2019年11月28日

製造業国内回帰は望ましい。

最近の日本経済や国際情勢の変化へ企業が動き出したようだ。日本が25年ほど前にはGDP世界第2位に躍進した一方で、安い労働力を求めて新興国へ日本の製造業が進出、国内の空洞化が心配されていたのだが、まさしく3Kを嫌う風潮や若年労働者不足、逆に新興国の発展と、経済基盤の根幹を支える背景が大きく変化して、今や我が国のGDPは世界で25位よりも低下し、中国・インドにも追い越され、大きく水をあけられている。
国内経済を支えるため観光立国などにも取り組み、インバウンドの観光客は伸びている。そこで中国(外国人)からの来訪者が土産物として品質の良いメイドインジャパンを買い求める(化粧品・薬・など)物は、その品質保持・向上の上からも国内工場での製造が、一層の自動化なども取り入れながら、安心感を持たれ価格も保てる製品として安定発展ができる方策として、また外国の政情不安なども考慮したサプライチェーン対策としても、国内で誇れる製品づくりに取り組みが進められる傾向と言われている。安定した雇用と収入が保てる雇用形態にも、企業の社会的使命を追及してもらえるよう、私は大歓迎の方向と思う。
世界に貢献できる人格を持った日本人を育てるためにも、社会を維持するためにも足腰の強い社会基盤を再構築しなければならない。願わくば国内でのサプライチェーン対策として、自然災害も比較的の少ない四国や愛媛の立地も歓迎したいものだ。
posted by 明比昭治 at 12:56| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

子供にスマホ持たす?持たさない

大阪の小学校6年生(12)の女児が朝ご飯を一人で食べその後家族も気づかず外出、35歳の男と一緒に埼玉まで行き、6日間男の家で過ごし家に一緒にいた男と中学3年生(15)の女の子が寝ているすきを見て、朝10時ころに男の家を出て雨のそぼ降る中、靴も履かず靴下で20分ほど彷徨い交番に助けを求め、テレビでも連日報道されていた事件で、スマホが媒介となって事件に繋がっていることで、子供にスマホを持たすべきか?持たさざるべきか?スマホの利用の在り方など議論が広がっている。いつも何か事件を通して課題が取りざたされるのだが、いつの間にやら熱が冷めまた事件が繰り返されている。
自由や個人の尊厳は大人といわず子供といわず尊重し、大切にされなければならないが、やはり自由が尊厳されるためには社会的秩序が保たれるための規制が必要で、このことが両々相まって理解されてこそ平安が保てるのだ。これはまさしく倫理観ともいえるのだろう。
いま世の中全般に、この倫理観が薄れ、自分勝手な価値観を主張することが横行し、挙句には政治が悪い、行政が悪いと、他者に責任をすり替えて課題の本質を先送りしてうやむやにし、事件事故を繰り返すことになっていると思えてならない。
もちろん時代は進化し、価値観も倫理観も多少は尺度が違ってくるものだろうが、左右の中心軸を変えてはならないのだろう。
難しい話になったが、要するに親が大人が責任をもって健全な子供を育て、他人に迷惑をかければ罰に服さなければならんないことを管理する責任を果たせる社会環境を作ることだと思う。子供に心の響きが伝わらないSNSメールを親以外の人と使わせることは禁止させ、言葉で交信させるべきだろう。
国会でも「桜を観る会」の顛末追及も大事だが、明日の日本、世界の中で果たす日本の役割など、国民に日本の未来をしっかり共に支えてゆくための道筋をいかに築くかの議論を(地方議会でも同じだが)深められたいものだ。インテリジェンスを高めよう!


posted by 明比昭治 at 10:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月25日

第366回愛媛県議会定例会始まる。

11月25日から12月11日までの17日間の日程で、第366回愛媛県議会定例会が開催されます。今回の補正予算は7億7千万余で、主には人事院勧告に基ずく給与改定の原資です。政策的には関東が中心ではあるが、全国的に注目されている豚コレラ対策で県内の農場での防護柵の設置支援や、空港・港に防疫消毒マットの設置を行うなどの予算化もあります。補正後の予算規模は累計1兆51億7134万円となる。
一般質問は11月28・29・12月2・3日の4日間で12名の議員が登壇、各般の課題について活発な議論がなされるものと思います。私は先の9月議会で取り組んだので、今回は登壇がありません。
この議会では平成30年度の決算についても閉会中に委員会や・特別委員会で審議された結果が報告され評決も図られます。この20年間を振り返っても、人口が年々1万人近く減ったにもかかわらず、県の予算規模は構成の要因に変化はあるものの、一向に全体規模が縮小されることもなく、厳しい財源の中、減災・防災・長寿命化に加え、災害復旧にも積立金を崩して充てるなどしながらも、一方では借入金いわゆる起債を増やしてやりくりに苦労を重ねている状況だ(起債残高約1兆2千億円もある)。地方創世の活力を絶やすことなく、工夫を重ねて事業見直しもスクラップアンドビルドを重ね、20年後の先も見据えた見識で見つめてゆきたいものだ。言うは易し行うは難し、みんな努力の積み上げで取り組まれていることはよくわかるのだが、気持ちを緩めないで常に県民のためにいかに公的責任を果たすかの使命感を持っていたい。
posted by 明比昭治 at 13:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月24日

えひめさんさん物語閉幕

西条市・新居浜市・四国中央市の東予圏域の三市にスポットを当て、これまで瀬戸内しまなみ博、南予いやし博と合併後の地域活性化をめざすイベントを愛媛県がリードしながら取り組んできたのだが、モノづくりで地域経済力はあるものの、観光も視野に入れた地域資源の発掘や発信をと、今回の「さんさん物語」の取り組みとなった。3月末からスタートし7か月余各種の取り組みがあった。
専門的なアドバイザーも入って取り組むコアプログラムで西条では水に浮かぶアートや石鎚などでのキャンプやトレッキング、新居浜市では子供の職業への関心を広げる模擬体験学習、工場のアートや別子鉱山跡での音楽会、四国中央市では「DIYモノづくりにアウトドアを融合させたイベントなどなど。
既存の資源を発展させるチャレンジプログラムでは、各地から提案された100に余る取り組みを、プロの指導も受けながら取り組まれた。西条ではB-バイクで巡るサイクリングツアー(バイクショップOCHI)、新居浜ではヨットハーバーを生かしたクルージングの商品化(新居浜マリーナサービス)、四国中央では「水引結び検定と世界大会の実施」(伊予水引金封協同組合)の取り組みなどについて、閉会イベントの成果発表・やパネルディスカッションで報告や照会なされた。
この事業はいわばスタートに立つ取り組みであり、これからこの経験を自らの努力でどう活かし、地域の活性化や定住人口の増加に繋ぐことが何より大事だ。「東予アクティブライフの創造宣言」を中村愛媛県知事・玉井西条市長・石川新居浜市長・篠原四国中央市長で調印し、閉幕イベントを終えたが、これからの継続的取り組みに注意を払ってゆきたい。せっかくの芽を枯らせることのないように、みんなで育てようではありませんか。
posted by 明比昭治 at 18:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月22日

韓国が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)継続を決定。

韓国の文大統領が、北朝鮮に近づき双方のトップが38度線を越えて往来し会談する機会を演出するなどしながら、北との夢物語を描いているような感じられ、日本としては北朝鮮に対して制裁を実施しているのだが、韓国を通して機密が流れることを危惧しているところで、日本の態度に対して韓国の文大統領は自分の野望に立ちふさがる行動だとして、日米間の3国で韓半島や東アジアの平穏と安定を守るべく、朝鮮戦争後も同盟関係を密にしてきたところであるが、先ごろ韓国がこの同盟の肝であるところの軍事情報の包括保護協定を、11月23日の期限で更新しないと表明し、アメリカも含めて困ったものだと困惑していたのだが、期限を明日に控えて11月22日夕刻「継続」を決定した。
日本・アメリカともに東アジアの安定や北朝鮮の核開発・ミサイル開発を抑え込むためにも、これまでの自由主義同盟連携を崩してはならないと、説得してきたところであり、交渉に携わった方々のご苦労に敬意を表したい。韓国も共産・社会主義勢力圏に加われば、日本も安全保障上は非常に厳しい環境に置かれることになりかねないのだから、この同盟は大動脈だ。戦に争放棄し、軍備も備えが十分でない我が国の安全保障を維持できるのもこの同盟によるところが必須と思う。人の足元を見たような、行き当たり場当たりの交渉戦術ではなく、お互いの国民を安心して豊かな暮らしを守るための基本を揺るがすことのない同盟を何より守ることが政権指導者の責任だろう。

posted by 明比昭治 at 19:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

久しぶりにゴルフプレー

ここ2年程大怪我ではないが怪我をしたり、選挙があったり、ストレスのたまることも色々あり、体調が悪い日もあったりで、体力に無理をしないように自重していたのであるが、よくよく観察してみると、養生に気を遣うあまりに体力が落ち、逆に疲れやすくなったり、脚力に衰えを感じるようになっていることに気づいた。
やっぱり運動不足は体力のみならず気力まで落ちてくるように思え、まずはウォーキング・八堂山への散歩登山を復活させたのだが、ゴルフもやめたとどのコンペも参加を断っていたのだが、健康づくりのために再活動を決意、16日2年ぶりに西条商工会議所のグループコンペに参加させてもたった。
天候も最高で秋晴れ気温も暑からず寒からず最高、同伴の人も気遣ってくれたり、失敗に嫌味を見せることなく、スコアを気にして頑張っていたころと違って、まず健康にプレーすることに目的をもって自分も楽しめ嬉しかった。前半はいきなり11のスタートでスコアはどうなることやらと、同伴者に迷惑をと気にもしたのだが60で、後半はパー4のスタートで50で上がることができ、トータル110であがれた。2年以上クラブを握ることもなかったのだが、もう止めたとストレスになるようなこともなく終えられ、これから徐々に慣らして以前のように100位内では終えられるように楽しみ、できる限り歩いてゆったり気分で気力も体力も備わってくればと、気力が回復でき何よりだ。
何より10月22日に皇居での式典に虹が咲いてお祝いしてくれた魔力のお陰かも・・・。何とシルバー割引もしてもらえるんですね!有り難い。

posted by 明比昭治 at 09:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月14日

「桜を観る会」来年は中止。

赤坂御苑や新宿御苑で開催され、政府の関与する園遊会で、天皇陛下以下皇室のお出ましをいただく「春の園遊会」「秋の園遊会」と、内閣府・総務省で総理や閣僚がご出席の「桜を観る会」があり、今議会で「桜を観る会」への招待者の選考や、規模が大きくなっていることで、安倍総理の関与に疑念がもたれ、疑念を払い透明性など見直すとのことで、来年の「桜を観る会」の開催を中止すると内閣府より発表された。
実施そのことについては、皇室や政府とのいわゆる国と国民の距離を近づけ、社会に貢献した方々へのせめてもの優しい心遣いとして、かしこまった形ではなく、こんな遊び心も込めた行事があってもいいのではないか。と国民も理解しこれまで開催されてきたもので、私も県議会議議長の時と、自民党県連幹事長の時、ご案内をいただき参加させていただいたことがある。大変光栄でもあり日常生活の励みにもなって有難かった。
是非今後とも開催を続けてほしい行事だ。ただ、今回「桜を観る会」で指摘がなされたように、安倍総理の突出した関係者の招待(参加者)はやはり国費で開催されている以上問われても仕方がない程度ものだろう。総理が直接指示はされていないものだろうが、周辺が思いを計って(所謂忖度か?)結果こうなっていたのだろうが、権力者のおごりを見せないようにチェックすることこそ周辺の良識ある者の誠意ある務めでなければならない。安倍総理政権が強力なリーダーシップを発揮しているがゆえに、その周辺の理性が欠けているのか?今回の件は安倍総理も地元(山口県)の支援者があまりのも多いとは気づいたはずだ。言い訳せず素直にチェックが甘かったことは認めるべきだろう。こんなことが国家(政権)の一大事ではなかろうと、開き直らず、中止を決断したのだからそれでよかろうと軽んじないで欲しいと思う。アリの一穴が堤防を崩すようなことにならないように。
posted by 明比昭治 at 18:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月10日

穏やかに天皇陛下ご即位祝賀行事が行われた。

祭日の夜は皇居前広場で天皇陛下のご即位をお祝いする「国民祭典」が行われ、全国から選ばれた祝賀の出し物・踊り、夕刻には各界の代表の祝辞やグループ「嵐」などによる記念曲の演奏や歌があり、両陛下も皇居入口の橋にお出ましになり、30分以上たったままで祝賀行事をお受けになり、本当に国民に寄り添って国民の幸せや平和を求められるお気持ちを込められたご挨拶もあった。雅子皇后からは目頭を熱くする姿も見られ、いろいろなご苦労も乗り越えてお勤めいただいているんだなあと拝察される。
また、本日の「祝賀御列の儀」は沿道に朝早くから多くの人が、一目両陛下のお顔を見てお喜びを分かち合おうと集まって、好天の中盛大に実施された。22日から延期されての実施であったが、すべてに結果良しとなったと思う。テレビでお祝いをした国民も等しく、心から両陛下へのお祝いをされているものと思う。戦争という厳しく悲しい時代も経て、天皇陛下や皇室にいろいろな思いを持たれた人々もあったが、この70年余ひたすらに国家・国民の象徴として、社会の平安と平和の維持に努めてこられている、上皇・上皇后両陛下のお姿、それを引き継いでの天皇・皇后両陛下
にいま国民は等しく敬意と尊敬の思いを持たれ、共に新しい時代を築いてゆこうと思いが共有される社会が築かれようとしていると思う。
平和社会の実現のためには、お互いを支え合い尊重し合うという姿こそが原点だ。よき国をみんなで造りましょう。
ところで西条市でも昨日今日は伝統の「産業祭」が行われ賑わっていた。やはり天候も清々しければ心も晴れ晴れする。
posted by 明比昭治 at 16:35| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月07日

スポーツ熱と年俸の熱。

スポーツの秋。来年のオリンピックもあるがワールドカップ・世界〇〇大会と、各種競技の大会が開催されテレビでの放送もこれらが取り上げられ、老いも若きも男女も問わずスポーツへの関心やファンが増えているように思う。オリンピックの中でもマラソンが東京ではなく札幌で開催されると、急にIOCが変更方針を打ち出し、小池東京都知事もこれにかみついたが、選手の健康という観点で「選手ファースト」で、着地点も見出した。こんなニュースもみんなの関心を大いに高めたものだ。ラグビーのワールドカップで盛り上がっていたところにこのオリンピックのニュースで「ワンチーム」で理解と協力の、着地点を引き出すことにつながったのか?「ワンチーム」は今年の流行語大賞の有力候補となるだろう。
ところでスポーツ選手の稼ぎも色々で、これまで野球選手の年俸や契約金、ゴルフ選手の賞金などが庶民感覚外でうらやましいと思っていたものだが、アメリカプロバスケットNBAの「ワシントン・ウィザーズ」に入団推定年俸450万ドル(約5億円)、さらには彼のスポンサー契約として新人ながら、ナイキ・NEC・カシオ・日清食品・ソフトバンク・三井住友銀行などなど新人ながら既に推定1000万ドル(約11億円)というからすごい・・・。サッカー選手も多額の契約金や年俸も得られており、体が資本のスポーツ選手の所得のこともうらやましいが関心を盛り上げる材料ともなっているようだ。人気やお金に溺れず子供たちにも夢を与えるスポーツの本領がみられる環境だけは守りながら、スポーツを振興しようではないか。
posted by 明比昭治 at 21:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月02日

ラグビーワールドカップ「南アフリカ」優勝で閉幕。

9月中旬から初めて日本で開催されたラグビーワールドカップは、11月2日横浜で世界ランキング3位の「南アフリカ」と世界ランキング1位の「イングランド」の決勝戦が行われ、戦前の均衡した試合となるだろうとの大方の予想がはずれ、12−32の大差で南アフリカが3トライを含み優勝の勝利を収めた。残念ながらイングランドは1トライもあげることができなかった。スピード・スクラムでのパワーがやはり南アフリカが上回っていた。2007年にもこの両チームが決勝戦を争ったが、その時もやはり南アフリカが勝利を収め、南アフリカは3度目の優勝を果たした。
準々決勝で日本も南アフリカと対戦したが、精いっぱい戦ったものの、全く歯が立たないほどの差を見せつけられた。だが、日本としては前回は南アフリカに勝っていたのだ。だから今回しっぺ返しで挑まれたのだろう・・。だが、日本としてはベスト8に入る善戦を「ワンチーム」という合言葉をもとに結束して戦い、応援団も含めて日本中を一つの渦に巻き込み、ラグビーファンを創っていったことも大きな成果だろう。
準決勝ではニュージーランドの「オールブラックス」と「ウェールズ」が対戦、これも40−17の大差で「オールブラックス」が勝利を納め、国技として盛んなニュージーランドの面目も保ったようだ。
いずれにせよ来年のオリンピックを前に、ラグビーのワールドカップでスポーツへの関心を一層盛り上げた効果も大きなものが残されたと思う。
草食系男子よしっかりせよ、マッチョな肉食系に世の女性はメロメロになっているぞ!
posted by 明比昭治 at 21:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月01日

西条市制施行記念日に4名市民表彰。

11月1日は「西条市」として平成の合併で2市(西条市・東予市)2町(小松町・丹原町)が大同合併し、新しい人口も11万人を超える「西条市」としてスタートし、16年目を迎える市制施行記念日で、恒例の市井で地域のために貢献戴いた人の表彰式もあり、「井下キヨ子」(民生児童委員・禎瑞)、「今井義親」(自治会長・桜樹)、「西山久智」(土地改良区・北条)、「日野重忠」(土地改良区・氷見)の4名に皆さんが『市民表彰』を受けられました。それぞれ長年にわたり役職に誠心誠意努められ、地域の信望も厚い人たちで、今後共のご健勝をお祈りし、お祝いするところです。
ところで、この式典ですが、以前は文化会館で挙行されていましたが、近年は市役所の5階の大会議室で開催されている。聞けば市役所の職員が文化会館での開催だと、移動などの必要や時間の問題もあり、市役所としたそうだ。なるほど会場には殆どが市の職員さんで、一般の方や各種行政関係団体の方も殆どいない。市議会議長・副議長は来賓で出席しているが、他の市議会議員さんの出席は今回は1名だったと思われる。
西条市の発足の原点いわば誕生日ですから、この日を起点に市政の原点にして、みんなの知恵を寄せ合おうとの協働や連帯意識を確認し合う機会としての行事であってほしいと、私は思います。例えいろいろな行事と重なろうと、西条市を思う人は最優先で参加いただける式となってほしいものである。市民憲章も印刷され、配布されていたが、せっかくですから朗読し、西条市づくりの目標を確かめ合うことも大いに必要な機会ではなかったでしょうか?。また年寄りの愚痴を申し上げたが、市政においても社会環境の変化もあるが、合併後いろいろなひずみや課題が表面化しており、早く市民(国民)の相互理解と協力で、他人のせいにせず、自分も主体者となって、新しい明日に希望を見出せる社会づくりに、痛みもあっても協力し乗り越える必要がある時でしょう。今日は天候は晴れ晴れ爽やかで、今年1の美しい石鎚山も見られました。
posted by 明比昭治 at 12:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする