2016年10月30日

日ハム優勝!

プロ野球の今シーズンチャンピオンを決める「日本シリーズ」は、29日昨夜広島球場で第6選目が行われ、日本ハムが10対4で広島に勝ち、4勝2敗でチャンピオンに10年ぶりに達成した。
第1戦・第2戦は広島球場で「広島」が連勝、第3戦目は「日ハム」が意地を見せ広島球場で勝って、札幌のホーム球場へ移動、第4戦目・第5戦目と「日ハム」がホームの意地を見せ連勝、第6戦目は再び広島球場に移り、広島がホームの意地を見せ勝って、第7戦目に決着をつけるのかとの期待もしたのだが・・・。6戦目4−4で緊迫のゲームが続いていたのだが、8回ついに緊張の糸が切れたか、4番中田にフォアボールを与え押し出しの得点、その後ピッチャーにもヒットを打たれ、とどめは満塁ホームランと一挙に6点が入り勝負あった。日本ハムが4連勝となり、監督の胴上げとなった。
テレビもどの試合も決着がつくまで番組を延長して放送する気合の入れようであったが、試合そのものもどの試合もさすがプロ野球、また両リーグのチャンピオンと思わせる緊迫と白熱の試合で、私も連日テレビを見させてもらった。やっぱりスポーツはいい。
posted by 明比昭治 at 14:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

県の知名度アップ戦略は大事。

過日愛媛県議会の「総務企画国体委員会」のメンバーと2泊3日の研修に参加した。最初は@香川県の直島など瀬戸内海の島々で現在開催中の『瀬戸内国際芸術祭2016』(通称せとげい」の仕掛けに取り組んでいる「公益財団法人 福武財団」の説明を受けながら古民家再生など「家プロジェクト」の視察。A岡山県庁で、中山間地の活性化の取り組み「おかやま元気!集落支援事業 B県の知名度アップを図る「イメージアップ戦略推進事業」の説明と意見交換 C兵庫県篠山市を中心に活動する「一般社団法人ノオト」の取り組む古民家再生ホテルによる地域再生戦略の説明と現地視察 D大阪にある「NPO法人ふるさと回帰支援センターの大阪ふるさとくらし情報センター」の視察。を行った。
いずれも各地で地方創生(再生)のために、故郷を元気にし移住定住による人口減少に歯止めをかけたいとする志の取り組みであり官は官の努力、さらには民の力で社会貢献を目指す取り組みであり、愛媛でも何とかせねばと取り組んでいる課題に刺激をいただく研修であった。何より安心して住める条件をできる限り整えてゆかなければならないのだが、ピカピカでなくとも心を潤すものでなければならない。プラスやはり安心感をもたらすのは知名度によるトータルグランドが整っていることも大事なことであり、県のイメージづくりと知名度アップ作戦は、その運動の底流を支える大切な要素であるとつくずく認識させられた。
posted by 明比昭治 at 13:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月25日

「関行男」慰霊祭今年も厳かにしめやかに。

今日は西条市出身で、先の大戦において初の神風特別攻撃隊の「敷島隊」隊長として、5人の隊員とともに出撃特攻し、フィリピンのサマール島沖でアメリカ海軍の護衛空母セントローに体当たり、命を賭して撃沈した。その72回目のご命日である。
毎年西条市大町の楢本神社境内に「慰霊碑」が建立され、「小黒繁男」「中野磐雄」「山下憲行」「谷暢夫」隊員とともに『五軍神』が慰霊され、今は愛媛県内出身の特攻隊員も合同して、10月25日午前10時30分徳島基地より訓練機が飛来して慰霊式典が行われており、今日も各地より自衛隊関係者を含め多くの方が参加して、厳かにしめやかに開催された。
「戦争はもう2度としてはならない」が、命を賭して今日の社会を守ってくれた英霊に今を生きるものがしっかり敬意を払い、感謝の誠をささげるのは当たり前のことと、私は毎年参列している。多々今年は身内で不幸ごとがあったために、全体行事に参加できず参拝のみさせていただいた。英霊よ安らかに、そして今日の平和にご加護を!


続きを読む
posted by 明比昭治 at 13:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

東温市長・上島町長ともに現職が敗れる。

合併後4回目となる任期満了に伴う首長選挙で、23日は東温市・上島町の愛媛県内2箇所で投開票が行われた。いずれも現職が敗れるという外から見れば思わぬ結果だ。
東温市では6月議会中に立候補表明をし、4選目を目指す現職の「高須賀功」(74)さんと、新人の元市議会議員「佐伯正夫」(73)さんの2人が先行していたところへ、8月に元副市長の「加藤章」(68)さんが追っかけ立候補表明、3つ巴の選挙となっていた。結果として3回連続無投票だった高須賀さんへの多選批判と新しい風を求める市民の声で、40年の地元での行政経験やサッカー協会のお世話もされているがフットワークの良いあいさつ回りや演説会を重ね親近感を得たのだろう「加藤章」さんが見事初当選を果たされた。3候補の中では一番若かったのも市民には受け入れやすかったのかもしれない。初当選をお祝い申し上げ、これからの活躍を祈ります。同日行われた議員定数を2つ減し、16の議席を19人で争った市議会議員の選挙は、元職1、新人3が及ばない現職が評価される結果がうかがえる。
上島町では3期12年の実績を積んだ現職「上村俊之」(59)さんに、前回の選挙でも戦った元町議の「宮脇馨」(65)さんが挑み、315票差の接戦で、新人の「宮脇馨」さんが現職4選を阻み当選された。また定数14で今回より選挙区を廃止し、全町を1区として戦われた町議会議員の選挙も同日行われ、16人が立候補されたが、元職1、新人1の2人が及ばないこちらも現職が強かった。
この2つの首長選はともに現職が4選を目指すという戦いに、住民の多選批判の声が勝ったようだ。現職の2人とも知事を中心とした「チーム愛媛」の首長連合の中で、頑張って地方の活性化に取り組まれていたと思うのだが、何時の間にやら住民の目線と距離が出来ていたのだろうか?新選良の皆さん「初心忘れず」住民の目線と心を大切にして、ご活躍を期待します。

posted by 明比昭治 at 12:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

鳥取地震大丈夫?

21日午後2時過ぎみんなの携帯電話で、地震警報が一斉に鳴りだし、ちょうど会議の休憩中だったが、床に座り込んで机の下に身を寄せたのだが、松山ではしれ程の揺れも感じなかった。
後でニュースを聞いてみると鳥取内陸部での震源に震度6弱を観測、壁が剥がれ落ちたり屋根瓦が崩れたり、家屋が倒壊したりと甚大な被害が発生しているようだ。幸い昼間だったので、人命被害はなかったようだ。だが、余震が続いており、熊本地震の時のように後からの余震の方が大きく被害が拡大した例もあり、皆さん気持ちの休まらない状態が続いているようで、避難所や広場で車の中、ビニールハウスの中など、工夫をしながら夜を過ごしていらっしゃる様子も聞きますが、心よりお見舞い申し上げるところです。
わが地方でも震度3が記録されているが、なんとか被害は今のところ最小のようだが、やはり今後も引き続き気を抜かず、身の回りの整理をして置き、被害を食い止める備えをして置くべきでしょう。

続きを読む
posted by 明比昭治 at 18:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

自民安倍総裁任期延長で3選可能に。

自民党の政治制度改革実行本部が、役員会で現行の「総裁任期は2期6年」となっているのだが、総裁任期を3期9年に延長することを決めたようだ。例年なら1月に開催されている党大会は来年は3月5日に開くことも決定しているが、その時に三選が禁じられている原稿党則の変更改正が提案され可決正式決定されることになろう。近年の総裁は2年も続かないでころころ変わり国際からも軽んじられる状況もあったのだが、再登板した後の安倍総裁は、野党の弱体化もあるのだろうが、そこに追い込む自民党総裁としての気迫あふれる論理と行動力で磐石安定政権を築きつつある。自民党内に在ってもポスト安倍総裁を窺がう力量を備えた候補が育たなく任期延長に異論も出ない状況だ。
そうなれば安倍総理の任期は2018年の9月で2期6年を終えることになるのだが、2021年の9月までとなり、2020年の東京オリンピックも安倍総理のもとで開催される。これまで世界各国を訪問し日本の国際的信頼度も高め、ひいては国益に資する活動を精力的にこなされているのだが、ここにも大きな成果を残されるものと期待するものだ。一方では憲法改正で今日的国体の確立の問題にも取り組まれるものと思われるのだが、数による強引な取り組みで、誤った道を辿ることに無いよう国会議員は見識と良識を働かせ、政権を牽制しながらも国益発展のために協力を惜しまずゆるぎない政府や国を築いて欲しいものだ。

posted by 明比昭治 at 16:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月19日

東京オリンピックの課題解決の行方は?

開催地が決定され、国民が期待している2020東京オリンピックの開催だが、とかくに出足から騒動が続いている。最初はエムブレムの商標デザインの問題、国立競技場の設計・工事費の問題・・・さらに今も当初示された計画予算よりも何倍もの建設費の試算により東京都知事が見直しを求め、オリンピック開催を取り巻く諸機関の思惑の違いがぶつかり合って暗礁に乗り上げている様子のようだ。昨日東京都知事とIOC(国際オリンピック委員会)のバッハ会長と、東京都の小池知事が公開の会談を行い、競技会場の建設や場所について、事業費の関係から見直したいとの小池東京都知事の提案に対し、都・政府・日本オリンピック組織委員会・IOCの4者で協議の場を早期にもって進めようとの合意に達したようだ。それぞれにこれまでの取り組みについて思惑の違いもあり主張の違いもあるものと思うが、兎に角協議により、競技団体の意見も組みながら、すり合わせと合意形成を早く行うべきだろう。時間は限られているのだ、これまでもどの国においても開催までに完成するのか危ぶまれる事態を乗り切ってきている。お金のかかる話ではあるが、これにより社会資本としてのレガシーが後世に生きてくるから、これまでも各国各地で頑張って取り組んできたのだ。小さなことの積み重ねが大きな土台を作ることになるのだという前提も大切にしながら、大義を見失わないようにみんなで心と力を合わせゴールを目指して(成功)取り組みの歩みを進めよう。暗礁に乗り上げ行き場を見失っては成らない。
posted by 明比昭治 at 10:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

新潟県知事原発慎重派知事当選。

10月16日行われた新潟知事選挙は、3期12年務めた前「泉田裕彦」知事が8月末に突如引退を表明、原発慎重論を掲げた「米山隆一(49)」さん〈共産・自由・社民推薦)と、前長岡市長の「森民夫(69)」さん(自民・公明支援)の事実上、一騎打ちの戦いだったが、医師・弁護士の資格を持つ「米山」さんが当選された。投票率は53.05%だから知事選としては低くなく住民関心の高い選挙だったようだ。前知事も福島原発事故後は東京電力に対しても厳しく安全性に問題で追及・要求を突き付けていたのだが、新知事もこの姿勢は継続されるだろう。従って新潟県内の柏崎刈羽原発で停止中の7基の原発の再稼働への道筋は極めて厳しいものがあろう。反原発知事としては先に鹿児島県知事に当選された「三反園」さんも、稼働中の原発の停止さえ求める行動をとっており、政府としても電気エネルギー確保の問題に安穏な考えでは、ニッポン経済さえも危うくしかねなくなってくる。地方を守らなければ地方から国の基盤が崩れるだろう。国会議員さんしっかり足元の政策に取り組み、頭ばかりでっかい国にしてはなりません。
さてこれから愛媛では地方祭りが終われば、首長選挙が続きます。自らの地域は自らの地域の見識を住民がしっかり持ってつくるべきです。東温市長・議員選挙・上島町長・議員選挙・新居浜市長選挙・西条市長選挙・松野町長選挙 などなど。
posted by 明比昭治 at 10:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月13日

西条はこれから祭り一色に。

秋の夕暮れが茜色になってきたが、急に冷え込みもあり久しぶりに風邪を引いたかな?咳が出てのどが痛くなり急に熱がでてきた。
もう秋祭りで準備に追われるし、孫たちも今年は土・日が伊曽乃神社の祭りとなるので、楽しみにみんな集まるようなので、早く治しておかねば・・・気は焦るがなかなか咳が収まらない。流感ではないので子供たちにうつることはないとは思うが、気にすればなおせき込んでしまう・・・。
天気予報では今週は雨がなさそうで、台風の心配もなさそうだ。明日からは石岡神社(氷見・橘地区)の秋祭りが始まり、次に伊曽乃神社(神戸・大町・神拝・西条・玉津地区)、さらに飯積神社(飯岡・大生院の一部地区)と、三島神社(小松地区)と「だんじり」「みこし」「太鼓台」が市内に繰り出し、若者を中心に町が急に活気づいてくる。毎年のことながら一年で最も町が元気になる時だ。全国に出かけている学生や、就職した若者もこの時ばかりは帰省し、西条人になってしまう。独特のものがある。
この地域の絆がコミュニティー活動の支えであり、原点となっているともいえるほどである。この結びつけを担ってくれているのが氏神様であり、その神様に感謝し、お守りいただくのがこの秋の祭礼であろう。単なるイベントでは無いのだ。これが日本の社会を築き守ってきた原点であることをわきまえて、神様に感謝しよう。
posted by 明比昭治 at 11:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

愛南町町長選挙「清水雅文(66)さん」無投票3選される。

県内で広域合併に先陣となり、2004年10月に御荘・城辺・一本松・西海・内海の旧5町が合併し「愛南町」がスタートして4度目の町長選であったが、4年前に続き今回も「清水雅文現町長」が無投票再選された、清水さんの気さくで、行動的な人柄が地域住民に支持されてのこと、心よりお祝いを申し上げます。愛媛の最南端まだ高速道路の延伸が届かないのであるが、養殖漁業・真珠養殖を中心として愛媛ブランドを高め、独特な観光資源にも磨きをかけて、産業の活性化による人口減少への歯止めをかけ、地域を守って欲しいと願っている。私たちもみんなで協力してゆきたい。
無投票は地域が疲弊し、政治熱が冷めてきているのではないかとの意見もあるようだが、よく住民の声を聴き地域全体の目配りをしながら頑張られることを期待したい。
ところで、岩手国体で愛媛県勢は天皇杯7位の成績を残してくれた。来年は総合優勝を狙ってゆこう!
続きを読む
posted by 明比昭治 at 11:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

体育の日様変わり

10月10日は「体育の日」これは今から51年前に開催された「東京オリンピック」をきっかけに国民の健康増進のため2年後の1966年に制定された国民の祝日ですが、今は10月の第2日曜日の翌日ということで3連休になるように決められています。
スポーツといえば秋と運動会にも代表されるようにスポーツイベントが組まれたものですが、最近は熱中症の心配から運動会が春に行われる方が多くなってきているとか・・・。したがって体育の日も秋でなければならないとの気持ちにもならないようだ。
地元のソフトボール協会長をさせて頂いており、8日(土)に東予の各市代表によるハイシニアの大会(満65歳以上)を主管開催させていただき、歓迎と激励の挨拶をさせて頂き、ケガの無いようにと注意をさせて頂いた。何と選手の中での最高齢は80歳で75歳などもごろごろ、楽しみにして試合の観戦をしたのだが、走攻守どれもしっかりしておりびっくりした。私は目の手術をしてから球技は控えているのだが、あの連中には日ごろからの積み重ねが大事だなということをまざまざと見せられた。9日(日)は県下のスポーツ少年団のサッカーの大会があり、開会式で激励させていただいたのだが、年々女子が多くなってきている。これもなでしこジャパンの影響もあるのかもしれないが、少子化により女子を入れなとチームができない地域も多くなってきているようだ。
岩手国体も今日で最終日となり、いよいよ来年は「愛媛」で開催されることになる。元気な人たちが育っている。みんなでしっかりと大会を成功させるよう頑張りたい。岩手での昨日まで成績は天皇杯7位で目標の10位以内は達成しそうだ。今日が最終日だが選手の皆さんご苦労さん。
続きを読む
posted by 明比昭治 at 10:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

昨夜の日本代表サッカー試合に思わず拍手した。

ロシアワールドカップに向けての予選試合で、初戦を落としていた日本代表にオリンピックの出場も逃した悪夢が消えなかったのだが、やはりホームゲームの強みかイラクに2−1で勝ち、グループ2位に浮上ワールドカップ出場権を確保に一歩近づいた。
昨日は9月定例県議会の最終日で、夜恒例の理事者との意見交換会があり、その帰路いつもの温泉で疲れをとってからと思って立ち寄ったのだが、脱衣場のテレビでサッカーの試合を流していた。見ると後半なのに1−1の同点ではないか・・・ゆっくり風呂に入っていどころではない。そこそこに体と頭を洗い流し、テレビに注目するともう後半も30分を過ぎているではないか、日本も前線へ前線へといつものパスワークではなく、思い切った攻撃を繰り返しゴールをたびたび狙うが、決まらないイライラしているともう時間がきてしまい、アディショナルタイムが6分となった。それでも両チーム最後まで全力で戦う攻防、最後に左コーナー近くでイランのファールがあり日本のフリーキックを得、ゴール前の競り合いからのこぼれ球を、ペナルティーエリアの外の距離があったが
山口がロングシュート、これが見事に決まり2−1となり、残り1分そこそこで試合が終了した。
この劇的ゴールに思わず拍手した。他のお客さんもつられて拍手に付き合ってくれた。久しぶりにスカッとした気持ちで昨夜は眠りにつくこともできた。

posted by 明比昭治 at 11:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

第348回愛媛定例県議会閉会。

9月12日から開催されていた第348回愛媛県定例県議会が本日閉会となった。県民の安全・安心、地域経済の下支えを図り産業を振興する実需の創出を目指した各種施策を推進しているのだが、一方ではまだまだ経済が回復していない、近隣諸国との外交がギクシャクしている部分があることから、直接愛媛と外国と結ぶ航空路線のうち、アシアナ航空の松山ーソウル便が9月末で運休となった。さらにもう1つの路線中国東方航空の松山ー上海便も搭乗率が思わしくなく、何時運休になるか心配である。この国際路線の維持と取り組みが関心を呼ぶ話題でもあった。観光振興に力も入れているのだが、必要なツールといえどもいくらでも県民の税を入れ込むわけにも行かない。費用対効果をどうしても計らざるを得ない。最近はLCC(格安航空便)もあるのだが、やはり採算が第1の尺度だ。田舎県にとって頭の痛い問題ではある。国も世界イベント「東京オリンピック」を見据えて外国人観光客誘致に力を入れているのだから、全国に目を配り大都市集中でなく、地方の魅力を発信できる施策にもっと力を入れて欲しいものだ。愛媛では台湾との路線も持ちたいとアプローチしている。早く国産旅客機MJF(三菱重工製)100人乗りクラスの国際路線に対応できる飛行機の就航もあれば、展開が考えられるかもしれない。あらゆる努力でアウトバウンド・インバウンドの活性化を生み出したいものだ。
県産品の売り出しで、養殖魚でイスラム戒律適合のハラール認証を国内で始めて取得したのはいい話題だ。これからイスラム教信仰者の世界へ食材の提供により、販路が飛躍的に確立できることにも覆いの期待したい。
さらにサイクリングコースの充実により、気軽な観光交流人口が増えてくる仕掛けも効果を上げている。9月始めから営業運転に入った伊方原発には、事故の無い万全の運転を望む一方で、避難路の確保など対策の充実も待った無く住民に安心感を持って頂く整備も急がれる。
まだ、まだ県民に満足のゆかないことが多いことだが、みんなで精一杯知恵と汗をかいてゆくことを誓い合った議会であった。
posted by 明比昭治 at 16:23| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

久しぶりに松茸賞味。

岩手国体開会式と応援のために行って来たが、空いた時間で盛岡市内を散策していたら「松茸」を八百屋さんで発見、しかも値段を見てみると最近国産で我々周辺での値段から考えると半値の状態。
近くの料理屋さんで久しぶりに松茸を賞味した。懐かしい味で満足した。他にも「まいたけ」「香茸」「大しめじ」と天然のきのこを満喫できた。
時期的に丁度よかったのだろう、国体への期待とあわせて今回の視察旅行は嬉しい出張だった。
国体の成績も心配なのだが、思わず頑張ってくれている競技があり、期待していたのにメダルに届かなかったりいろいろだが、最後まで頑張って総合10位以内となることを祈りたい。
posted by 明比昭治 at 12:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

ノーベルウィーク第1陣「大隅良典」さん受賞

今年もスウエーデンから、ノーベル賞の医学・生理学賞に、東京工業大学栄誉教授「大隅良典」さんに、受賞の朗報が届いた。日本の研究者の受賞は3年連続で、医学・生理学の分野では「利根川進」さん(1987年)、「山中伸弥」さん(2012年)、昨年の「大村智」さんに続いて4人目の受賞となる。各分野全体での日本人受賞者はこれで25人となった。ちなみに日本人初の受賞者は1949年に「湯川秀樹」博士である。
大隅さんの受賞研究は「オートファジー」とのことで、細胞内の古くなったたんぱく質や異物を細胞自身が分解して再利用する仕組みで、自食作用とも呼ばれるそうだ。これはあらゆる真核生物に備わっているもので、栄養不足による飢餓の解消や細胞内の浄化、最近の侵入防御の役割を担うものだそうだ。
私たち凡人には良くはわからないが、このような特異な、地道でひたむきな研究者がいて医学の進歩や、科学の発展があるのだ。気の長い研究を軽んじることなく支えなければならない。日本人が毎年受賞されていることは日本人への評価であり、後続の研究者も育てなければならない。今週次々と分野別に発表されるが、次は誰が受賞されるのだろう?楽しみだ。
posted by 明比昭治 at 15:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

岩手国体で総合成績10位以内を!

10月1日より岩手国体が開催され、今年も選手の激励と愛媛県体育協会の理事として入場行進に参加した。来年は愛媛での大会本番を迎えるため大会の様子を検分しておくため、協力団体の医師会・薬剤師会・栄養士会などなど各種団体からも参加して、あわせて来年は愛媛へとの案内PRにも努めた。
愛媛選手団には総合成績10位以内(昨年は13位)を目標に頑張ることを目標にしているが、是非頑張って欲しい。
2日には早速競技が始まり、私は花巻市の成年女子ソフトボールの試合が、9時から愛媛対山形で行われたので、来年西条市で少年女子ソフトボールの大会会場地ともなり、西条ソフトボール協会の会長も勤めているので、視察と応援に行った。
愛媛選抜は伊予銀ソフトボール(1部リーグ)を中心にトヨタで活躍するふるさと選手を加えてのチームで、山形は日本体育大学の選手を中心に教員を加えたチーム構成だったが、さすが1部リーグで頑張っている選手、9−0で完勝した。応援も熱が入ったがやはり勝たねばならない。
気持ちよく帰路につけたが、2日間晴天の下何時間も屋外で居たために、日焼けし顔が真っ赤になってしまった。だが心地よい。
posted by 明比昭治 at 16:33| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする