2019年03月30日

県議6期目へイザ出陣!

3月29日統一地方選挙の県議会議員選挙が告示された。私は今回6期目への出馬をさせて戴きました。思い返せばもう20年(5期)も務めさせてきたのだ。3期目までは合併前の西条市選挙区、4期目、5期目は合併により面積も人口も倍の選挙区に拡大された中で選挙に取り組み大変苦労する選挙だった。まだ今回になっても広い選挙区の隅々まで行き届かない選挙の運動状況だ。どの候補者もこの広い選挙区内に周知をする方法に苦労していることだろう。だから、盛り上がってしのぎを削るような厳しさもなく、盛り上がらないのだ。争点もないので盛り上がりがないともいわれるのだが、首長選挙なら政策争点が見えやすいが、そもそも議員選挙では争点など見つけられないのが当たり前で、30年・50年を見すえた地域づくりへの政策提言が主な活動目標として有権者に理解と支持をもらう運動になってくるのだろう。私はホームページに6期目に向けての政策提言を示し、街頭や集会で皆さんに呼び掛けて、選挙運動を後援会の皆さんと共に取り組む、従来の運動方針を変えないで頑張ってまいります。皆さんのご理解とご支援をよろしくお願いします。最も大切にしたのは有権者を裏切らず、共に信頼関係を大切にする、倫理観だけは不偏の姿勢で頑張ります。
posted by 明比昭治 at 20:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月21日

中学校内で擦傷事件

西条市内の中学校の2年生朝礼集会時に、男子生徒が同級生の後ろから刃物で頭を切りつけるという事件が20日発生した。学校でも市民の間でも衝撃が走った。詳しいことはまだわからないのだが、SNSトラブルで殺意をもって切り付けたというから、今後事件の背景の詳細解明が、今後の事件防止のためにも必要だろう。中学校の卒業式に先日参加したのだが、一時荒れる卒業式などと言われ、卒業式の日に学校の入り口で警察が待機するようなことあったが、もう最近はそんな気配もなくなって整然と粛々と行事に参加している状況だと思っていたのだが・・・。やはり子供達の内面には私たちの知れない状況があるのだろう。社会の発展に心の成長がついてゆけない状況でもあるのだろう。AI・ITCとインターネットの進展は人間の心の成長などよりはるかに早く進んでいるのだ。もう避けては通れない、心の成長をしっかり備える教育システムの取り組みが大切だろう。
posted by 明比昭治 at 21:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

今任期最後の定例県議会閉会。

第362回2月定例県議会が、一般会計・各種特別会計(計18事業)や条例改正などの議案54件、請願6件、議員提出議案2件を審議終了し閉会した。
今任期の最後の議会となり、充実感がありながらも議員活動において自民党会派が分裂し、同士の絆が崩れる事態になり半分の2年間はごたごたが続いたことには残念な思いがしている。いよいよこれから4月7日の選挙に向け、こんなゴタゴタでお互いの足を引っ張り合うようなことが、次の新しい任期には引きずらないで自民党の仲間と愛媛の課題解決に向け、県民の信頼に応えられる議会活動であり、議員活動として取り組めるよう、選挙に勝ち抜きたい。
ところで、今上陛下のご英断で御世代わりが来月行われるのだが、陛下におかれてはご即位30年のお勤めを戴いた。この間常に皇后陛下と共に国民に寄り添い日本国民の象徴として、平和を希求する姿は本当に有り難く、各種災害にも遭遇したが、その際に被災者を励まして頂くお姿には本当に労いのお心が滲み出ており、感銘すら覚えるお人柄が滲み出て敬服する次第だ。また愛媛国体をはじめ、ご来県いただき愛媛県民にもお力を戴いた。
そこで、愛媛県民の総意を現す気持ちを形にと、議員同士で発意し、記念植樹を行おうと、愛媛県議会の議事堂前に、議会終了後、県木「黒松」の記念植樹を行った。上皇となられても末永いご健康をお祈りしご長命を、仲間の議員や県民と共にお祈りする次第だ。

posted by 明比昭治 at 15:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

統一地方選県議会議員選挙まで1ケ月。

愛媛県議会議員選挙の投票日は4月7日だが、いよいよ1ケ月となった。県内13選挙区の内無投票の予想選挙区が5選挙区あるようだ。松山以東の選挙区は全て選挙となるが、昨年の豪雨災害に遭った南予は愛南町以外は無投票か?との様子のようだ。
立憲民主党が候補を出している選挙区が選挙となるようでもある。西条でも立候補が予定され、広報車が周っているようだが、なんだかわけのわからないような歌を流しているのだが、以前どこかの宗教団体の運動にも似たようなのがあったかなと思い出される。表現の自由もあり異を唱えるものでもないのだが、選挙に向けて色々あるんだなあと感心させられる。蛮からタイプの私にはとても真似ができない手法だ。
皆さんはどう受け止められるのか?
posted by 明比昭治 at 19:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

桜井よしこ(美しい日本の憲法をつくる国民の会)さんから「推薦状」

第19回統一地方選挙にあたり、「美しい日本の憲法をつくる国民の会」推薦候補者とすると、会の代表「櫻井よしこ」さん。同じく会の愛媛県民の会実行委員長
「加戸守行」さんの連名による『推薦状』を戴いた。
いよいよ4月7日の投票日まで1ヶ月となり、その他各種団体からも「推薦状」を戴いたりして、気持ちも徐々に入ってきたところだ。13日の県議会最終日までは当初予算31年度の事業計画の推進に対する質疑や提言で、議員としての職務を全うしなければならないが、いよいよ選挙戦に向けて活動を後援者と共に本格化させなければならない。現職として公務をこなしながらで、後援を戴いている皆さんには自らの責任で運動を戴いているわけで、本当にありがたい限りだ。
これからの活動の中で、市内各地を巡って各地の課題や、皆さんのご意見を伺えるので、それが政治活動の原点の課題となるので大事にし、各地を訪問したい。これまでの活動実績もこれらの選挙の機会に得た情報を生かして課題解決につなげることが多く生かされてきたものである。
皆さんせっかくの機会ですから、日頃思っていることを是非投げかくてください。どの候補者にもそれが大事な政治姿勢に繋がることでしょう。
なかには、その場その場で場の空気読みで凌ぐ輩も居ようかと思いますが、その人の足跡を見れば見抜けることでしょう。後世に憂いをもって今背筋を伸ばしてしっかり共に見つめましょう。

posted by 明比昭治 at 13:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする