2018年11月05日

少年消防クラブ大会の発表に感動!

連日の好天で爽やかな毎日が続いています。ミカンや柿も色好き収穫の最盛期も迎えています。野山の紅葉の色づきも日に日に色づいています。
連日色々な行事も続いているのですが、愛媛県スポーツ少年団の本部長・西条市のスポーツ少年団の本部長を務めているので、この土日は四国のリーダー研修会やら県大会やら市の大会やらで、副本部長とも手分けして開会式の挨拶や激励に奔走しました。
子供たちの元気な姿に接して、こちらも負けないようにと元気をもらっています。少子化もあり参加年齢が下がったり、男女の比率も女子の参加が増えたりで、指導の仕方も研鑽を重ねて子供たちとお一体になれるよう、また保護者とも同じ方向で活動の目的や成果を目指せるよう、皆さん頑張ってくれており、嬉しい限りだ。
わたしはこのように子供たちの育成活動に色々な取り組みをしているが、34年前に西条市で最初の「少年消防クラブ」を西条市立神戸小学校で立ち上げ今日もその活動が継続されている。旧西条でも活動発表会を年々実施していたのだが、合併した後も活動の発表会が継続されており、昨日新市で第14回の発表会があった。私は西条市で最初の設立者としてクラブ育成協議会の顧問を仰せつかり、毎年出席させていただいている。
昨日は「田滝小学校」(山間部で全校生徒7名の小規模校)の発表もあり、全自動の参加と消防団の方も加わって、地域一体となっての取り組みが紹介されたり、「壬生川小学校」(町中の中規模校)では、「ちびまる子」ちゃんの舞台劇風に工夫されたり、発表の仕方も楽しく日ごろの活動の様子が伺える内容と非常に進化がみられ楽しかった。時代が変われども次の時代を築いてくれる若者の育成に、みんなで責任もって取り組みましょう。
posted by 明比昭治 at 11:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする