2019年12月31日

明るく新年を迎えよう!

いよいよ令和元年も最後の日となった。個人的には統一地方選挙があり、県議会議員として6期目を務めることに皆さんのご支持とご支援をいただいて当選させていただいた。市議会議員に27歳で当選させていたいて以来、地方・郷土の発展、特に若者が地元で働き、家庭を持ち、地域社会を守って行ける地域づくりにつながる施策をいろいろ提案もさせて戴きみんなで研究・実践しながら、常に未来を見据えて取り組み、全く後悔もなく歴史の一行にたりとも足跡を築けたと満足している。もう71歳にもなり高齢者の域になったので、次の志ある人にと考えるのだが、なかなか今の時代自分の目の前のことで手一杯なのか、いい素材の人は一杯いるのだが、選挙の洗礼を受けるという決断となると足踏みされる。一方ではアメリカのトランプ大統領だって72歳でまだまだと頑張っている。そんな人もいるのだと発破をかけられ、後ろ向きな姿勢や考えはご法度と頑張る毎日を過ごしている。最近の世情を観ていると特に我が国は理性も知性もそがれてしまっていると思えてならない。特に国会の状況を見ていると残念でならない。野次馬受けするパフォーマンス中心で活動され、これをマスコミが安易に報道するから、国民はもう政治などに期待もしない。こんなナショナリズムを失った国になってはならず、令和となって天皇陛下が宣明されたように、みんなで力を合わせて、国や国民の幸せを追求し、平和の維持に貢献しなければならない。唯一今年のラグビーワールドカップが日本で開催され、今年の世相を表すことばに「ワンチーム」が選ばれたが、この熱気を日常生活に取り入れたいものである。
100万人もの引きこもりの方がいるそうだ。国家社会にとって大切な人ばかりだ。自分の世界ばかりにこもっていないで、明るい太陽を見てみよう。道端の草や森を見てみよう。たとえ厳しい環境に遭っていても、精いっぱい芽を出し葉を伸ばししているよ。誰に指示されたわけでもないのにそんな息吹が緑豊かな町や環境を作っています。
新年近所の氏神様にお詣りし、鎮守の森の空気を一杯吸ってみよう。清々しい新年を迎えらるようお祈りします。来年もよろしく!

posted by 明比昭治 at 12:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月27日

自民党たたき「小泉進次郎」議員にも及ぶ。

週刊文春のバズーカ砲が「小泉進次郎」環境大臣に打ち込んでいる。将来の総理候補と持てはやされているのでお灸をとの意図があるのか?
この夏「滝川クリステル」さんとの結婚と、来春出産の予定の懐妊の発表で、小泉さんも身を固めて政治家としての幅も広げたと評価もあったのか環境大臣も安倍総理から指名され、期待の活動が始まったばかりだが、やっぱりスキャンダル記事はイメージダウンにつながる。自民党の看板議員であるので、自民党にとってはこのところ続く不祥事に加えてとなり、国民から信頼を取り戻すにはかなりのヒット策を出さない限り、支持率の回復は難しくなってきているのではないだろうか?
小泉さんモテ過ぎて女性からの誘惑に乗せられたのかもしれない、女性とのスキャンダルが取り上げられているが、結婚したばかりのところで昔話を持ち出されては苦しいところだろう。昔へそ下3寸には人格がないとかの話が、許された時代というか社会情勢もあったとは聞くが、今は許されない。女性蔑視の見方から最も許されないこととなっている。お互い厳しい自覚は持たなければならない。
次から次へと、モグラの頭たたきのように、政治家がたたかれているが、早くみんなで襟を正して、国全体があらゆる角度で足の引っ張り合いをするかのような世情を反省し、国民の絆を高められる社会の信頼回復に取り組まなければならない。
posted by 明比昭治 at 20:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月26日

国会議員の逮捕。自民党大ダメージ。

現職の国会議員が逮捕される!大臣の辞任劇、桜を見る会の開催の不透明さ、韓国とのぎくしゃく外交、など自民党「安倍政権」にとって内憂外患の厳しい状況が続いているが、カジノを含むIR法案成立に深くかかわった、「秋元司」衆議院議員が中国の企業からの収賄容疑で逮捕され、自民党に離党届が出されてはいるものの、党にとっても政権にとっても大打撃で、さらに同僚議員にも逮捕が及ぶなどがあれば、大変なことになろう。
我が愛媛では衆議院候補として、愛媛第4選挙区の自民党「山本公一」(72)代議士の次期選挙に出馬しないとの引退表明をうけて、第4選挙区内の全地域支部・全市町町長・保守系全県議がまとまり、愛媛県で総務部長・副知事などの執務経験のある、総務省官僚の「長谷川淳二」さんに、自民党公認候補としての出馬を要請し、12月25日に本人も決意の上総務省に辞表を提出、12月26日愛媛に入り出馬要請の受諾を表明されたところであるが、万全の態勢で取り組む形は出来たが、世間の空気は非常に厳しいものがあると覚悟し、取り組む必要があろう。
いづれにせよ次の国会でも国民・国家の将来を見据えた骨格の政治体制や政策をしっかり立て直し、国際的にも平和な環境を作るための日本の役割をしっかり示さなければ、失墜へのラスパイレス状態に陥ってしまうものと危惧するばかりだ。誰がこの国を国民を守るのか?野次馬のように寄ってたかっているばかりでは解決できない。真の民主主義を守るため国民一人一人が冷静に考え、行動する時だろう。自民党も自ら身を律して原点に立ち返り、この国を立て直し守り発展させる気概を新たにしなければ責任政党とは言えない。

posted by 明比昭治 at 14:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月25日

今年の出生数予想以上に減少・・どうなる日本の将来

このほど2019年の出生者数を厚生労働省が86万4千人と発表された。私が生まれた1948年の戦後のベビーブームと言われた時代には250万人ほどでしたから。何と今では3分の1です。国が予測していた将来推計よりも2年も早く少子化に歯止めがかかっていないようです。
年間の死亡者による減数は137万6千人で、差し引き総人口自然減数は年間51万2千人となり、総人口の減少も予想以上に進むことになるのでしょう。
国の成り立ちは国民であり、安定して発展できる適切な人口構成により国力の維持を計ることは政治・政策の基本ですから、国の適切なコントロールが機能する政策が必要でしょう。今がプライベート思想を重視するあまり、結婚とか子育てとかに踏み込むと、セクハラだ!パワハラだ!と、本来正常な人間としてや社会人としての営みの問題を話すことさえタブー視される風潮は改められなければならない。もちろん人間的営みをするための生活基盤をしっかり支え築ける社会の構造をしっかりと整えることもしっかり行い、必然的に相乗効果で安心と信頼社会を築くことが大切でしょう。
結婚・子育て・仕事のサイクルがうまく機能する社会環境の整備充実が求められ議論され久しいのですが、実効が上がらないから期待する効果が表れていないのでしょう。「子供は国の宝」です。大人の勝手な理屈と都合ばかり議論せず、大人のわがままを超えて、30年先を見据えた子育てを考えましょう。

posted by 明比昭治 at 10:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月20日

愛媛第4選挙区自民党公認候補に「他薦」で応募の候補を選考決定

現職衆議院議員「山本公一」(72)の次期衆議院選挙不出馬の意向確認を受け、自民党愛媛県連は候補者の公募を12月18日までに行い、選挙区内の21自民党地域支部のすべてから、元愛媛県副知事を勤め現在は総務省地域政策課長に復帰されている「長谷川淳二」=横浜市在住=(51)の他薦で応募があり、他に過去にも4区で出馬された経験があり、比例復活で当選を得て衆議院議員や参議院議員を務めた経験もある「桜内文城」=東京都港区在住=(54)が、公募資格規定の基準である愛媛県連所属の党員50人以上の推薦をそえて自薦での応募があり、2人の選考について20日愛媛県連で選考委員会を開き、「長谷川淳二」氏を次期候補として選考決定、続いて党大会に準じる最高決議決定機関の常任総務会を開き、全会一位で長谷川氏を決定し、党本部に公認の推薦申請をすることにした。桜内氏はこれまでにも4区からの重ねての立候補経験もあるが、これまでの出馬は「みんなの党」であったり「維新の党」であったり、選挙のたびに所属政党が異なり自民党候補と対立候補としての出馬であった。経験や向こう意気を私は評価するが、政治姿勢として自民党の対立候補であったわけだから、今度は自民党でとの評価ができる状況にはないと選考委員でも判断されたものと思う。
長谷川さんは、岐阜県出身だが愛媛では加戸知事の3期目・中村知事の1期目に副知事を勤めた。県内の状況も良く熟知している人である。他薦であるから4区の代表者が近く本人にこの結果を伝え出馬の決意を促し、本人了解のもと党本部に公認を推薦することになるだろう。
今、安倍政権(自民党)に不信感を持つ人が増え、自民党への信頼感が薄くなっていると思われる。しっかり背筋を伸ばして皆さんから指示支援をいただく自民党にしなければ、選挙は厳しい!みんなで結束し取り組まねばならない。















posted by 明比昭治 at 17:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月18日

兄がオリンピック聖火ランナーに選ばれた。

昨日(12月17日)来年の2020年東京オリンピックに向け、聖火ランナーの選考結果発表があった。愛媛県内ではグループランナーとして9人の他、一般公募の43人の計52人(公選)が発表された。(これ以外スポンサー枠としても走者が選ばれ、県内では約300人くらいが走者となれると想定される?)
3月にアテネで採火された聖火を日本にランタンで空輸し、国内では3月26日に「復興五輪」の思いから、福島県(Jビレッジ)を出発、以後国内各地を巡り、愛媛県には4月22日(水)に四国中央市から東予を中心に松山まで、23日(木)は南予を中心にリレーされる。各地でいろいろなリレーの仕方が計画されているようで、西条では「石鎚ピクニック園地」から「石鎚神社成就社」まで約2KMの山道を駆け上がるコースとなっている(ロープウェイに乗って運ばれる話題にはなろうが、一般の見物・応援には行くまでに難があると思うが)。
新居浜市では「あかがねミュージアム」から「市役所」までの約2KMのようだ、この間のランナーに私の兄(明比勅(75))と、真鍋和人(61)さんの、過去のメダリスト2人が公募で選ばれた。
私の兄は1963年(当時19歳)仕事中に転落事故により脊髄損傷(両下肢完全麻痺)となり、長期入院・リハビリに努め、退院後は千葉県車いすバスケット協会の設立や選手として活動、1971年イギリスで開催された第20回国際ストークマンデビル大会(パラリンピックの原点)に出場、スラロームで金メダル、ウェイトリフティングで銀メタルを獲得した。その後も障がい者スポーツの振興に取り組んできたが、昨年高齢になり郷愁にもかられ、愛媛労災のケアプラザ新居浜に入所の機を得て、いまは施設内で吹き矢やグランドゴルフなど同好会を立ち上げて楽しんでいる。
今回の応募は施設長の推薦もあり、全国436万人の身体障がい者や、22万4千人の労災被災者に勇気と希望を与えられればとの思いで決定を喜び、頑張ろうと張り切っているようです。みなさん応援よろしくお願いします。
それにしても、私も西条での公募者の選考を選考委員としてさせて戴いたが、何十人もの応募の中から2名の選考はつらいものがあった。スポンサー枠は公募の何倍もあるようで、オリンピックを商業化に利用しているのではないかとランナー選考にチョット憤慨もあります。スポーツマンシップの尊さに気概をもって、私もスポーツ少年団育成指導に愛媛県本部長として努めています。いずれにせよみんなで協力応援、オリンピックを成功させましょう。
posted by 明比昭治 at 14:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月17日

やっぱり気になる引きこもり。

元農林水産省の次官を務めたエリート官僚家庭にも子育てで悩み苦労があり、最後は息子さんをたまらず殺傷するという痛ましい事件があり、このほど裁判で懲役6年が下されたとニュースで報じられている。
事件の内容を聞くにつれ審判としては執行猶予が酌量されるのかと思っていたが、これほどまでに知識も良識もある人が何故初期の段階で、しかるべき機関に相談したりの措置を講じなかったのか、その責任を求め今後の事犯の先例とされたのかとも思われる。
確かにその通りで、何事も初期の対応が最も肝要であり、事件事故を未然に防ぐ処方となる。責任感の強い人ほどなんとか自分の力でと表に出さないで内々で解決しようとするのだが、身内や関係者で多くの人がかかわっていればなんとかうまく導かれる場合もあるが、むしろ出口が見つけられない深みにはまることの方が多い。
子供から大人の成人までもの「引きこもり」問題を抱えている人が、国内で100万人に余るといわれているのだが、身内で抱えて解決できる問題ではない。家庭も近所のコミュニティーも「個(プライバシー)」を重視との壁を口実に、人間関係か薄れてしまっているとも思える危機的状態との厳しい認識で、勇気をもって人間関係の回復に努める手立てを考え、早急な処置をする必要がある。
もう待ったなしの重大な課題だ。この国の健全な社会を回復するのは、誰でもない一人一人の倫理観を高め、社会全体で政治行政が責任をもって取り組むべきだ。
posted by 明比昭治 at 10:22| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月16日

今年も残りわずかとなりました。

新聞では今年の10大ニュース記事が出始めました。もう半月と今年もなりました。恒例の清水寺の森貫主が揮ごうする今年の世相を反映する1字はやはり、天皇陛下の譲位により、先の天皇が上皇となられ、元号が改元され「平成」から「令和」へとなりましたが、語源とされた明るい春の兆しを呼ぶ「令」でした。
この令には他にも律令ともいわれる言葉もあるように整然と落ち着いて、平和を保つことも願われます。みんなでその願いを実現に向けて結束して取り組むべきでしょう。もっとも今年流行した言葉は「ワンチーム」でした。まさしく明日の日本が希望溢れる平和社会を築くために、ルール(秩序)をしっかり守り、正々堂々一丸となって同じ思いの目標に向かって、相互のかけがえのない信頼で明日を切り開くことが、求められているのでしょう。
明るいニュースも、残念なニュースも一人ひとりにとっても1年を振り返ってあったことでしょう。私には春の統一地方選挙で、西条市選出の県会議員として6回目の当選をさせて戴いたことが、何よりも1番の出来事でした。2番目は「胃がん」の前兆が発見され、親も兄弟にも「胃がん」を罹患した同じ体質を持っているものと早めの処置が肝要と判断し、内視鏡により切腹もしないで手術を受けました。その後の経過はおかげさまで順調です。3番目は6人兄弟みんな元気で私が末っ子なのですが、90歳を迎えた長兄が亡くなり、私とは18歳も年が離れていたので兄弟よりも親子のような感覚のほうが強かったのですが、やはりさみしくなりました。いつかは迎える定めですお互い悔いはなく別れることもできました。

posted by 明比昭治 at 21:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月12日

年の瀬を迎えての所感

2019年もいよいよ残り少なくなってきた。12月11日には公務員さんのボーナスも支給され、民間の企業でも支給されたところもあるだろう。しかしながら社会全体としてみんなで忘年会でパーっとやろうや!とかジングルベルでみんなで食事に行ったり買い物をしたりと、お金を使おうという消費を刺激するような空気が感じられない。10月から消費税が10%に上がった、年金が減額カットされた、各種公共料金が値上げされる・・・預金しても金利もつかない・・では国民の財布の口は堅くせざるを得ないのは当然だろう。
また「8050問題」という中高年者が仕事もなく引きこもって、高齢の親の年金を頼りにして、介護問題・生活困窮問題も抱る家庭が増大し、推定では60万世帯以上ともいわれ、も若年者を含めると百万以上もの引きこもり者を抱える、社会状況があるのだが、早く抜本的な対策に着手しなければならない。社会最小単位の基本である家庭を築き子供を育てる営みをしっかりと体系づける必要もあろう。
どうしてもやむを得ないで社会が守るセーフティネットの必要あるが、自己の責任感もなく社会に責任転嫁する風潮を安易に許してばかりいると、みんなで首の締め合いをして、窒息死する社会にしてはならない。みんなで支え合いの社会は必要だ。感謝や寛容の精神がそれを支える。

posted by 明比昭治 at 12:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月10日

臨時国会閉幕。どんな法案が成立したの?

参議院選挙が終わって、臨時国会が開かれていたのであるが、12月9日閉幕した。次は来年1月20日ごろから通常国会が開かれ、令和2年度の予算審議のほか、国際動向を含め外交や、低迷する経済状況、重要な国内の諸制度の見直し・改正・立法に真剣に取り組まれるのだろうか?
今回の臨時国会の審議状況を見ていると、国会がやらなければならない職務責任はどうなっているのだろう?と疑問を抱くし、この国の将来にだれがどう責任をもって進めてゆくのか、現状の無責任状況が残念でならない。経済状況(GNP・GDP)・教育水準・福祉水準などなど世界の先進国として成長し、自負も持っていた我が国の状況は今日どうなのだろう?さてこれから20年後はどんな状況なのだろう。
誰が想像しても今の状況が保たれているとは思わないことは明白だ。給与は上がらない、預金の金利はつかない、年金はカットされる、医療費や介護費用など自己負担比率は上がらざるを得ないだろう。こんな将来不安が蔓延しては、結婚も子育ても難しい。人口は急速加速度的に減少する、まさしく負のスパイラルへの突入で、中国・韓半島・ロシアとの関係も想像すると恐ろしい。
令和となり天皇陛下のご即位で、国民が一体となりこの国の独立した国体を守らなければならないことは陛下も訴えられた。もはや瞬時もおろそかにせず、国会で責任ある審議と立法を取り組まなければならないと強く訴えるものだ。与党も野党もない。

posted by 明比昭治 at 12:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

今のインフルエンザ感染西条が突出して多い。

11月末から急に寒くなりインフルエンザなど風邪ひきの心配が深まるのだが、なぜかインフルエンザの発症情報で、愛媛県内の状況が発表されているのだが、西条市が突出して多い。だから予防接種に早めに行くべきかと考えているのだが、今年はどうしたことだろう。
先日加茂川河口の観測で、渡り鳥のふんから鳥インフルエンザの陽性反応が出たとの報道もあり、人への感染もあるのかと、素人には心配されたのであるが、全くこれは関係なく人へ感染されることはないのだ。だが、養鶏関係者には大きな問題なので、全県下へ情報を徹底して対策を講じるよう関係部局が徹底されて、鳥インフルの対策は十分なようである。
これから人のインフルエンザは本番の季節となると思われるが、気を引き締めて罹患防止に努めよう。あらゆる環境の悪化はこれまでの慣行など大きく考えを変えて捉えなければならないのか?時あたかも環境国際会議が開かれている。グレンちゃんにしかられるぞ!

posted by 明比昭治 at 12:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

「ワンチーム」で国家再建を。

令和元年、今年の流行語大賞が発表された。これまであまり十分にルールも知らなかったのに、日本中を沸かせ、ベスト8の成績を収め躍進したラグビーワールドカップの日本チームの取り組みの合言葉「ワンチーム」だった。
日本チームの結成に世界中からも参加希望があり、やく半数の選手は外国から移住してきた選手だが、日本代表チームとしてプレーしたくて集まった選手を一つにまとめて、国を代表するという誇りをもって臨む姿と、実践で結果を出したことが、日本中を沸かせてスポーツの持つ本質をみんなが受け入れ理解して、それをファンとなって応援してまさしく選手も応援する人も一つになって、「ワンチーム」で取り組む姿が醸成された。
来年はオリンピック・パラリンピックがわが国で開催されるので、この盛り上がりが一層高まるものと思う。願わくばこの「ワンチーム」の流れが、国家の団結につながるように、時代を変革させるウェーブとなって起きることを願うばかりだ。
他には「計画運休」もあり、異常気象がもたらす災害への未然対応策として、列車・電車・バスなど交通機関が事前に運行を発表する方法も取り入れられ、被害の未然防止に取り組まれることも、国民的理解を得られていることは良きことだ。
「命を守る行動を」と台風前の天気予報の中でもよく聞かされた。

posted by 明比昭治 at 14:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

20回目の後援会研修旅行を実施。

例年は春の花の季節(5月ゴールデンウイーク前後)に実施していただいているのであるが、「明比昭治後援会」の研修旅行を、今年は4月に「統一地方選挙」があり、その後天皇陛下の御代替わりの諸行事などの日程もあり、伸び伸びとなっていたのであるが、どうしても年内に20回目をと後援会の役員さんにご苦労を頂いて12月1日に、岡山へ出向き、産直市場で活気をしている「ひなせ漁協市場」「岡山藩の閑谷学校」「真言宗蓮台寺」を訪ねる旅とした。
日程の都合もあり例年より参加者が限られたのであるが、46名の参加を頂き、意義深い・有難い和気あいあいの旅となった。何より天候の心配をしたのであるが、早朝氏神様(伊曽乃神社)への朔日詣りでお願いが届いたのか、一部夕方から雨の予報も心配されたにだが、終日好天に恵まれ冷え込みもなく健康的に全員無事過ごせたことが何より有難かった。
道中では最近の世相や、「桜を見る会」に対する報道や国会のあり様として、いつまでも国の浮沈をかけた問題でもないのに朝から晩まで与党も野党もふくめ結論も出ない議論で、悪人のあぶり出し?か、ヒットマンヒーローづくりか?パフォーマンスに明け暮れし、国家として重要な案件・法案を後回して、無駄な時間と費用を浪費し、それが国民の負担として将来の積み残しにもなることの責任も認識もなくなっていることを、みんなでしっかり監視し、良識や倫理観で冷静に、国民的課題の世直しに取り組まなければならないことを話させていただいた。令和の時代を開く先駆けとして、天皇陛下が国民に寄り添って共に国の平安発展・国際平和に取り組むことを闡明された。これに対し天からも虹が立って瑞祥がみられたが、この兆しを国民共有し、未来へ希望を切り開くため、今こそ力を合わせて頑張ろうと呼びかけさせていただいたが、蓮台寺で僧侶の法話で「私心」の文字から一とハを除くと「仏心」となるとの法話もあり、私の思いも皆様の心にも通じたかなと内心感じいったところだ。気持ちも晴れる良き旅だった。
posted by 明比昭治 at 14:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする