2017年02月28日

春もうららに。

もう2月も終わりとなるが、先の日曜日には春霞がかかったような陽気にもつられ、久しぶりに2時間ほど散歩することが出来た。我が家の横は「加茂川」で対岸の土手は名勝「武丈公園」となっており、その背景には標高約200Mの「八堂山」があり、加茂川川からは約30分で登れる登山道もあり、河津桜や椿の花など眺めながら、散歩する人・川辺でバーべQを楽しむ家族や友達グループ、また菜の花を眺めながら弁当を開く家族ずれなどなど市民の森の方では「梅まつり」も開かれ、お茶席やお餅が配られるなどの振る舞いもあり賑わい、穏やかな風景と空気が流れを感じることが出来た。最近世界でも国内でも騒々しいニュースばかりに触れ気分も晴れない中での一服であった。
また、午後は陸上自衛隊善通寺の軍楽隊の演奏会があり、松山在住の尺八演奏家「岳山人」さんも特別出演しての素晴らしい演奏会があり、心和ませる時間をいただいた。
続きを読む
posted by 明比昭治 at 14:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

定例県議会で「代表質問」(自民党)に登壇。

2月27日開催中の第351回愛媛県議会定例会の本会議において、自民党会派を代表して質問に立たせて頂きました。当面の愛媛県政として重点的に取り組むべき課題を取り上げての総論的なテーマでしたが、これから一般質問に立つ議員からより掘り下げた政策展開になるものと思う。私のテーマ項目としては@えひめ国体・えひめ大会の成功に向け、本県の魅力を全国に発信するえひめらしい大会の取り組みを!A知事は自転車新文化の普及拡大を取り組んでいるが、「サイクリングアイランド四国」の実現に向けた取り組み状況は!B四国の新幹線導入に官民上げての機運醸成の取り組みを!C原子力防災対策の充実強化を!D少子化対策と子育て応援事業の充実を!E愛媛版DMOで観光営業誘客活動の積極的展開を!FJAと連携した農業の担い手確保の充実を!Gとべ動物園の将来を見据えたあり方の健闘を!H県立新居浜病院の建て替え整備を。 の9項目を主な論点として取り組みました。愛媛の活力創出に・安全安心の確保する社会資本整備に一層力を入れて取り組みたい。
posted by 明比昭治 at 15:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

プレ金スタート。

月末の金曜日の仕事を早く終え(ノー残業)ることで消費を喚起しようと、政府と経済界が「プレミアム金曜日(プレ金)」なるものを考案し、企業や団体がロゴマークまで作って盛り上げを図ろうとしている。こうまでしなければ消費が回復しないのか?消費財の10%への増税も先送りし、給料は多少なりとも上がって来ているといわれているのだが・・・。
週休2日制を導入し、もっと時間的余裕をつくろうとしたころには「花金」と呼ばれ、放っておいても皆が浮かれたものなのに・・・。何となく時世が寂しい思いがするのだが、私だけだろうか?
現役世代に消費を促しても先行きを考えると晴れ晴れとしない・・・。本来はもう余裕世代の高齢者層に消費を促せばよいのだが、もう欲しいものもない・・・さらに年金のカットもされ先行きの不安がよぎり、節約に努める・・・。いわば全世代に構造的な問題があるので、ここに手を入れることが必要ではないのか?景気の先行きも晴れ晴れ見えない・・・。だが引っ込んでばかりでは先も開けない。世の中明るく捕らえ頑張ろう。

posted by 明比昭治 at 12:01| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

素晴らしいお人柄「皇太子殿下」

皇太子殿下のお誕生日に因んでの記者会見の様子がテレビで流れていた。思わず正座して聞かせて頂いた。天皇陛下に対する労いのお心、妃殿下や愛子さまへの優しい配慮、とても私たちには出来ない自愛と尊厳のお心が滲み出ていて、天皇陛下や皇后さまを始めとして全ての皇室皇族が、慈愛の心があふれている方々をいただいて本当に日本人として誇らしありがたい限りだ。
私たちも一端でも見習い、平和社会の建設に務めようでは在りませんか!

posted by 明比昭治 at 14:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

今日から第351回定例愛媛県議会が始まる。

平成29年度の当初予算を初め55議案及び議員提出議案として「愛媛県スポーツ推進条例」「ふるさと愛媛の中小企業振興条例の一部を改正する条例」の2件が上程され、2月22日から定例県議会が始まり、27日・28日は代表質問、3月2・3・6・7日は一般質問、9・10・13・14日は常任委員会審議がなされ、17日に表決が行われる日程で開催される。
27日の10時30分より私が自民党会派を代表して質問させて頂くことになっており、愛媛国体・自転車新文化も含む愛媛版DMOによる観光振興・新規就農者の確保育成と農業振興・新幹線導入機運醸成・砥部動物園の魅力向上策・県立新居浜病院の建て替え整備・原発避難対策などに取り組み、知事の姿勢を問い与党として政策推進力になるよう取り組む。その他産業振興・安全・安心の県土社会資本の整備、教育振興など自民党から6名の議員が一般質問にも立ち県政課題に取り組む。大いに政策論議を深め、県民のためにする県政に取り組む。
一般会計の当初予算総額は6357億7千万円、特別会計1271億1100万円、企業会計619億600万円の総額8247億8700万円の規模でスタートする。国体関連予算としては100億円を組んで、施設整備・総合開会式行事・選手育成強化に取り組み、総合優勝天皇杯獲得に向けて夢を実現すべく頑張る。なにより愛媛の今後の活力に役立つレガシーを残したいものfだ。
posted by 明比昭治 at 13:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

「アスクル」倉庫火災未だ鎮火せず、倒壊の恐れ。

16日の午前9時10分頃に、埼玉県三芳町にある、事務用品通販会社「アスクル」の物流倉庫(鉄骨造3階建床面積72,000平方メートル)の1階ダンボール置き場で発生した火災は、6日たった今も鎮火せず倒壊の恐れもあるという。すでに東京ドームに匹敵以上の面積が消失し手入るとも言われています。
火災発生時に従業員は500人ほどが作業していたようだが、男性2人が重軽傷を負ったと報じられている。倉庫は外壁に窓も無く消火活動として放水もとどかず難航を極めたようだ。建築基準をクリアーして立てられていたのだろうが、内部にはスポリンクラーや防火壁など何重にも防火対策が施されているからこそ、外壁に窓も無かったのではなかったのか?何度も爆発音も聞こえたといわれているが、倉庫にはいろいろな化学物質が使われた製品も多かったことだろう。
こんな倉庫が立地して雇用の場も出来ればありがたいと思うものだが、こうして事故が起きると取り返しのつかない負の課題となる。だから徹底的に安全が確保される施工・設備を徹底されていなければならない。事故を教訓に工場・倉庫などの建築基準を見直されたいものだ。
近所の住民や町全体不安な日々を過ごされていることだろう。お見舞い申し上げたい。
posted by 明比昭治 at 12:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

新風も期待する。西条市議会議員選挙結果出る。

定員30に対し32名が立候補の西条市議会議員選挙の結果が出た。新人女性の黒川理恵子さんが第3位の高得票を得て当選、女性議員が4名となる。私は初当選が27歳で最年少記録(合併前の西条市)を今日まで続けていたと思うが、今回25歳の佐々木みつるさんも第7位の得票で上位当選を勝ち取られ、おそらくや今後とも最年少記録となることと思われます。何が何でも当選し西条市のために役立ちたいんだ!という勇気あるパフォーマンスにも共感を得たのでしょう。この姿勢をこれからも持ち続け市議会に新風を他の新人議員さんと共にふかしてもらいたいものだ。ただし、なんでも在りという訳ではない、議会には議会としての秩序を保つ民主的「良識の府」であらねばならない。
わが自民党会派(自民クラブ)の皆さんも健闘し、全員が当選の栄誉を得た。合併前からの議員が大半で、議会では長老組みが多いが、是非若手を指導し政策勉強に引き込み、活力ある議会となるよう頑張って欲しい。
投票率が56.26%と、前回より7.90ポイント低下し、過去最低となったが、市政や選挙への関心を皆さんに持って頂けるよう、努力もかたむけなければなるまい。これからが大事だ。何はともあれ、新選良30名の皆さんのご健闘をたたえ、当選のお喜びを申し上ます。
posted by 明比昭治 at 13:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

今夜は西条市議会議員選挙の結果が出る。

2月12日から始まった西条市議会議員の選挙に立候補をされた皆さん1週間の選挙戦お疲れ様でした。定数30の議席を目指して32名に立候補、その6名が新人、2名が元職と少数激戦で、しかも10月末の市長選があり、市議会も1月10日まで開かれていたりと事前の準備や運動時間もあまりない状況で、限られた時間での選挙戦だったと拝察しますが、心おきなく取り組めたでしょうか?
そんなバタバタ感が市民からすれば見て取れ、市長が変わったところでもあり西条市の進む方向が今少し明確にも見えないこともあり、いわば争点がない選挙だったと思いますが、それぞれ市民に私はこのことを市政に反映させます、と志を訴えられたことと思います。今夜にはその訴えや候補者の姿勢に対する有権者の評価が出てきます。しかし、これで終わったのではなく、これから市民への約束をお返しする活動の始まりになるわけで、終わりのないマラソンのスタートです。頑張りましょう。
さて私は22日から愛媛県議会2月定例県議会が始まりますので、今年は最大の県を挙げての「愛媛国体・えひめ大会」事業を含め、当初予算を組むなど諸案件に取り組みます。27日には自民党会派を代表して、県政課題への取り組みを「代表質問」に立たせていただきます。しっかり知事と向かい合って愛媛の発展に尽くしたいと思います。
posted by 明比昭治 at 09:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月16日

衝撃の事件「金正男」(北朝鮮)氏暗殺される。

お互い日本人であり、護衛もつかないただの人で良かったと思いますねー。北朝鮮の国家や中国やその他の国からも保護?監視下にあった北朝鮮の「金正男」氏が、マレーシアの空港でヒットレディに毒をかけられ暗殺されたニュースが連日報じられている。
北朝鮮の首席の継承で長男ながら、弟の「金正恩」氏に地位を奪われ、弟からは邪魔者扱いされることになった結果の出来事なのだろう。とは言え唯一頼みの外交関係を持っている「中国」にしてみれば、「金正男」氏を守ることは人質を取っているようなもので、中国国内でまた、シンガポールやマレーシアなど(現地妻や子供もいたらしい)東南アジアで移動するときも、中国が護衛を付けて監視下に置いていたようだが、今回無防備な状況になっていたということは、ちょっとしたスキを突かれたということか?
北朝鮮の「金正恩」主席は、周りで守りの道具にできるカードを自ら切り捨てていっているようだが、周辺諸国がしっかり手を結んで、体制崩壊に追い込み、平和的に人民を救済する状況が早く出来ることが望まれる。それにしても危ない思想だ。
posted by 明比昭治 at 12:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月12日

西条市議会議員選挙が始まる。

今日から19日の投開票日まで、1週間の熱い戦いが始まった。定員30のところに32名の立候補者のようだ。どちらかといえば少数激戦といえるのかもしれない。元職が2名、新人が6名、現職が24名の内訳で、明日も届け出は受け付けられるがもうないと思われる。
西条市議選では議会内に自民党会派は結成されているものの、選挙の立候補の時に自民党を届けることをせず「無所属」で立候補することがこれまでも慣例である。私が支部長を務めている「自民党西条支部」の所属議員の現職は8名が立候補している。自民党員の新人は2名おり、当選の暁には自民党会派に加入することになるだろう。他にも新人で当選後は一緒に勉強させてほしいと意思を示している人もあり、何としてもこれらの人を当選させ、一緒に街づくりの原動力になってほしいと願っている。
自民党としては渡部県議が支部長の「東予周桑支部」も市議会では3名の現職が同じ会派を構成しており、他に1名が会派は別だが自民党員の議員が立候補されている。皆さん頑張って当選してほしい。
そして新しいスタートとしては、玉井市長を支える絶対多数として、西条市の発展・市民生活の向上ための施策に、積極的に取り組んでほしい。党勢拡張も大事なのだが、何より志を通じる同志が増えることを願う。そうすれば自民党支持と理解者がおのずと増えることとなり、安定した社会が形成できることになる。
政治屋になるのではなく政治家として市民の理解と支持を得て議席を持たせていただくのだ、皆さんにお願いしている「今の気持ち」を決して忘れることなく、頑張ってくれる議員を目指し最後まで力を緩めず戦って、当選を勝ち取って下さい。
posted by 明比昭治 at 18:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月09日

えひめ丸事故から16年。ハワイで17回忌慰霊式。

2001年2月10日午前8時45分(日本時間)毎年行われているアメリカ・ハワイ沖での遠洋航海の訓練で、宇和島水産高校の実習船「えひめ丸」がアメリカ原子力潜水艦「グリーンビル」の突然の浮上により衝突され沈没、実習生徒ら9人がなくなる事故が発生、愛媛のみならず国内いや世界に衝撃が伝えられ、悲しみに包まれたことだった。
事故後、遺体や船体の引き上げにアメリカ側も最大の努力を厳しい交渉(慣習の違いでアメリカでは引き上げなど考えられていない)の結果してもらえることとなった。また、ホノルル市内のカカアコ臨海公園内に「えひめ丸事故慰霊碑」を設置してくれ、現地日米協会では管理に携わっていただき、さらに現地の高校生が清掃のボランテァも続けてくれている、これらの縁にも触れ、愛媛県とハワイ州と友好協定も結ばれ、学生の交流やスポーツ交流などなど、深い絆で相互の交流が深まってきている。
今年は日本でいう犠牲者を慰霊する17回忌に当たり、中村知事(事故時の知事であり対応にご苦労頂いた加戸前知事も同行)や宇和島水産高校の在校生代表、議会をはじめ教育委員会など関係者、アメリカ側からも太平洋艦隊の幹部や、ホノルル市長なども出席いただいて「慰霊式」が行われる。悲しくも犠牲になられた諸霊のとこしえに安らかならんことをお祈りしたい。併せて未来に向けての平和友好の交流が深まることを願いたい。私もライオンズクラブを通じての友人交流が続いている。
posted by 明比昭治 at 09:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

各地で大火災気を付けましょう。

西予市でも10世帯が強風にあおられ全焼するという大火があった。全国各地でも強風にあおられて延焼の大火の報道ががあった。
被災された皆さんには心からお見舞いを申し上げます。西予市の火災では、昼間だったからか、お亡くなりになった方がなかったので胸をなでおろすものだが、お年寄り世帯がほとんどのようで、命からがらの事だっただろう。寒空の中焼け出され途方に暮れる心の上に身の寒さも堪えることと拝察します。どうか気丈に頑張って下さい。
昨年末にも糸魚川市で歴史もある街並みも失う大火に見舞われましたが、あの時も強風で飛び火し広範囲に火災が広まり市街地の全てを失うことになりました。焼け跡の残骸を見るにつけても、心が折れる思いがします。
西予市野村では昔大火があり、その災禍を乗り越えようと「おとい相撲」が始まったとも聞いていますが、この災禍も乗り越えて地域の再興・故郷保全に迎えるようにみんなで応援しようではありませんか。県行政の中でもケアをできる限り、市と連携して務めて頂くよう要請しています。ともかく火災では一瞬にすべてを失います、注意しましょう。
posted by 明比昭治 at 11:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

第3回「愛顔(えがお)感動ものがたり」

2月5日愛媛県民文化会館(ひめぎんホール)で、第3回目となる「愛顔感動ものがたり」の表彰式があった。『エピソード部門』には全国各地や8つの国や地域からも応募があり、過去最多の3,659作品。これを作曲家でもある「新井満」さん、愛媛出身若手俳人の「神野紗希」さん、「中村時広」知事の3人で最終審査し、「知事賞」「特別賞」「優秀賞」「入選」「佳作」と20作品が選ばれた。『写真部門』には、小学生・中学生・高校生・一般と審査が別けられて、本県出身の写真家「白川義員」さんが最終審査されたと聞くが、5,716作品もの応募があり、28作品が表彰された。
エピソード部門の特別賞など入賞作品は、「水樹奈々」さんや、「紺野美沙子」の朗読による紹介もあり、より感動を盛り上げる演出もあり、知事が涙を流す姿も見られ、会場内に感動を共有する空気が充満していた。
写真部門に小学生の応募があり部門表彰もあったのだが、本当に小学生が撮ったのかと驚かされる写真だった。「はいポーズ」でとられた写真も思いで残るが、何気の無い満身の迸る笑顔は最高だ。爽やかで心揺さぶられた表彰式だった。
posted by 明比昭治 at 09:29| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

節分・椿まつり

もう2月に入り節分を迎えた。節分というから季節を分け、冬から春への変わり目で明日が立春ということになる。節分としては立夏・立秋・立冬があるが、やはり春が1年の始まりであり代表的に節分として各種の行事や習わしが生まれたのだろうという。
行事としては各地で豆まきが行われているが、これも春の始まりの前の日を大晦日と捉えて厄払いの意味で始まったものだそうだ。厄払いといえば私たちの子供の頃は、玄関に鰯の頭を鬼のバラの木に(新芽はタラのとして食されている)つけたものが飾られていたものだが、最近はトンと見ることが無くなった。私のうちでもやっていない。そのかわり「恵方巻き」という海苔巻きを吉方の方を向いて丸かじりするというコンビニが作った節分風習が一般的に行われている。
春を呼ぶといえば「伊予路に春を呼ぶ」椿神社のお祭りが、今年は3・4・5日で行われるということで、今日が初日で賑わっていた。今年はちょっと早いが、今日は天候も良く比較的穏やかな日和で、春を呼び込み始めたようだ。だが例年ブルッと震うような寒さに見舞われることが多い。いずれにしても春は今年も駆け足でやってくるだろう。
続きを読む
posted by 明比昭治 at 12:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

命がけで子供の命を守る!

貴重な人の命を失い悲しいことではあるが、感銘のニュースに心揺さぶられた。島根県益田市で集団登校で横断歩道を渡っていた9人の児童の列に、飲酒運転と見られる軽トラックが突っ込み、ボランティアで通学を見守っていた三原ただみつ(73)が前進を強く打ち死亡した。児童の最後尾にいた小学3年の男子児童は、見原さんが押しのけ守ろうとしたようだが軽症ですんだ。
自らの命を犠牲にしたのだが、命を絶つまで子供たちの怪我を気遣っていたという。三原さんは33年前小学2年生だった次女を亡くし、悲劇を繰り返さないために、毎朝通学路に立ち、通学見守りに立ち、危険箇所を行政と掛け合ったり、終始「子供の命を守る」との強い思いで取り組む姿は周囲の人誰もが認めるところであったという。「言うは易し、行うは難し」なかなか人のために尽くすということは出来ることではない。
三原さんのご冥福をお祈りし、あわせてお遺徳を偲んで、社会に役立つ人のなるよう努めたいと思うものだ。
posted by 明比昭治 at 15:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする