2018年07月03日

日本サッカーの進化実感。

ロシアで開催中のサッカーワールドカップ決勝トーナメントの16チームに勝ち残っていた「日本」チーム7月3日の日本では朝3時半からだったが、世界ランキング第3位で予選を最多得点で勝ち上がってきた「ベルギー」と対戦、前半は0−0、後半に入って4分日本がゴールを決め、さらに5分後に2点目をゴール、これはいけるぞ!と沸き立ったのだが、その後ベルギーは長身で攻撃力のある選手を2人交代投入、2ゴールを決められ同点に追いつかれてしまった。頑張れば勝てるぞ!最悪PK戦まで持ち込めるぞ!と期待したのだが、4分のアディショナルタイムが表示され日本が押し込みコーナーキックとなり本田のキックをキーパーが直接キャッチ、ここからベルギーが速攻のカウンター攻撃、とうとうゴールを決められ3−2の逆転となり、ゲームセット敗戦となった。
なかなか世界の壁は厚いが、日本のサッカーの個人技・責め方もこれまでとは格段の力が上がってきたことが感じられこれからは、国際水準で戦える力がついたなと思う。ヨ−ロッパをはじめ世界のプロチームに多くに日本の若い選手も進出し頑張っているのが、効果を上げているのだろう。
西条・愛媛出身の『長友祐都』選手も大活躍だった。走力・ボールのコントロール力・パスの正確さ。特にサイドから切り込みセンターリングには見事なものがあり世界でも認められる実力が証明された。非常にうれしい。お疲れさんでした。そして感動を有難う。
posted by 明比昭治 at 12:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする