2019年11月14日

「桜を観る会」来年は中止。

赤坂御苑や新宿御苑で開催され、政府の関与する園遊会で、天皇陛下以下皇室のお出ましをいただく「春の園遊会」「秋の園遊会」と、内閣府・総務省で総理や閣僚がご出席の「桜を観る会」があり、今議会で「桜を観る会」への招待者の選考や、規模が大きくなっていることで、安倍総理の関与に疑念がもたれ、疑念を払い透明性など見直すとのことで、来年の「桜を観る会」の開催を中止すると内閣府より発表された。
実施そのことについては、皇室や政府とのいわゆる国と国民の距離を近づけ、社会に貢献した方々へのせめてもの優しい心遣いとして、かしこまった形ではなく、こんな遊び心も込めた行事があってもいいのではないか。と国民も理解しこれまで開催されてきたもので、私も県議会議議長の時と、自民党県連幹事長の時、ご案内をいただき参加させていただいたことがある。大変光栄でもあり日常生活の励みにもなって有難かった。
是非今後とも開催を続けてほしい行事だ。ただ、今回「桜を観る会」で指摘がなされたように、安倍総理の突出した関係者の招待(参加者)はやはり国費で開催されている以上問われても仕方がない程度ものだろう。総理が直接指示はされていないものだろうが、周辺が思いを計って(所謂忖度か?)結果こうなっていたのだろうが、権力者のおごりを見せないようにチェックすることこそ周辺の良識ある者の誠意ある務めでなければならない。安倍総理政権が強力なリーダーシップを発揮しているがゆえに、その周辺の理性が欠けているのか?今回の件は安倍総理も地元(山口県)の支援者があまりのも多いとは気づいたはずだ。言い訳せず素直にチェックが甘かったことは認めるべきだろう。こんなことが国家(政権)の一大事ではなかろうと、開き直らず、中止を決断したのだからそれでよかろうと軽んじないで欲しいと思う。アリの一穴が堤防を崩すようなことにならないように。
posted by 明比昭治 at 18:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月10日

穏やかに天皇陛下ご即位祝賀行事が行われた。

祭日の夜は皇居前広場で天皇陛下のご即位をお祝いする「国民祭典」が行われ、全国から選ばれた祝賀の出し物・踊り、夕刻には各界の代表の祝辞やグループ「嵐」などによる記念曲の演奏や歌があり、両陛下も皇居入口の橋にお出ましになり、30分以上たったままで祝賀行事をお受けになり、本当に国民に寄り添って国民の幸せや平和を求められるお気持ちを込められたご挨拶もあった。雅子皇后からは目頭を熱くする姿も見られ、いろいろなご苦労も乗り越えてお勤めいただいているんだなあと拝察される。
また、本日の「祝賀御列の儀」は沿道に朝早くから多くの人が、一目両陛下のお顔を見てお喜びを分かち合おうと集まって、好天の中盛大に実施された。22日から延期されての実施であったが、すべてに結果良しとなったと思う。テレビでお祝いをした国民も等しく、心から両陛下へのお祝いをされているものと思う。戦争という厳しく悲しい時代も経て、天皇陛下や皇室にいろいろな思いを持たれた人々もあったが、この70年余ひたすらに国家・国民の象徴として、社会の平安と平和の維持に努めてこられている、上皇・上皇后両陛下のお姿、それを引き継いでの天皇・皇后両陛下
にいま国民は等しく敬意と尊敬の思いを持たれ、共に新しい時代を築いてゆこうと思いが共有される社会が築かれようとしていると思う。
平和社会の実現のためには、お互いを支え合い尊重し合うという姿こそが原点だ。よき国をみんなで造りましょう。
ところで西条市でも昨日今日は伝統の「産業祭」が行われ賑わっていた。やはり天候も清々しければ心も晴れ晴れする。
posted by 明比昭治 at 16:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月07日

スポーツ熱と年俸の熱。

スポーツの秋。来年のオリンピックもあるがワールドカップ・世界〇〇大会と、各種競技の大会が開催されテレビでの放送もこれらが取り上げられ、老いも若きも男女も問わずスポーツへの関心やファンが増えているように思う。オリンピックの中でもマラソンが東京ではなく札幌で開催されると、急にIOCが変更方針を打ち出し、小池東京都知事もこれにかみついたが、選手の健康という観点で「選手ファースト」で、着地点も見出した。こんなニュースもみんなの関心を大いに高めたものだ。ラグビーのワールドカップで盛り上がっていたところにこのオリンピックのニュースで「ワンチーム」で理解と協力の、着地点を引き出すことにつながったのか?「ワンチーム」は今年の流行語大賞の有力候補となるだろう。
ところでスポーツ選手の稼ぎも色々で、これまで野球選手の年俸や契約金、ゴルフ選手の賞金などが庶民感覚外でうらやましいと思っていたものだが、アメリカプロバスケットNBAの「ワシントン・ウィザーズ」に入団推定年俸450万ドル(約5億円)、さらには彼のスポンサー契約として新人ながら、ナイキ・NEC・カシオ・日清食品・ソフトバンク・三井住友銀行などなど新人ながら既に推定1000万ドル(約11億円)というからすごい・・・。サッカー選手も多額の契約金や年俸も得られており、体が資本のスポーツ選手の所得のこともうらやましいが関心を盛り上げる材料ともなっているようだ。人気やお金に溺れず子供たちにも夢を与えるスポーツの本領がみられる環境だけは守りながら、スポーツを振興しようではないか。
posted by 明比昭治 at 21:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

ラグビーワールドカップ「南アフリカ」優勝で閉幕。

9月中旬から初めて日本で開催されたラグビーワールドカップは、11月2日横浜で世界ランキング3位の「南アフリカ」と世界ランキング1位の「イングランド」の決勝戦が行われ、戦前の均衡した試合となるだろうとの大方の予想がはずれ、12−32の大差で南アフリカが3トライを含み優勝の勝利を収めた。残念ながらイングランドは1トライもあげることができなかった。スピード・スクラムでのパワーがやはり南アフリカが上回っていた。2007年にもこの両チームが決勝戦を争ったが、その時もやはり南アフリカが勝利を収め、南アフリカは3度目の優勝を果たした。
準々決勝で日本も南アフリカと対戦したが、精いっぱい戦ったものの、全く歯が立たないほどの差を見せつけられた。だが、日本としては前回は南アフリカに勝っていたのだ。だから今回しっぺ返しで挑まれたのだろう・・。だが、日本としてはベスト8に入る善戦を「ワンチーム」という合言葉をもとに結束して戦い、応援団も含めて日本中を一つの渦に巻き込み、ラグビーファンを創っていったことも大きな成果だろう。
準決勝ではニュージーランドの「オールブラックス」と「ウェールズ」が対戦、これも40−17の大差で「オールブラックス」が勝利を納め、国技として盛んなニュージーランドの面目も保ったようだ。
いずれにせよ来年のオリンピックを前に、ラグビーのワールドカップでスポーツへの関心を一層盛り上げた効果も大きなものが残されたと思う。
草食系男子よしっかりせよ、マッチョな肉食系に世の女性はメロメロになっているぞ!
posted by 明比昭治 at 21:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

西条市制施行記念日に4名市民表彰。

11月1日は「西条市」として平成の合併で2市(西条市・東予市)2町(小松町・丹原町)が大同合併し、新しい人口も11万人を超える「西条市」としてスタートし、16年目を迎える市制施行記念日で、恒例の市井で地域のために貢献戴いた人の表彰式もあり、「井下キヨ子」(民生児童委員・禎瑞)、「今井義親」(自治会長・桜樹)、「西山久智」(土地改良区・北条)、「日野重忠」(土地改良区・氷見)の4名に皆さんが『市民表彰』を受けられました。それぞれ長年にわたり役職に誠心誠意努められ、地域の信望も厚い人たちで、今後共のご健勝をお祈りし、お祝いするところです。
ところで、この式典ですが、以前は文化会館で挙行されていましたが、近年は市役所の5階の大会議室で開催されている。聞けば市役所の職員が文化会館での開催だと、移動などの必要や時間の問題もあり、市役所としたそうだ。なるほど会場には殆どが市の職員さんで、一般の方や各種行政関係団体の方も殆どいない。市議会議長・副議長は来賓で出席しているが、他の市議会議員さんの出席は今回は1名だったと思われる。
西条市の発足の原点いわば誕生日ですから、この日を起点に市政の原点にして、みんなの知恵を寄せ合おうとの協働や連帯意識を確認し合う機会としての行事であってほしいと、私は思います。例えいろいろな行事と重なろうと、西条市を思う人は最優先で参加いただける式となってほしいものである。市民憲章も印刷され、配布されていたが、せっかくですから朗読し、西条市づくりの目標を確かめ合うことも大いに必要な機会ではなかったでしょうか?。また年寄りの愚痴を申し上げたが、市政においても社会環境の変化もあるが、合併後いろいろなひずみや課題が表面化しており、早く市民(国民)の相互理解と協力で、他人のせいにせず、自分も主体者となって、新しい明日に希望を見出せる社会づくりに、痛みもあっても協力し乗り越える必要がある時でしょう。今日は天候は晴れ晴れ爽やかで、今年1の美しい石鎚山も見られました。
posted by 明比昭治 at 12:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする