2019年01月08日

やっと開催された自民えひめ県連改革会議。

もう1昨年になるのだが、私が自民党愛媛県連の幹事長を務めさせていただいていたのだが、慣例になっている議会の議長候補の選出にあたり、県連として過去に混乱・騒動もあった経験則から、30年も前から申し合わせで1年交代、当選回数と生年月日で年長者を選ぶのが一定の不文律のように守られ混乱なく運営されてきた(もちろん議会の代表者は議員全体で選び、本来は4年任期なのだが、人材も多いので円満な運営を考慮して、総意のもと愛媛では1年交代で申し合わせがある)のだが、党運営の最高決議機関である常任総務会で予定候補の決定を諮っている途中で、赤松議長から昨日会派届が提出されて受理していると、事前協議も報告もない話を持ち出し、会派分裂が起こった。その後も党としては常任総務会で内定候補を決定したのであるが、議会の本会議では多数派工作の結果、正副議長ともに自民党での内定候補が選ばれないという結果が今も続いている。
この混乱と先輩が苦労して築いてくれた円満な議会運営の為にとの不文律で、内定した候補を正式な職務に就かせることができなかったことの責任をとって私は、決められていた幹事長の職を辞しました。自身の政治信念として、仲間と共に地域や国の安定発展に取り組む政策集団「自民党」に所属することで、有権者から期待される課題解決にとりくめるのは、何より同志の仲間があってのことであり、その力を発揮できる基は、共助の精神や、組織の枠を遵守することは良識ある組織人として当然の努めだろう。この混乱収束を願い一般の党員は厳しく見つめ、早く正常化をとの多くの意見をいただいている。その声は議員個人の都合で党を混乱させるな!ということであり、分裂し複数の会派を認めることは党の活動の足を引っ張り合いすることであり、1党1会派であるべきとの声だ。
私は、昨年その党員の声も受け、党紀委員長として分裂の発起者・その後も党活動に協力評価できない議員の処分について、幹事長から審議を求められ党紀委員会を開き、やむなく3名を除名と委員会の総意で決定、その時の付帯事項として県議会での混乱回避の方策として1党1会派も提言していたものである。その後県連大会でもその提言を、幹事長も県連会長も重く受け止め「県連改革会議」を立ち上げ検討するとのことであったのだが、西日本豪雨被害対策など重要な対応案件などもあり、日程が取れず延び延びになっていたが、いよいよ春の党一地方選挙に臨むにあたってもこのことが議員の基本姿勢として問われることとして、1月7日やっと開催された。次の選挙でも議員活動を目指す議員は自民党として活動するなら当然同じ会派でと表明して臨んでほしい。これは私の見解です。同志の絆や節度がなくして組織は成り立たない。
posted by 明比昭治 at 10:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

新年ももう1週間が過ぎ・・。

毎日時間は止まらず進んでいる。2019年も明けてもう1週間を過ぎようとしている。今日は田舎での風習としていつから始まっているのかは知らないが、「お日待ち祭」が我が自治会で行われた。6日の夜から7日の朝の陽が出るのを皆で一杯などやりながら待つという正月の行事だ。天照皇大神が、天岩戸からお出ましになるのを待って祝うようなものなのだろう。正月休みで皆で明日からまた頑張ろうよ!と励まし合う娯楽だったのかもしれない。今は夜通しはできないが、御神輿・般若経箱を担いで家々に回って新年のお祓いを行い、お札もいただける。みんなでご近所平安の助け合いを確認し合える行事でもある。面倒くさい止めたら・・の意見のあるが、中身の多少の変動はあっても、本質は守り合って共助と感謝の心を育む機会としてこれから実施しなければならない大切な行事だ。
また7日は「7草がゆ」をいただく日です。「せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ」の野草薬草を食べ、邪気を払い、万病を除くとされている。昔からの正月料理だ。わが西条では8戸の農家がこの7草を、パック詰めにして関西の市場などに出荷し、生産量日本一だ。約60%以上の市場での占有率を持っているのではなかろうか?名物ブランド産品でもある。これも日本伝統の食文化をしっかり継承したいものだ。日本人で良かったと心に誇りが持てるように・・。
posted by 明比昭治 at 20:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月04日

気持ちを新たに。

昨年は「災」の年でした。今年は「改」の年としましょう。もちろんに御代替わりにより年号が改まることが、全てを誘引する大きな力になると思います。目に見えない気が誘引することもありますが、やはり自らの考え(思い)と行動を改めなければ変革は起こりません。この倫理観が基本ですが、やはり世の中をつくるのは政治と経済の力でしょう。私も直接政治(地方自治)に関わり、身の周りの生活の環境を整えることに取り組んでいますが、世界も国も地方も最近はあまりにも先を見ることを重視せず、目の前やむしろ過ぎたことにこだわり、批判や上げ足取りに終始してばかりしているように思えてなりません。大事な先読みを見失い、誤っては民衆は路頭に迷うばかりです。小手先でのまやかしに終始しては大きな付けを残すことになるでしょう。「先憂後楽」の心がけを肝に銘じるべきでしょう。次の世代を担う人材の育成も大切で、少子化対策と生きる力すなわち働く力を備えた人づくりが大切と思います。働く力と意欲がなく「外国人」に頼らなければならない国としてしまっては、国の成り立ちも崩れてしまいかねません。
融和も協調も大切ですが、自らを保ち律するポリシーを失ってはなりません。外国の人や資金(資本)に支配されることにしてはなりません。そんな国としての基本さえ見失っているかとも思える議論や有りようをもう一度しっかり見つめ、自立や自己の堅持力を改める必要があるでしょう。
私の新年の反省と決心です。
posted by 明比昭治 at 10:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月02日

穏やかな新年で何よりで

新年が身が引き締まるような冷たさはあるものの、昨日今日だ。2日はいろいろ行事も事始め、箱根大学駅伝のスタートを見て、長丁場も根気よく頑張る選手の姿を見て奮起、今年の4月の選挙に向け後援会の皆様に挨拶回りをスタートさせた。ご近所であっても日々に顔を合わすことも無く過ごしてきているが、変わらぬ笑顔で激励いただき有難いなーと、ほっと一息つき空を見上げると、青空の中に太陽が輝き、温もりも送ってくれる。
社会の中で自分が皆さんにお役に立って、住みよい地域を創るために頑張ろうとの志を立て、44年前、27歳のときから皆さんとの顔つなぎの日々を繰り返してきたのだが、今も変わらず温かいエールを送ってくれる皆さんには、本当に感謝しかない。
いろいろ言葉や知識・技術的な政策のことも選挙では大事だけれども、何より基本は人と人との心の通う信頼を如何につくり守ってゆくかだと思う。その上に立って如何に皆さんも望む、地域課題を解決に向け取り組み実現してゆくかが大切と肝の銘じて、これからも頑張ってゆきたい。
無理なことは無理とはっきり答えながらも、出来ない結果を先に見つけるのではなく、どうすればできるかを努力してもできない答えとならざるを得ない説明し理解をもらうようにも務めているが、いろいろな相談にうまくのれたことや、政策実現も数多く取り組めたことは、私の心の財産でもある。このことを大切に、日々これからも頑張り、4月の目標点へ毎日頑張る決意と実行の初め再確認をする日とした。
posted by 明比昭治 at 17:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

平成31年明けましておめでとうございます。夜中から大忙し。

除夜から元日の昼まで、好天候で非常に穏やかな平成31年の元旦を迎えた。ただ午後からは曇り空となり寒さも厳しく感じられる。
除夜から元旦の歳旦祭、今年は石鎚神社口宮(本社)に初めてお参りさせていただいた。11時40分頃に神社に行くともう5列で100M位の長蛇の列ができていた。祭典の途中に気が付いた、午前0時のカウントダウンで社殿の御扉が開かれるのを待っていたのだ。除夜祭から御扉が開かれまさしく新年の歳旦祭が催行されるのだ。この神社で最も神聖な儀式は「聖水」の献上だった。命の源として水の恵みを守り与えてくれている御神前に奉献式があった。そこで新年の祝辞をさせて頂く有難いご配慮もいただいた
〈。次は5時から実践倫理宏正会の「元朝式」に出席、上廣哲治会長の「年頭之辞」で、我も人もの幸せに導く「愛和共生」の心得を拝聴した後、私に万歳三唱の御指名をいただく有難い心配りを頂いた。
次に西条の氏神「伊曽乃神社」の歳旦祭に6時から出席、御祭神の「天照皇大神」が天の岩戸からお出まし頂いた故事に倣い、日の出・日の入りの時刻に神事を行うこととなっている、神社の歴史の継承により、夜明け前の一番寒い風の吹きこむ本殿で霊気を吹き込んでいただいた。ここでも祝辞のご配慮をいただいた。今年は御代替わりがあるが、今上陛下から先の愛媛国体で御来県の際に幣帛をいただいたり、現在の皇太子さまは神社にお越しもいただいたこともあり、ことに他皇室に覚えをいただいている神社の氏子として誇らしく、御代替わりに伴う慶祝の意をその節には示そうと呼びかけもさせて戴いた。(愛子内親王・悠仁内親王のご誕生の際に「だんじり」をだし、境内で万歳を皆で行った)
次に11時から同じく小学校区内にある「橘新宮神社」の歳旦祭に御参り、神社横に「砂防堰堤」を設けて災害防止策を講じ、このほど完成した報告が宮司からなされ、私に尽力いただいたと思わぬ参拝氏子への報告・紹介をいただく心配りを頂いた。
時間的には厳しく忙しかったがみなさまから温かいご配慮を、大神様のおかげで賜ったものと、感謝に堪えない正月の幕開けとなりました。
みなさま本年も宜しくお願いします。
posted by 明比昭治 at 14:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする