2019年12月12日

年の瀬を迎えての所感

2019年もいよいよ残り少なくなってきた。12月11日には公務員さんのボーナスも支給され、民間の企業でも支給されたところもあるだろう。しかしながら社会全体としてみんなで忘年会でパーっとやろうや!とかジングルベルでみんなで食事に行ったり買い物をしたりと、お金を使おうという消費を刺激するような空気が感じられない。10月から消費税が10%に上がった、年金が減額カットされた、各種公共料金が値上げされる・・・預金しても金利もつかない・・では国民の財布の口は堅くせざるを得ないのは当然だろう。
また「8050問題」という中高年者が仕事もなく引きこもって、高齢の親の年金を頼りにして、介護問題・生活困窮問題も抱る家庭が増大し、推定では60万世帯以上ともいわれ、も若年者を含めると百万以上もの引きこもり者を抱える、社会状況があるのだが、早く抜本的な対策に着手しなければならない。社会最小単位の基本である家庭を築き子供を育てる営みをしっかりと体系づける必要もあろう。
どうしてもやむを得ないで社会が守るセーフティネットの必要あるが、自己の責任感もなく社会に責任転嫁する風潮を安易に許してばかりいると、みんなで首の締め合いをして、窒息死する社会にしてはならない。みんなで支え合いの社会は必要だ。感謝や寛容の精神がそれを支える。

posted by 明比昭治 at 12:19| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月10日

臨時国会閉幕。どんな法案が成立したの?

参議院選挙が終わって、臨時国会が開かれていたのであるが、12月9日閉幕した。次は来年1月20日ごろから通常国会が開かれ、令和2年度の予算審議のほか、国際動向を含め外交や、低迷する経済状況、重要な国内の諸制度の見直し・改正・立法に真剣に取り組まれるのだろうか?
今回の臨時国会の審議状況を見ていると、国会がやらなければならない職務責任はどうなっているのだろう?と疑問を抱くし、この国の将来にだれがどう責任をもって進めてゆくのか、現状の無責任状況が残念でならない。経済状況(GNP・GDP)・教育水準・福祉水準などなど世界の先進国として成長し、自負も持っていた我が国の状況は今日どうなのだろう?さてこれから20年後はどんな状況なのだろう。
誰が想像しても今の状況が保たれているとは思わないことは明白だ。給与は上がらない、預金の金利はつかない、年金はカットされる、医療費や介護費用など自己負担比率は上がらざるを得ないだろう。こんな将来不安が蔓延しては、結婚も子育ても難しい。人口は急速加速度的に減少する、まさしく負のスパイラルへの突入で、中国・韓半島・ロシアとの関係も想像すると恐ろしい。
令和となり天皇陛下のご即位で、国民が一体となりこの国の独立した国体を守らなければならないことは陛下も訴えられた。もはや瞬時もおろそかにせず、国会で責任ある審議と立法を取り組まなければならないと強く訴えるものだ。与党も野党もない。

posted by 明比昭治 at 12:10| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月05日

今のインフルエンザ感染西条が突出して多い。

11月末から急に寒くなりインフルエンザなど風邪ひきの心配が深まるのだが、なぜかインフルエンザの発症情報で、愛媛県内の状況が発表されているのだが、西条市が突出して多い。だから予防接種に早めに行くべきかと考えているのだが、今年はどうしたことだろう。
先日加茂川河口の観測で、渡り鳥のふんから鳥インフルエンザの陽性反応が出たとの報道もあり、人への感染もあるのかと、素人には心配されたのであるが、全くこれは関係なく人へ感染されることはないのだ。だが、養鶏関係者には大きな問題なので、全県下へ情報を徹底して対策を講じるよう関係部局が徹底されて、鳥インフルの対策は十分なようである。
これから人のインフルエンザは本番の季節となると思われるが、気を引き締めて罹患防止に努めよう。あらゆる環境の悪化はこれまでの慣行など大きく考えを変えて捉えなければならないのか?時あたかも環境国際会議が開かれている。グレンちゃんにしかられるぞ!

posted by 明比昭治 at 12:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月03日

「ワンチーム」で国家再建を。

令和元年、今年の流行語大賞が発表された。これまであまり十分にルールも知らなかったのに、日本中を沸かせ、ベスト8の成績を収め躍進したラグビーワールドカップの日本チームの取り組みの合言葉「ワンチーム」だった。
日本チームの結成に世界中からも参加希望があり、やく半数の選手は外国から移住してきた選手だが、日本代表チームとしてプレーしたくて集まった選手を一つにまとめて、国を代表するという誇りをもって臨む姿と、実践で結果を出したことが、日本中を沸かせてスポーツの持つ本質をみんなが受け入れ理解して、それをファンとなって応援してまさしく選手も応援する人も一つになって、「ワンチーム」で取り組む姿が醸成された。
来年はオリンピック・パラリンピックがわが国で開催されるので、この盛り上がりが一層高まるものと思う。願わくばこの「ワンチーム」の流れが、国家の団結につながるように、時代を変革させるウェーブとなって起きることを願うばかりだ。
他には「計画運休」もあり、異常気象がもたらす災害への未然対応策として、列車・電車・バスなど交通機関が事前に運行を発表する方法も取り入れられ、被害の未然防止に取り組まれることも、国民的理解を得られていることは良きことだ。
「命を守る行動を」と台風前の天気予報の中でもよく聞かされた。

posted by 明比昭治 at 14:11| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月02日

20回目の後援会研修旅行を実施。

例年は春の花の季節(5月ゴールデンウイーク前後)に実施していただいているのであるが、「明比昭治後援会」の研修旅行を、今年は4月に「統一地方選挙」があり、その後天皇陛下の御代替わりの諸行事などの日程もあり、伸び伸びとなっていたのであるが、どうしても年内に20回目をと後援会の役員さんにご苦労を頂いて12月1日に、岡山へ出向き、産直市場で活気をしている「ひなせ漁協市場」「岡山藩の閑谷学校」「真言宗蓮台寺」を訪ねる旅とした。
日程の都合もあり例年より参加者が限られたのであるが、46名の参加を頂き、意義深い・有難い和気あいあいの旅となった。何より天候の心配をしたのであるが、早朝氏神様(伊曽乃神社)への朔日詣りでお願いが届いたのか、一部夕方から雨の予報も心配されたにだが、終日好天に恵まれ冷え込みもなく健康的に全員無事過ごせたことが何より有難かった。
道中では最近の世相や、「桜を見る会」に対する報道や国会のあり様として、いつまでも国の浮沈をかけた問題でもないのに朝から晩まで与党も野党もふくめ結論も出ない議論で、悪人のあぶり出し?か、ヒットマンヒーローづくりか?パフォーマンスに明け暮れし、国家として重要な案件・法案を後回して、無駄な時間と費用を浪費し、それが国民の負担として将来の積み残しにもなることの責任も認識もなくなっていることを、みんなでしっかり監視し、良識や倫理観で冷静に、国民的課題の世直しに取り組まなければならないことを話させていただいた。令和の時代を開く先駆けとして、天皇陛下が国民に寄り添って共に国の平安発展・国際平和に取り組むことを闡明された。これに対し天からも虹が立って瑞祥がみられたが、この兆しを国民共有し、未来へ希望を切り開くため、今こそ力を合わせて頑張ろうと呼びかけさせていただいたが、蓮台寺で僧侶の法話で「私心」の文字から一とハを除くと「仏心」となるとの法話もあり、私の思いも皆様の心にも通じたかなと内心感じいったところだ。気持ちも晴れる良き旅だった。
posted by 明比昭治 at 14:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする