されるが、この訪問に合わせてアメリカのオバマ大統領が広島を訪れ、原爆慰霊碑に参拝すると言うことが、発表されたが、極めて歓迎すべき行動と評価したい。
オバマ大統領は就任するや核廃絶を目指そうと訴え、そのことが評価され「ノーベル平和賞」が与えられた。大統領任期の最終にあたり最初の原爆使用国の大統領として、世界で唯一の被爆地「広島」を訪れ、犠牲者を慰霊し平和を訴えることは、自らの政治姿勢を明確にして使命を貫くことになるもので、全く同感と評価する。一方で北朝鮮が核保有で世界の動きに逆らうような行動を取っていることに対して、極めて強い圧力行動にも繋がり、抑止の意義も発揮できるのではないだろうか。
これまで広島市長もアメリカ大統領の訪問を呼びかけてきたものだが、最近アメリカ政府の要人が順次訪問され、大統領訪問の道筋も開かれてきたのだろう、政府の粘り強い努力にも敬意と評価をするものだ。
極めて平和を考える良い機会になるよう、せっかくの行動が生きるようあらゆる機会に賛同の評価をしよう。
posted by 明比昭治 at 12:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月10日

伊方原発1号機廃炉へ

来年で運転開始から40年を迎える四国電力伊方原子力発電所の1号機が、電事業法にもとづき廃止となる。今後廃止に向け取り組まれるが作業はこれから30年もかかると言われ、費用も400億円もかかるそうだ。1号機の出力は56万6千キロワットだが、これにより伊方の発電能力は2・3号機で、145万6千キロワットとなる。廃炉に向けても莫大な費用が必要で、悩ましい話であるし、愛媛では核燃料保有税がどうなってゆくのかなども政治的に悩ましい問題がある。何でもかんでも反対・反対で手放しですまない課題がこれからも引きずられるのだ。
いずれにしても安全に収束も運転も最大の配慮を怠らず取り組まれたいものだ。
北朝鮮の朝鮮労働党大会が36年ぶりに開かれ、外国の報道陣も招待されているが、大会の様子は殆ど撮影させてもらえなかったようだ。
いまや共産党独裁で閉鎖的な国など世界の中でも北朝鮮のみだが、こんな閉鎖体制の国に核開発で核を持たれ、暴走されることの無いことを願うばかりだ。こんな国を身近に持ってわが国の外交対処に誤りなきよう政府にも望むばかりだ。
posted by 明比昭治 at 12:55| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

加茂川で「あめご」のつかみ取り。

毎年5月5日に加茂川漁協が子供たちに川に親しんでもらおうと、秋には「いもたき」が実施されている、トリム公園の川原に水たまりをつくり、魚の「つかみどり大会」を実施している。「あめご」や「鱒」を子供たちに掴み取りさせて楽しんでもらっているのだが、実際楽しんでいるのは親の方かもしれない。子供を鵜のごとく追い立てて、クーラーボックス一杯の収穫をする家族もある。
今日は天候もよく夏日模様だったので、保護者を含めると約1000人(子供たち約300人)が大はしゃぎで盛り上がっていた。
このように自然の中でワイルドな遊びも子供たちにとっては大事で、いい思い出や経験になる。
ところで先日は高知の仁淀川から来た「紙こいのぼり」が、通称加茂川の「メロディー」橋で泳いでいることを紹介したが、3日の台風並みの大風で、千切れて飛んでしまっている。折角子供の日を祝って設置されたのに残念でならない。市役所の建設課のお世話をいただいた職員さんも私以上に残念なことだろう。だがまあこれに懲りずに微笑ましい心和むいいことは次にも繋げよう。
posted by 明比昭治 at 15:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月03日

紙鯉のぼり今年も加茂川へ

ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか?1・2日は真夏日のような天気でしたが、今日3日は春の嵐のような強風と午後からは雨も降る荒れ模様の天候になる予報です。
久しぶりに岡山から孫たちがやってくるというのに屋外へは出られないかと残念です。自宅の横が加茂川ですが、ここにかかっている歩道橋(通称メロディー橋)の街灯を柱にして、今年も高知県伊野町の特産和紙で作られた鯉のぼりが取り付けられ、通行する人の心も和ませています。高知の仁淀川ではこの鯉のぼりを水の中で泳がせています。国道194号線で西条と伊野町は約1時間30分で結ばれています。
この国道を通じて人々の往来も結ばれているのだが、さらに心の交流にもと、双方の役場が話し合って提供いただいているのだが、非常にいいことだ。鯉のぼりは大きな口をあけ風を一杯すいこんで、腹の中に何もためていないから元気に悠々と泳ぐ姿を見せてくれるので、人の心に元気を与えてくれる!江戸っ子気質ということで「江戸っ子は皐月の鯉の吹き流し」と言い伝えられている。ちっぽけなことでクヨクヨせず大らかに生きようではないか。だけど一人では生きられない!自分も世間の世話になるためには、他人様にもお役にたとう。
posted by 明比昭治 at 10:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする