2017年06月01日

政治主導か官僚主導か?

今治に開設される加計学園系列の獣医科学科の新設の決定経緯について、国会でいろいろ取りざたされているが、大学に設置の許認可を所管する文部科学省の前事務次官の前川氏が、本来守秘義務があることがらをメモがあったのなかったの、話があった無かったのとペラペラ記者会見し語られているが、これに対し政府や各省は取り合っていないので、いかにも不誠実で不明瞭のように国民に写っていること思う。
民進党などが国会で証人喚問されればこれにも応じたいとまで話すものだから、より安倍総理が逃げ腰のように写っている。
そもそも高度成長期のわが国の発展が、官僚任せになり大盤振る舞いでバブルがはじけ、この始末のために政治主導で問題解決をと時代が移ってきた。地方創生のために期成改革・構造改革、特区戦略と、国民だ求める改革に政治がしっかり立憲主義をわきまえて政権運用しているはずだ。この取り組みや審議の過程は公平を原則に扱われているのは当然だ。さも不正があったような偏見で議論するのは混乱を招くばかりだが、良識の府の良識と見識をしっかり守るようにしようではないか。マスコミの報道も含めて公平な目を大切にしよう。

posted by 明比昭治 at 12:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする