2017年09月28日

しがらみのない組織は砂上の楼閣、それは幻想。

小池百合子東京都知事が「希望の党」を立ち上げ、昨日趣旨に賛同する国会議員を従えて記者会見発表した。さすがテレビ界で育った経歴、センセーショナルにニュースとしてマスコミ報道にのせられ効果百倍となる仕掛けが上手だ。東京都知事へ打って出て、仮想に敵に挑む姿で小池劇場を幕開けし、以来常にマスコミに話題を次々起こさせて注目を得ている。
今度は総裁の椅子を獲る仕掛けに打って出た。「改革保守」「しがらみのない政治」何かやってくれそうな言葉だ。だけどじっくり考えると何をするのか何ができるのか全く分からない。矛盾ばかりだ。しがらみがなくて組織がは成り立たない。それを砂上の楼閣という。社会は共助・公助の精神がなければ守れない。しがらみもなく自分が中心の考えを「自分ファースト」の自己中心主義者」というのだ。そんな連中が集まってまた選挙でパフォーマンス、受けを狙ってやがて息が続かず消えてゆく。何度そんなコロコロ名前を変えてその場しのぎの政党を見てきたか。落とし穴に何度もはまらない賢い国民になろう。
posted by 明比昭治 at 09:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月27日

甘い言葉と色気に注意が必要。

今度は公明党の国会議員が情勢問題で辞任に追い込まれた。男性も女性もない、自民党も民進党も公明党もない、嘆かわしいかもしれませんが、人間だれしも欲の性には陥りやすいものなのです。襟を正し、常に自戒の心をもって臨むべきではありますが、そのことが全てと評価してしまうのも考え物でしょう。
「希望の党」が脚光を浴び、耳障りの良い政策を掲げ、台風を起こす勢いのようです。選挙の勝つための言葉で、その波に乗りたいばかりで集まった選挙の勝つためのパフォーマンス集団の、足元をしっかり見定めておきましょう。
この国の国柄をしっかり守り、国民のささやかながらも幸せを愚直に歴史を重ねて守り、前進させてきた「自民党」を評価するか、次の選挙の時には党名も変わっているようなにわか政党何を期待できるのか?よく考えてみようではありませんか?
税金を払っている主権者は私たち一人一人ですから。
posted by 明比昭治 at 08:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

安倍総理「国難突破」と、小池代表「希望の党」

昨日安倍総理が9月28日特別国会を召集し、冒頭に衆議院を解散すると発表した。選挙は10月10日告示22日投票となる。従って現在補欠選挙で準備中の愛媛3区を含め、3選挙区の補欠選挙は総選挙に包括されることになる。補欠選挙に取り組んでいた私たちはここで終わってもまた1年以内に選挙があると覚悟しながらだったが、この心配は収束しそうだ。
この解散の大義として安倍総理は「国難突破解散」と銘打って、人口減少対策に税金の使途の重点を置く考えと、ミサイルや原爆など北朝鮮の暴走を世界の国々と協調協力して対峙する毅然とした姿勢を国家として示す、の2点を国難に備える姿勢として国民の信を問いたいとし、選挙に有利ではなく厳しいことになろうが、国民の覚悟を求めたいと言外に示された。
一方、総理の発表に前に同日東京都知事の小池百合子氏は「希望の党」を立ち上げ自ら代表になると発表した。若狭・細野ら議員が自民党とも民主党とも離れて、東京都議会議員選挙で見せた「都民ファースト」の勢い流れを国政にもと徐々に賛同議員の流れもできつつあったところで、小池さんに油揚げをとられたようだ。先に都民ファーストの代表も小池知事の独裁で一夜にして変わったこともあるように、一貫性のない見せかけのその場しのぎのリーダーにこの国を任せられるだろうか?マスコミを利用して風を起こし台風となることができても、後に残る傷・爪後の修復は大変だ。中途半端に豊かで平和さゆえに本当の怖さ痛さが実感できないぬるま湯に私たちは浸かっているのだろう。これでいいのだろうか?と私は訴えたい。安倍総裁の覚悟を私は評価したい。来月アメリカのトランプ大統領が来日する予定だが、大統領から日本の覚悟を求められることになるとも私は予測する。
posted by 明比昭治 at 09:28| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

総選挙へ臨戦体制を。

どうも総選挙へ走り出した。わが自民党愛媛県連でも22日選対本部を立ち上げ、既に補欠選挙として準備中の第3選挙区公認には「白石ひろき」が稼働中だが、これは本選挙の総選挙に組み込まれ、第1選挙区では「塩崎恭久」、第2選挙区は「村上誠一郎」第4選挙区は「山本公一」のそれぞれ現職を継続して公認申請することとし、選挙対策本部も立ち上げた。予測されるように10月22日の投票ということになると今日から1ヶ月であり、まさにどたばたの選挙になる。しかもえひめでは9月30日から10月10日まで、「えひめ国体」開催中で、選挙当事者の世話人はもとより、役所の皆さんも、警察の皆さんも、マスコミの方も大変だ。文句を言う人も一杯いようがやるならやらねばならないのが国民の義務であり、責任・権利行使であろう、
先に予想を書いたのだが、どうも的中しそうだ。
posted by 明比昭治 at 12:39| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

いつもの激励に感謝!

恒例の西条名物「いもたき」を囲んでの『明比昭治後援会』の親睦会を今年も開催いただいた。進んで会費をご負担いただき、準備やらかたずけやら、お世話をいただいている皆さんには本当に感謝・感謝である。こんな結束がわが後援会の何よりの誇りである。
昨年は11月の西条市長選に向け「玉井敏久」さんを後援会として応援しようと、会員の意思も決まり一丸となって取り組まれ、「玉井市長誕生」の大きな力も発揮いただいた絆深い仲間たちである。今回も県政報告をさせていただいたが、その中で嘗ての県議としても同僚であった「白石とおる」衆議院議員の死去に伴い、10月10日〜22日で衆議院議員の補欠選挙に「白石ひろき」さんを公認候補として自民党は取り組み、その選挙区長として私が取り組んでいることを説明、みんな気持ちを通じ合って、応援しようと結束の意思を示され、必勝のガンバローコールでゲストとして参加いただいていた「白石ひろき」さんを励ましてくれた。
私の27歳の最年少で市議会議員に押し上げていただいた、若い人を育てるのが勇気ある人の行動であると、わが後援会は実践してきた強者ぞろいで頼もしいし、誇りある人・仲間たちだ。見返りは正々堂々みんなが理解できる正義感の行動への期待のみ。
posted by 明比昭治 at 18:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月18日

18号台風大きな被害なく通過。

昨日は日曜日で敬老会行事も組まれていたのだが、台風18号が通過する予測のため中止や延期、事故予防に行政も配慮に努めた。
結果先に私が願っていた通り、鹿児島・宮崎に上陸の後、高知の宿毛に再上陸したが、その後は石鎚山の壁で四国山脈の太平洋側を北上するコースを辿った。案の定お陰さまで雨風があったものの大きな被害なくわが地方を通過してくれた。他のところで被害があっても構わないと言う訳ではなく、各地で大きな被害を起こさないで通過してくれることを願うものだが・・。
だが雨量は多く、県内各地の河川で氾濫危険情報が出されていた。わが西条の加茂川でも増水のため避難指示が出された。私の見る限りでも近年にない水量であったが、海が満潮時間を迎えるまでに雨量が下がったために大事に至らなかった。また、加茂川の河床にたまっていた土砂を私は徹底して有効活用しながら河床を下げることに取り組んできた結果でもあろうと確信する。
これまでの被害経験から、各地で砂防工事や、排水路整備などにも取り組んできたことも効果を生んでいるものだ。コンクリートから人へと、公共事業を無駄のやり玉にされることもあったが、人の生活や命を守る安全対策を怠ってはならない。
posted by 明比昭治 at 12:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

台風と衆議院解散風に注意が・・。

台風18号が現在九州に接近午後には鹿児島に上陸その後の進路が気になるところだ。太平洋側を通過するコースだと石鎚山のおかげで瀬戸内側は被害が少なくてこれまでも終わったのだが、日本海側(山陽)を通ることになると雨風が強く大きな被害が予測されるので、注意と備えが必要だ。幸い昼間なので予報情報にみんな注意しよう。
また政界(国会)情勢にも嵐を呼ぶ目があり、いっそここで解散かとの空気が出来つつあるようで、目が離せなくなりつつある。わが愛媛3区では衆議院の補欠選挙が10月10日〜22日と決定されており、今準備に取り掛かっているところで、残りの日程を詰めているところだが、9月臨時国会を9月29日に召集、解散してこの補欠選挙と同時にとか、1週間遅れ(この場合は補選が無効となって解散本選挙となる)でとか、取りざたされている。
外交では北朝鮮への国連やアメリカと連携しての国の安全確保への対応問題。内政では民主党内の離党者続出などの乱れと小池新党の流れをくむ新党の結成の動きなどがあり、本来は憲法改正などを取り上げて解散を考えられていたのだが、ここ国難にどう取り組むのか国民の信を問う選挙になるのだろうか?自民党で育てられていながら大きくなれば親に反発する駄々っ子のような連中が、責任を取るつもりもなく言いたい放題(家庭でもそんな現象がみられる崩壊現象)・・こんな無秩序・無節操な国になって、国の安全どう守れるのだろう。みんな考えよう。
posted by 明比昭治 at 09:41| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月15日

ミサイル発射常態化?

今朝も北朝鮮のミサイルが発射された。朝7時前頃だったがテレビで東日本から北海道でJアラートが発せられた報道があった。家の中か低い所へ避難をと呼びかけれれていたのだが、そういわれてもどうしようもないよ!というのが本音だ。
今年に入ってこれまで何発発射されたのか、先には水爆実験もあり、国連でも北朝鮮への制裁決議を行い国力を兵糧攻めで無くさせようとしているのだが、どこまで効き目があるのか?裏でこっそり取引したり、人道支援名目でいい顔しようとする国もあるのだから徹底できるはずもない。北朝鮮としてももういまさら後へ引けず核爆弾で駄々をこね脅し続けるしか道はないだろう。
最も無防備で標的にするのは「日本」が北朝鮮には最も効果的な方法ではないだろうか?我が国の安全を守るためにもっともっと真剣に国民全体で考えなければならない。お話しましょで通じる相手ではないことを覚悟すべきだ。最も非人道的な拉致問題を認めながら解決させようと未だにしない国だから・・・。
posted by 明比昭治 at 19:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

政治不信の元凶は?

連日週刊誌やテレビで政治家のスキャンダル報道が、面白おかしく捉えられるように報道され、もう政治家なんか信用なるものか!と思わせんばかりに報道されている。もちろん社会道徳や倫理に反することを正してゆく正義感は大切であるが、背景なども冷静な分析と判断があってほしいと思う。針小棒大にして本旨を曲げることの責任と重大性も考えねばならない。
そのことによって一部が全てのように見誤らせ、政治不信につなっがてゆくのだから・・・。
政党支持率などにも大きく影響し、いわゆる無党派層を生み出すし、時の風が影響したり、投票率が下ってしまう原因にもなっていよう。大切な民意が選挙では反映され、民主主義が守られるべきだが、自ら民主社会を放棄し、浮草のような国民思想を生み出してはいけない。また、選挙の際にそんなスキャンダル記事をコピーして配るなど、卑劣な手段にも使われ、市民が目をそむけたり、誤解が生じたりすることにもなり、低俗化させてはならない。自分の生活を守り、健全な社会を守るために、正しい知識と情報を求めるようにしよう。それには信じる友が必要で、信頼できるお互いの人間関係を大切にすることが基本だろう。

posted by 明比昭治 at 10:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

敬老会なぜ参加しないの?

今年も市内各校区などで、自治会・婦人会・社会福祉協議会など地域リーダーのお世話で「敬老会」が、土曜・日曜に開かれている
何故か小松地区は平日に行われている(丹原地区は5月に実施されている)。せっかくの機会でもありできる限りみんなでお祝いの意義を果たすため、1日に複数の会場を掛け持ちすることもあるが、伺うように心がけている。
年々100歳を超えた人の数が増えている。市では75歳以上を対象として1人3000円のお祝い金を出していたが、今年度より止めたようだ、総額では8000万円近くのようだ。それに米寿・卒寿・白寿は別に記念品が出されているのだが、これは継続されるようだ。市長は別の形で老人福利施策を考えたいと、取りやめの説明をしていたが、やはり直接交付が一番わかりやすいし公平感があるので、理解していただくのは難題だ。やめるのならあっさり財政の都合で直接給付は中止!の方が解りやすいだろう。これを配っていた地域の民生委員さんも大変な作業だったようだ。
だが、敬老会の会場の近くでもお年寄りが農作業をしたりして、せっかくみんなで集いをもって心休める交流をしようと企画計画しているのに、参加していない人も多いのだが(実際は参加率30%程度?)もっと参加をいただく呼びかけ配慮も考えてみたいものだ。ワシャ敬老会に呼ばれる年じゃない!と思っているのか?社会にお祝いなどしてもらっては申し訳ないと思っているのか?・・・
posted by 明比昭治 at 15:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

白石ひろき後援会事務所開き。

愛媛第3選挙区衆議院議員補欠選挙に自民党の公認も得て、立候補準備を進めている前議員の「白石とおる」さんの次男の「ひろき」さんの後援会事務所開きが、自民党県連会長以下役員や、新居浜・西条・四国中央の各市の市長と市議会議長、さらに後援会関係者など約500名余の支援者が集って行われた。
「ひろき」候補予定者は奥さんの「真有」さんも傍らに寄り添っての挨拶で、父親の政治理念であった「愛・夢・感動のまちづくり」を継承し、志半ばで逝去した父の背を見て育った生き方をゆるぎない覚悟で郷土のために働きたいと決意も述べられ、これからの選挙戦にむけて、新居浜の太鼓台を舁くようにみんなで力を合わせて頑張ろうと、同級生の皆さんの音頭で「ガンバロー」三唱でしめられた。勢いは必要だがコツコツとした積み上げが最も大切なことだ。みんな気を引き締めて新人らしくコツコツ誠実に!

posted by 明比昭治 at 18:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月07日

民進党も自民党も大変!週刊誌の暴露報道。

週刊誌による不倫や失言・政治資金疑惑の暴露報道が次々と暴かれている。社会浄化の役割を果たす正義漢との高潔な倫理観で記者の皆さんも記事にしていると思うが、ペンの力の偉大さをしっかりわきまえて、ペンの暴力にならないように、記者も読者も単純に一面ばかり見ないで、全体の背景などもしっかり見定めての評価をしたいものである。
勿論、開き直りで、記事の対象になった人を弁護するつもりもないが、全てに高潔な聖人君子などいないだろう。ことによればこの地域ではこんなことは日常当たり前のことが、ある地域では絶対に許されない事もあるだろう。
不倫報道の主役は男性かと思っていたのだが、いやはや今は女性が主役の扱いともなっている。平等に扱っているのだと言いたいのだろうか?自民党では参議院の「今井議員」、民進党では9月1日の党の代表戦の後、政調会長から幹事長に抜擢されようかとまさに党の顔になってきつつあった「山尾議員」、いずれも将来も嘱望された人材だったのだろうが、「アウト」の宣告をうけ、党のイメージダウンにならないように、これから目立たぬように、生きてゆかなければならないのだろう。いろいろな芽を摘み込みすぎ立派な大木を枯らせない「人間味と寛容の精神」を生かす社会としたいものだ。
続きを読む
posted by 明比昭治 at 14:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

朝夕めっきり

えひめ国体準備のため早め、しかも圧縮して開催した9月定例愛媛県議会が5日閉会した。圧縮したといっても議論もそこそこにと言う訳ではない。国会でも争点となっている今治への加計学園の誘致問題の成り行きと説明の明確化は等しく各会派・各議員が注視している。何もこのことが突出しているわけではなく、県も大学が認可され開学が決定の暁には今治市と連携して、事業費の一部負担をすることになるのだから、県民の納得のゆく説明が求められるのは当然だ。
各種災害への備えの問題も重要だが、北朝鮮・韓半島の動向も目が離せない。相次ぐミサイル発射や核実験など北朝鮮のやっていることは国力から考えても異常だ。予断は許せない状況とも言えよう。自衛隊松山駐屯地に迎撃ミサイル「パック3」が緊急配備もされているが、Jアラートで避難情報が流れても実際何処へ逃げたらよいのやら?暴発する前に抑えることを世界中で力を合わせ、平和と安全が守られる状況を創り出さなければならない!OOファースト「自分さえ助かればよい」では絶対に収まらない。
同僚県議の「渡部伸二」議員が8月31日急逝された。心よりお悔やみを申し上げ、ご冥福をお祈りする。本会議質問は今回なかったが、委員会での質問も備えていただろうに・・。そのことで松山選挙区では先の河野議員の欠員が併せ2となるので、補欠選挙が行われる。10月22日の愛媛第3選挙区衆議院議員補欠選挙と投票日が同日になるだろう。また忙しくなる用件が増えたが、頑張ろう!



続きを読む
posted by 明比昭治 at 10:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

久しぶりスカッとした日本代表サッカーの勝利。

連日の暑さ、北朝鮮のミサイル発射の話題、政治家のスキャンダルの話題、えひめ第3選挙区衆議院議員補欠選挙の準備と対応、9月定例県議会・・などなど打ち続く諸問題を見るにつけ、聞くにつけ、関わるにつけ、シャキッとスカッとしない毎日が続いているのだが、昨夜の日本代表のサッカーの試合はオーストラリアに2−0で勝ち、ブロック1位で通過を確実にして、来年のワールドカップへの出場権を得た。
サッカーファンにとってはスカッとした応援や観戦だった。オーストラリアのパスワークとスピードはさすがのものだったが、良く日本チームは研究していたのだろう。失点することなく、思い切ったゴール前での果敢な攻めで、見事に経験が薄い若手が2ゴールを決めた。
長友選手もフル出場で駆け回り、相手をかく乱、最後はゴール前への性格でスピードのあるパスを出してアシスト、ゴールに結びつけた。
やはり海外にも出かけて外国選手との試合経験を積む選手が増えたので、外国チームのサッカーと互角の動きやパスワークが日本代表にも臆するところが無くなった。頑張れ日本!
posted by 明比昭治 at 13:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする