2018年05月23日

地方議員の「なり手不足」深刻と。

高知県の過疎地大川村では、議員のなり手もなく議会の廃止も検討されたが、やはり地方自治制度上議会が存続とはなったようだが、5月22日に告示された宮崎県五ヶ瀬町議会の補欠選挙(被選挙数1)に立候補者が無く、来年4月の統一地方選挙まで欠員1の儘とするそうだ。同時に行われた町長選挙には現職以外に立候補はなく、4回連続無投票で現職が当選されたと報じられている。

現職議長も複数の若者や女性にも声をかけ打診したが、「仕事をやめられない」「家族の理解が得られない」などの理由で立候補を誇示されたという。議員報酬は月額18万8千円で県内最低のようだ。議会の公式日程で割ると1日当たりの費用弁償は多額のように見えるが、諸行事への参加、住民活動(陳情の機会)への参加、調査や研修活動など議員としての日常活動も多く、「政治活動費制度もない」「議員年金制度もない」交通費も交際費も全て自己負担だから、子育て世代などは生活費にも事欠くことになり、敬遠されるのだ。

外面は議員報酬は多そうに見えるものだが、活動すればするほど費用がかさみ、生活費を切り詰めるのが多くの議員の実態だ。議員活動として、車とガソリン代、事務所の電話や手紙などの通信費・コピーなど事務機事務用品の最低必要なものだけでも、月額最低10万円は町村議員さんでもかかるだろう。生活も成り立たないので議員になり手がなくなるのは現実問題だ。議員が内の事情を言い訳がましく説明もあまりされないと思うがそこのところをみんなで理解しあって、議員活動のできる環境づくりを考えようではありませんか。住民の声を反映させる代議員として議会制度を守ることは民主主義の大原則です。
posted by 明比昭治 at 17:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

ホールインワンを目撃!

5月19日午前10時30分頃、滝の宮カントリークラブ「石鎚」コース1番ホール(158ヤードパー3)で、『山本秀富』さん(69)がホールインワンをした。この日は13組49名の参加で「明比昭治後援会親睦コンペ」を実施していたのだが、その組参加者で、パートナーは「伊藤剛吉」「西村孝志」「大棟眞二」さんの4名で石鎚コースでは3組目のスタートで、私は次の組のスタートで準備し待っていて、前の組の彼らのショットを見ていたものであるが、山本さんのショットを見詰めていて目を疑ってしまった。スリーバウンド位して転がっていた玉がピンのところで消えてしまったのである。何とホールインワンだ。滅多に遭遇できないことを見てしまった。後の表彰式で花束と、ゴルフバックを特別賞として贈らせてもらった。3日ほど前の天気予報では雨の予報だったものだが、前日の雨の上がり午後には日差しも出るような爽やかな天候の中で、参加者和気あいあいでのコンペが実施でき有難い記憶に深く刻まれたコンペとなった。後日また記念コンペも開催されることだろう。
さらに、20日は「明比昭治後援会」第19回目で今回は『小豆島』への愛媛バスで2台86名の参加者で研修旅行を実施、日本3大渓谷と言われる「寒霞渓」をロープウェイで空中散歩も楽しめ、楽しい日を過ごすことが出来た。素晴らしい仲間たちとの交流で有難い時間が過ごせ嬉しい。
posted by 明比昭治 at 09:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

スポーツにはルールがある。

日本ではメジャーでないがアメリカンフットボール。大学チームの試合が良く取り上げられ東の有名校は日本大学、西の有名校は関西学院大学だが、5月6日に行われた定期戦で、ボールが動いてないときに無防備な相手選手にタックルをかけるという反則行為があったのをテレビニュースで見たが、背筋が寒くなった。何の抱えも意識もない処へ後ろから体重が100キロもある人が猛スピードで突進したら大怪我は必至である。
アメフトではボールに関係なくともパスが来ると想定される選手にタックルをかけることはルールにあるのでよく見られるが、それは全員ボールや人の動きに集中しているから、防御の体制や心構えはできており、怪我をすることはめったにない。
今回の行為は監督が指示もだした意図的な行為とのことで大きな話題ともなっている。ともかくスポーツでも社会行動でもルール無視は絶対に許されない。国会での混乱が一般社会にも反映されているのか?眼をそむけたくニュースも多く気になる。
東京オリンピックの開会式入場券28万8千円!陸上競技が10万8千円、パラリンピックの開会式14万4100円。などの案が出ているそうだ。一生に一度の経験にと思ってもなかなか手が出しにくいが・・・。バブルを呼ぶか?
posted by 明比昭治 at 10:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

迷惑メールの多いこと。

振り込め詐欺が益々巧妙で多発し、被害が増えているという。市役所が広報車を出して注意も呼びかけているし、テレビでも喚起しているが、やっぱりつい騙されるのだろう。私の体験でいうと、自宅に電話がかかるが、発信元ナンバーを見てみると外国からの電話もあったりする。ついつい珍しさは冷やかし半分でも話に乗って情報を教えると、次から次へと色々な手練手口で電話がかかることになるようだ。
また、パソコンでもインターネットを通じ、勝手に情報を送り込んでつい開いてみるとこちらの情報を提供することに繋がるようだ。さらに直接的には訳の分からない請求書を送りつけてくる。これを開いてみると了解したように次から次へと請求や要求が押し付けられてくるのだろう。
素人では対処ができない。まず、無視することが一番と思うが、万一引っかかったら警察や市役所などの相談することにしてください。コンピューターを購入したところでメンテナンスをしていただいている技術屋さんもあると思われるので、絶対に自分で相手につけ込まれる情報を与えず、深みに入らないように早く縁を切る措置を講じることでしょう。便利さの裏には油断も隙も無い落とし穴を企んでいる魔手が潜んでいることを忘れなく!
続きを読む
posted by 明比昭治 at 17:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

納得できる落としどころは?

連日の国会での最大の焦点は加計学園の岡山文理大学今治キャンパス獣医師学部の開設問題で、もう1年以上前からいろいろ取りざた議論されながらも、4月には新入生も入学し開校しているのに、未だに開設に至るまでのやり取りで、汚職などの犯罪行為があったわけでもないが、ああ言ったこう言ったの話で足踏みしている状況だが、当事者として学生の側で見てみると、水を浴びせられている状態で本当に迷惑なことだろう。地元(今治・愛媛)にしてみても、若者が来てくれた。学術的に地域への影響や貢献も期待している。などなど期待し相当の財政負担支援もして誘致して後戻りのできる話ではないのに、本当に困ったことだ。大山鳴動・・・・の故事に例えるのもおかしいが、政治家や役人の言葉による政争の具にされているばかりと思えてならない。国家戦略特区で取り組まれた岩盤規制の改革が、日本にとって必要なことだったのか、そうでないのか・・・そこのお応えを求めるではないのか、そこでおのずと決着できる判断が下せるだろう。
その他の案件でもそのような基本や根本から逸脱したような議論が最近目についてならない。冷静にみて冷静な判断をしようではないか!

posted by 明比昭治 at 10:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

丹原地区の敬老会始まる。

例年のことだが西条市の丹原地区では敬老会を5月に開催している。その理由は丹原地区は柿の特産地で秋は収穫期で猫の手も借りたいほどの繁忙期ということで、出席者が少なくなることに配慮してのことのようだ。今日は「田滝地区」11日は「徳田地区」17日は「田野地区」18日は「丹原地区」20日が「桜樹地区」と各小学校や公民館で開催される。私もできる限り出席しお祝いをしたい。
今日の「田滝地区」は小学校の存続が危ぶまれるほどだったのだが、地域の過疎化・存亡の砦は学校の存続と、みんなで知恵を絞って移住を受け入れたり、学校区制の枠を外して市内からの通学を認めたり取り組んでいるところだ。
今日は在校生7名全員で、アトラクションとして歌や一輪車の曲乗り、さらには敬老会招待者や来賓の私たちにまで「肩もみ」でスキンシップを図ってくれ、何よりのあったかい会だった。
ただ高齢化はさらに進んでおり、昨年よりも参加者が減っていたように思う。100歳以上も2名いらっしゃるとのことだったが、老々介護状態が増え、中々外出も儘ならない人が増えているのだろう。ここにも焦点を当てた何か手立てが必要かなと反省させられ、学ばされた次第だ。


posted by 明比昭治 at 18:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

目に青葉山ホトトギス初鰹。

いよいよ春のゴールデンウィークも終わり、今日から休み中に得たり、休ませた気力と体力を戻して活性化した英気で頑張ろう!
このゴールデンウィークの期間は天候にも恵まれむしろ暑いくらいの陽気で、私も久しぶりにハードな行事が無かったので精神的にゆっくり過ごせた。ウォーキングの時間もかなり取れたので、あちらこちらに散策にも行けたが、まさしく「目に青葉」でやさしい日差しの中落ち着けた。足元を見ても見上げてみても色々な草花が、和みの色合いを添えていて安らぎを与えてくれた。
久しぶりに最後の日程としてライオンズクラブのゴルフコンペにも参加したのだが、ゴルフ場の芝生の緑も楽しめ何より森の木々の間から聞こえてくる鳥のさえずりが、心地よく耳にも心にも入ってきた。スコアは問題ではなく、元気でスポーツできること、ゆったりした環境の中で友と楽しめる時間が有難い。
例年春のゴールデンウィークの遠出としては、西条から「寒風山トンネル」をこえて、伊野町へ出て紙のこいのぼりを楽しみ「鰹のたたき」を食べに行くのを恒例にしている。素朴ながら本当に初鰹はおいしい。今年は野市の動物園に窓たちが行こうとのことで行ったのだが、その手前に「アクトランド」(技研が開設してる)があり、そこに入って見ると子供たちに発想力を高めるような、アート展示物や遊具が一杯あり、危険な要素もあるが「自己責任で利用して下さい」と無料で利用できるようになっていた。明治維新150年だが高知人の気質を見させていただいたような気持ちになった。(竜馬記念館とかクラシックカーの展示とか、建物の中には有料で観覧する施設がある。)明治維新から150年だが、高知人の気質を見せられたような気がして、チマチマしたことでガタガタを繰り返している今の世相が恥ずかしく見えた。

posted by 明比昭治 at 11:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

33年ぶりの御開帳「観音さん」

今日西条で通称「お観音さん」と呼ばれている、一本の木から広がっている藤棚の大きいのでも有名な、上喜多川の「禎祥寺」(臨済宗東福寺派)で、33年ぶりのご本尊の「観音像」の御開帳式が厳かに行われた。33年前というから前回は昭和60年のことだったようだが、その時は市議会議員を務めてはいたが、地域に強力な議員さんがいたためか、招待されなかったので、当時のご開帳の様子はわからないのだが、今日は市長と共に観光協会会長・商工会議所会頭の4名が来賓で参列させていただいた。導師に脇僧が5名で大般若経を繰りながら、鐘太鼓で普段の葬儀や法事とは違った儀式も見られ有難かった。天候もよく大勢の参拝者で賑わった。余興では大道芸があったり、餅撒きがあったり大人も子供も喜び賑やかだった。この次の御開帳の時にはもう参列できないだろうが、この観音さんは願い事をよく聞いてくれるのだそうなので、今の世相の自己中心でむしろ他を非難に明け暮れるするような状況を早く脱し、皆での助け合い支え合いたたえ合いの心の回復する世相になるようお祈りした。
このお寺の維持には境内の藤棚の管理、豊臣の四国征伐の戦(天正の戦乱)兵士を弔う、8月17日の花火など、地域自治会の方々の大変な努力が引き継がれており、地域の協力体制には敬意を表するものです。西条市の発展・関係者の益々のご隆昌も祈りしました。

posted by 明比昭治 at 16:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月01日

交流センターの風呂で老人2人死亡。

4月30日西条市の「西部交流センター」の風呂で市内の老人利用者2人が亡くなった。昨年はレジオネラ菌の検出が有り利用停止の事故もあったが、市内のお年寄りや各種団体が研修や趣味の交流などで利用や、浴室もあるので長時間くつろげる施設として利用者が多い。
原因はまだわからないが、他にも利用者があったようだが、2人が一度に亡くなる事故は想像もつきにくいのだが、今後の運営(他施設でも)の参考にすべき問題なので真相を明らかにし、今後に生かされたい。ともかく何より亡くなった方のご冥福をお祈りします。
また、昨夜は近所の友人宅が家族が外出し留守の間に火災が発生、全焼したという知らせも聞いた。留守の為けが人もなく、ご近所への類延焼もなかったらしく、一安心だが、心からお見舞いを申し上げたい。火事は一瞬にして全財産を奪い去るので悲しい。お互い最善の防止の注意を払っておこう。
今日から新緑もまぶしい5月となった。江戸っ子は「五月の鯉の吹き流し」とさっぱりとした気質の表現の言い回しが有りますが、ゴタゴタ続きの世相をはやくすっきりさせるようにみんなで改善しよう。
posted by 明比昭治 at 13:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする