2020年01月12日

2020年西条市成人式「頑張れ若者」よ。

西条市での成人式は、1月12日、今年も西条市総合文化会館(旧西条市地域の方が対象)で午前10時30分からと、丹原文化会館(旧周桑郡地域が対象)で午後1時30分からの2会場で実施された。参加対象者は午前が男子293人、女子268人の計561名。午後は男子231人、女子236人の計467名、総合計1028名で、少子化傾向からいつ1,000人を切ることになるんだろうと心配しているのだが、かろうじて今年は1000人台を保持されていた。
西条市が先ごろ発表された「宝島社」発刊の2月号で「住みたくなる街ランキング」のうち、「若者が住んでみたい街ランキング」で昨年は四国1位、全国では8位であったが、今年は全国で1位に評価されているのだが、大学や専門学校が立地しているわけでもないので、若者の出入りでは流出の方が多いので、全体としても人口減少は止められているわけではない。
だが、地元で就職や就業についている人が多くもなっていることは、働く場さえしっかりしておれば、若者の流出の歯止めがきいたり、逆に流入の要因にもつながり、世代間の人口構成率もよくなってくるので、ともかく若者に元気を与え、安定して生活を支えさせる労働環境の充実整備に、積極的にテコ入れされる地域環境の創生が大切だ。若者に期待する!若者よ西条を誇りに思って、自分たちも積極的に社会にかかわって、みんなで住みよい地域・社会を造っていきましょう!
成人式では今年も「長友佑都」さんからビデオメッセージで「新成人を応援するよ!」の激励が届いていた。
posted by 明比昭治 at 15:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする