2017年06月08日

本谷温泉やっと営業再開。

レジオネラ菌の検出で4月末から営業を停止し、配管洗浄などを行い再検査を行い営業再開を待たれていた西条市の「本谷温泉」だが、6月9日より営業すると発表された。
何故だか本谷温泉で汚染が発覚後、市の関係する入浴施設のすべてを検査したところ、他に2施設で基準を超えるレジオネラ菌が検出され、この施設も現在休止中である。さらに加えて小松ハイウェイオアシスにある「椿交流館」でもレジオネラ菌が検出され、休館となっている。幸いどの施設においても体調異常を訴えている人はいないようだが、よくよく注意して検査をこまめに実施する必要があるだろう。失った信頼を取り戻すのは大変なエネルギーがいる。公に供するものはすべてに共通することだが・・・。
しかし、何故だかこのところのレジオネラ菌に関するニュ―スで、西条市の公共関連施設だけで検出が伝えられているのだが、どうしてなのか?理解に苦しむ疑問が残る。
posted by 明比昭治 at 08:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする