2020年05月22日

夏の高校野球甲子園大会開催中止。

全国高校野球連盟が今年の夏の甲子園大会の中止を決めた。春の選抜大会の中止と合わせ春夏共に中止となったのは大会史上でも初めてのこと。
高校野球は全国の地元を代表する予選大会も通じ、球児はもとより、それを支える応援団も含め、みんなを熱くさせてくれるスポーツイベントとして100年を超え取り組まれてきたので、中止は日本中のファンにも非常に寂しい心に空白をつくることだろう。
新型コロナウイルス対策で今年は全てのスポーツイベントも未だに開催の自粛が続いており、何より今年予定されていたオリンピック東京大会も1年延期の裁定がなされているものの、来年こそはのためにも何より早く新型コロナウイルス対策で世界中の終息を願うばかりだ。
私もスポーツ少年団の愛媛県本部長を務めさせていただいており、スポーツについてもことさらに中止をせざるを得なくなっている事態を憂慮しているものだ。
人間形成の上で「知育」「徳育」「体育」「食育」のバランスの取れた取り組みが教育の4要素だ。外出を控えましょう・人と人との接触を控えましょうと学校も休みで、部活動練習の試合も休みが半年近く続いているのだが、みなさん身体がなまるし、何より人との切磋琢磨の心磨きもできないので、人格形成にも最悪の環境となってきています。
日日の積み重ねの成果を体現する機会として試合などを通じて、自他が評価もできることに繋がります。やがてその評価が進学や就職(プロ)への道に繋がるものだが、その評価基準が見えなくなってくるのは社会構造にも大きく影響することでしょう。
夏の甲子園大会は中止だが、愛媛県ではこれから部活動も再開し、夏休みや土・日でスケジュールを組み過重・苛酷にならない日程で、各種大会を組むとの方針が出るようです。私も少年団の関係大会を会場使用で許される範囲で、小規模試合の取り組みを含み、皆さんと意見交換しながら取り組んで行きたいと思っています。
posted by 明比昭治 at 10:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする