2019年10月26日

西条高校同窓会「道前会」総会があった。

2年に1度開催されている西条高校のOB会「道前会」の総会が10月26日(土)西条市のベルフォーレであった。90歳になろうかという方から23歳の卒業生まで幅広く、東京・東海・近畿・岡山・広島・松山・今治と各地区で支部活動をされている代表の皆さんも含め約250名ほどの参加者で、活動報告や決算報告の後、記念講演(62回卒業生の真木太一さんが「75歳・心臓障害者の日本百名山・日本百高山単独行」と題して)、さらに東京音楽大学卒業でピア二スト「渡辺美月」(23)のクラシックピアノ演奏「ヘンデルシャコンヌト長調HWV.435」ほかの演奏等もありました。
私の同期卒業生の真鍋君が会長に就任しており、初めて総会を仕切るし、また同期の安永さんが女性副会長にも就任されており、同期生も多く出席し彼らを励まそうとの参加でもあった。
だが一寸と辛口の評価をさせて戴く。せっかく会長・副会長など人事の刷新もしたのだから、若い人の組織活性化の見える会の運営であってほしかった。何よりクラシックピアノ演奏が準備されているのに、宴会の準備でガヤガヤ素晴らしい演奏が全く会場に行き渡らない、演奏者に対して全く申し訳のない状況だった。こんなに秩序も品格もないような会では、次回にはもう行かなくてもいいか・・・となってしまうと私は危惧した。
同窓会ではどこもそうだろうが最後には校歌や応援歌の合唱で盛り上がるものだが、CDを作ってあるのに流さないで音頭をとるリーダーも決めてなくて適当にやってくださいのようなことで、盛り上がり半分の気分だった。やっぱり伝統ある西条高校の同窓会らしい運営をしっかりしてほしい。あえて同期が執行部の重責を持って運営しているので苦言を吐露する。別にいろいろ取り組まれたことが悪いわけではない。気遣いをして企画や計画してもらったことは十分わかるし、ご苦労さんと感謝もするものだが、過去の踏襲に頼らず新しい味を出し、次回は参加者の心に残る会となり、またみんなで誘い合わせて参加しようと盛り上がるよう配意し、取り組んでほしいのだ。
なお、渡辺美月さんのピアノコンサートは来る12月22日(日)マツヤマ楽器スタジオMで午後2時から全席自由の入場料1000円。2020年3月29日(日)午後2時から「西条市総合文化会館」入場料1000円で行われますので、是非じっくり聞いてあげてください。
また、私の同期性「妻鳥純子」さんの「ドイツ歌曲への誘い」も12月7日(土)午後7時より西条市総合文化会館で入場料2000円でありますので案内させていただきます。



posted by 明比昭治 at 20:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

天皇陛下御即位宣告。弥栄を念じ万歳・万歳・万歳

今日は宮中で天皇陛下「御即位正殿の儀」が国内外の皆様の祝福を受け行われた。陛下は上皇陛下のお心を引き継ぎ、日本国の憲法に定められた象徴として、国民に寄り添って国家の平安と世界平和のために尽くす決意を宣言された。
私たち西条市民の有志で奉祝の市民行事を実行しようと、今上陛下が昭和57年にお立ち寄りになられ、ご参拝もいただいたご縁の結びつきのある
「伊曽乃神社」に集い、陛下のお心に届けと祝賀の行事をさせて戴き、皇居に向かって参加者一同で「万歳を三唱」、加茂川までの約1KMを提灯をともし、「万歳万歳」と皆で祝意を表し、この灯が日本人の温かくやすらぎの心の灯として、平和で安定した社会の建設に明かりとなって、令和の新しい時代を切り開く道しるべになるようにとの、願いも込めて大勢の子供も含め、800人に余る人波で行列が組まれた。
実行委員長として何より、天皇晴れに恵まれにぎにぎしく実行できたことの安堵と心からの感謝を致すところです。明るい明日をみんなで協力して造りましょう。みんなで陛下と皇室の弥栄もお祈りしましょう。日本万歳・天皇陛下万歳・皇室並びに国民の弥栄万歳。
posted by 明比昭治 at 20:50| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月21日

ラグビーファン一挙にふえた。

ラグビーワールドカップが9月中旬から日本で開催されているが、予選リーグで日本チームが世界の強豪チーム相手に大善戦、4戦を全て勝利して、決勝リーグに進み、準々決勝トーナメントで南アフリカと20日夜対戦、敗戦となったもののこれまでの日本チームの団結力を高めるチームとしての取り組みにも応援するサポーター誰もの感動を与えたと評価されている。
ラグビーといえば猛者の集まりで、格闘技まがいの評価をこれまでされがちだったが、トライを目指して全員が一丸となって前に勇気をもって突進する姿が、いま開かれているワールドカップで多くのファンを引き付けた。日本代表チームにも外国人出身者が多いのだが、彼らそのものが日本代表としての心構えが、心底持たれている姿にも共感を呼んだものであろう。今や地球人として差別もなく、戦いが終われば敵も味方もなく讃えあうノーサイドの精神も、共感を呼ぶラグビー独特のスポーツ感にもみんな酔いしれものだろう。
誠意のベスト8に日本代表が残った。これからベスト4、決勝戦と熱い戦いが続けられるが、ますます盛り上がって応援熱も高まることだろう。
スポーツによる感動は何より爽やかで、心が豊かになる浄化剤だ。
posted by 明比昭治 at 13:37| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月17日

天皇陛下即位礼正殿の儀の後のパレード延期配慮される。

10月22日に予定の天皇陛下の「即位礼正殿の儀」は行うが、その後の祝賀パレードは20日ほど延期され、11月10日(日)に行う予定との発表があった。これは陛下が先の19号台風でも各地で甚大な被害があり、多くの死者行方不明者が出ていることの陛下が心を痛め、行方不明者の捜索などに、パレードの警備に多くの警察力使うことより、先に力を注いで欲しい!と陛下の心を配りに応えた結果のようだ。
本当に自分のことより国民の痛みに心を配られ、寄り添われる姿勢であり、この陛下のお心配りを国民一人一人がありがたく受け止め、私たちも陛下の御心に応えられる国民精神を発揮すべきであろう。誠に有り難い。
私たち西条でも市民有志で会を結成、市民の思いとして皆でご即位をお祝いしようと、奉祝行事を10月22日に合わせて実施する予定にしている。一部の人から実施するのか?延期するのか?と心配されて問い合わせをいただいていますが、役員でも協議の結果、22日に予定通り奉祝行事を実施すると決断しています。皇居のおいても22日「即位礼正殿の儀」や「饗宴の儀」は行われ、国内外の人からの祝福は陛下もお受けになられると決定されているので、問題ないものと思います。多くの警備にエネルギーを要するので、このエネルギーはとりあえず災害復興・復旧に向けようとの配慮である。私たちもお祝いと同時に「災害支援募金」も行えればと、行政とも協議しながら準備し、行事計画に追加をしたいと思っている。報道から判断しても広範囲の被災で大変である。義援金など支援の窓口の一本化をお願いしたい。
posted by 明比昭治 at 19:47| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月13日

台風19号記録的豪雨被害お見舞い申し上げます。

一都12県で豪雨災害危険情報が発令され、河川堤防の決壊、浸水、土砂崩れなどが広範囲に各地で被害が発生、多くの犠牲者を出して、被害も甚大に発生している。事前に気象庁や各方面から過去に経験のないような雨や、風の予報が注意喚起されてはいたものの、まさかとも思ったが予報通りで、予報を決して無視してはいけないことも実証された思いがする。
幸い我が地方では予想ほどの状況もなく、これから各地で秋祭りが始まるので、ほっと胸をなでおろしているところもあり、被害者の思いをおもんぱかると喜びも半分の思いがみんなしているところだろう。今日も明日から始まる西条での祭りの準備にみんなで取り組んでいたのですが、みんなで災害対策に準備や、避難の在り方、共助の在り方などの話題をみんなで話し合ったものです。
我が家も加茂川の堤防沿いにあり、河川の決壊が過去にはあり、被害の大変さを感覚的には実感できる。だから、河床の堆積土砂の撤去管理には私は人一倍に力を入れているのだ。みんなわが身は大丈夫と多可をくくらないで、最悪を想定しながら最善を考えよう。
被災された皆さんには心からお見舞い申し上げます。必ず明るい明日もやってきますから気丈に頑張ってください。
posted by 明比昭治 at 20:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月10日

でかしたぞ!同級生「ノーベル化学賞」

リチュームイオン電池の開発で、今年のノーベル化学賞を「吉野彰」(71)《旭化成名誉フェロー》さんが受賞決定された。IT時代を大きく進歩させる革命的技術として今やリチューム電池は欠かせない。スマホ・パソコン・あらゆる電気製品更には、自動車や航空機・人工衛星にまで使われ小型化・長寿命化などなど半導体技術と相まって時代を大きく変える技術革命である。さらに最も大切なことはこれから地球環境の保全のためIT革命以上に評価されることになるだろうとも評価されている。
昨日からテレビでニュースとして引っ張りだことなっているが、なんとも愛くるしい気さくな好々爺の感じで、私と同じ71歳同級生と思うとこちらもうれしくなって引き込まれてお祝いしたい。だが見たところちょっと頭の薄さや白髪のせいもあるが、私はあんなに年寄り臭くはないぞと、その点ではちょっと勝っているのかな・・などとつまらない俗人の感覚がわいてくるのも何とも言えない。失礼はお許し願いたいが頭の柔らかい人格がにじみ出るインタビューへの受け答えも大変な偉い人だが、なんとも言えない人柄で、まだこれからのエネルギーも強く感じる。これからも頑張って、スエーデンの女子グレンさんに叱られないように、地球環境を守るため大人の責任を果たせる技術開発にも頑張ってほしいものです。
旭化成の民間企業で研究を支える体制にもこれからも維持していただきたい。なぜか日本人ノーベル賞の受賞者は「東大」よりも「京大」が多いが研究に打ち込む支援体制や雰囲気に違いがあるのだろうか?余分な感想だが・・。いずれにせよ日本人の能力の素晴らしさのベースをしっかり守らなければならないでしょうね。
posted by 明比昭治 at 18:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月08日

慌ただしい中だった365回9月定例愛媛県議会も閉会。

愛媛県議会の第365回9月定例県議会は、9月13日から始まり、10月8日の今日閉会を迎えた。個人的な事情だが8月30日に県議会の日程の中で、自民党会派の中から一般質問に登壇をしてほしいと要請もあり、協議中に電話があり、兄が急に容体がおかしくなった、たまたま訪問診療に来てくれた医師が看取ってくれたが、老衰との診断で(行年90歳)、本人の希望どおり自宅で往生できたことは何よりだったかもしれないが、何の準備もできてなかったので、9月2日に藤沢の自宅で葬儀、10月6日に西条で49日の法要と納骨と、これにも末弟であるが、明比家を守る私がすべての面倒を見なければならないので、お寺や親族との連絡や調整にも時間がとられた。
こんな中、議会では一般質問に9月20日に登壇させていただき、先に書いた6つのテーマで取り組ませてもらった。9月30日、10月1日は県議会委員会があり、1日は委員会終了後、県スポーツ協会の常任委員として開催中の「茨木国体」の選手応援に3日夜帰りまで駆け廻った。
また、10月22日の、天皇陛下「即位礼正殿の儀」に際し、「西条市民でお祝の行事をしよう」と発起人となって、ちょうちん行列を実行すべく趣旨への協賛者を募り、実行委員会を結成、資金集めやチラシの作成など「実行委員長」として取り組ませていただくことも並行して取り組んでおり、とにかくいろいろバタバタの日程をこなす毎日である。間違いを起こさないように「落ち着いて着実に!」をモットーで取り組んでいるところだ。皆さんお世話になりありがとうございます。
posted by 明比昭治 at 13:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月01日

スポーツ真っ盛り

今日から10月に入ったが、9月末から正にスポーツ真っ盛りでテレビを賑わせている。大阪で「大阪なおみ」選手が優勝したテニスの大会。中東のドバイで開催されている世界陸上。ここでは暑さ対策で夜の時間にライトの明かりで競技がされているのもちょっと興味深くさせている。
国内では何といってもラグビーのワールドカップの開催だろう。普段はどちらかといえばルールもよく知らないので、限られたファンが応援するのだが、どの会場も何万人の人が応援に引き付けられている。そして、勝っても負けても試合が終わればノーサイドで讃えあう雰囲気にみんな酔いしれているようだ。また、ビールを飲みながらの観戦で、飲まれる量が他のスポーツ観戦とはけた違いに飲まれるそうで、よく酔っぱらって瓶や缶が飛ばないものだなとも思う。酔っぱらいの喧嘩沙汰にもよくならないものだ。紳士のスポーツと言われる所以なのだろう。日本も練習の成果をチームワークで発揮、世界1と言われるアイルランドにも勝つ快挙を上げ、今後ますます応援が楽しくなる。
また、バレーボールも女子。・男子のワールドカップ大会が開かれ、連日テレビで試合が続けられている。激しい接戦を連日続ける体力や精神力にも感動する。来年のオリンピックに向け正に、日本の若者の頑張りが楽しみだ。
今日はこれから茨木で開催されている国体の、愛媛県選手チームの応援に出かけてきます。愛媛国体のレガシーを継承させても欲しいものだ。
posted by 明比昭治 at 15:44| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする