2021年02月25日

第373回愛媛県議会2月定例会開会

2月25日から3月19日までの23日間の日程で、愛媛県議会定例会が開催されます。昨年新型コロナウイルスの感染が県内で確認されてから1年になりますが、まだ収束には至らず、県内の延べ感染者が1056人にもなり、今も入院患者が28人もあり、変異ウイルスが昨日確認されるなど予断が許されない状況です。
今回提案される一般会計当初予算(6948億円)は、国の第3次補正予算によるコロナ対策関連費(640億円)も含み、中村県政では当初予算最大規模となっています。その他特別会計2507億円、企業会計706億円を加えて、総予算は1兆161円となっています。
コロナ関係対策予算がこれまで累計で1805億円。4年前の西日本豪雨災害からの復興対応支援予算累計1410億円と、大きな対策事業に予算がくまれ、一般の事業予算が圧縮されながらも、未来志向や安全安心社会づくりに重点的に意を配しての事業計画を取り組まれる。
また、今議会で議員提案による「愛媛県の未来を創る農業・農村振興条例」も審議決定される。
国会では相変わらず「週刊文春」などで報じられた暴露・スキャンダル記事などを中心として、本来の安定国家をどう築くかの議論から、全く次元の低い論議が中心に行われ、政治不信を国民に植え付けて煽り立てているが、疲弊する地方をしっかりと築くため県議会・市議会では議論を深めたいものだ。低レベル・低次元な分断・対立の構図を立て直そう。この国の未来が危うい。
posted by 明比昭治 at 13:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月20日

根雪も解けて春が来るかな?

東京オリンピック組織員会の会長に「橋本聖子」さんが、選考委員会で満場一致で選考され政府や関係各所も了承し本人も受諾で、森喜朗前会長のジェンダー発言に端を発した騒動が、一応決着したので何よりだ。北海道出身の橋本さん厳しい寒さの中でも育ち、オリンピックにはスケート競技・自転車競技とオリンピック夏冬で7大会に選手として出場のアスリート、スポーツ界では申し分もなく理解者、更には参議院議員として国会議員も務め政治的交渉能力ももう大臣経験者で申し分がない。そんな適任者であっても就任前に多方面からゴチャゴチャ言いがかりをつけるような言葉が浴びせられたのだが、本人がぐっと我慢で誰かが引き受けなければならない課題に英断を下し取り組まれることになった。心から今後の厳しいかじ取りへの努力に期待し、激励を送るものだ。
もう前に行かなければならない、時間的にも迫られている、冷たい根雪を溶かし、スタートへの芽を育て、みんなで協力し花を咲かせよう。彼女に似合う五輪の花を贈ってあげたいものだ。
posted by 明比昭治 at 17:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月18日

令和3年の椿祭りは10日間。

例年旧暦1月7・8・9日に斎行されている、松山の「伊予豆津彦神社(俗称『椿神社』『お椿さん』と呼ばれている)」の例大祭は商売繁盛・家内安全祈願などのご利益をいただくことで愛媛県内でも多くの参拝者があるお祭りだが、今年は2月18日から28日の10日間行われ、参拝者が密にならないように配慮して実施されます。
皆さんもその意を汲んでご参拝をされることをお勧めします。
例年なら国道33号線から神社までの参道約500Mを通行止めにして両側には露天商も出てにぎわうものですが、今年はこれをなくし通行止めも行わないそうです。
このお祭りを境に伊予路に春を呼ぶと言われ、このお祭り中が一番寒い天候も過去の歴史実績を示しているのですが、今年も一番の寒波に見舞われています。自然と暦は正直だとつくづく思います。社会の平安と回復とコロナ退散の春も呼んでほしいとお願いを加えたい。
posted by 明比昭治 at 11:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

答をどこにみつけようとしているのだろうか?

このところ連日報道されるマスコミの扱いを見ていると非常に残念だ。とくにオリンピック組織委員会「森喜朗」会長を辞任に追い込んだまではジェンダー思想とオリンピック精神の普及啓発徹底までは正義感として理解はできるが、その後オリンピックの開催を目前の最大の課題としている中にあって、後継者の選出と組織の機能発揮が一刻たりとも無駄にできないで避けられない状況にあるのだが、ああでもこうでもと候補に挙げられる方の人格を否定し晒すような状況と見受けられるのだが、公益のためにとの使命感をもって役割を果たすべきマスコミの使命を逸脱してはいないのだろうか?と残念に思うのは私一人だろうか?もうオリンピックなどやらんなければいいんだとの意図があるのだろうか?こんな状況に置かれて火中の栗を拾う人が出来るのだろうか?すべての犠牲を払って就任してもまた揚げ足を取って、引きずる降ろされるような恐怖意識を社会に植え付けてしまうように思えてならない。今こそみんなで足りないところは補い合って未来へのエネルギーを生み出す取り組みにはみんなで後押しをしようではないかと呼びかけるものである。国会の議論もしかりで、真の大きな国益を目指しての議論を深めてほしいものだと思う。
コロナ(難)に打ち勝つには一人一人が地球上に存在する責任として自らの命を守ること、それが周りの人の命を守ることに繋がる出発点の考えだとの認識が大切だ。また愚痴をこぼしたが、最近のマスコミ報道から受けるニュース状況に耐えかねて!
posted by 明比昭治 at 09:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月15日

令和3年改選西条市議会議員28名

令和3年2月14日西条市議会議員の選挙で28名が選ばれた。広域合併後5度目の選挙となったのだが、今回は定数を30から28に2議席削減、これに合わせて議員報酬も増額が検討されていたのだが、議会費として年間予算総額が換わらないとか、下がることに繋がるのなら理解できるが、報酬の増額のわりに定数の削減数が少ないではないかと市民の批判の声が上がり、特別委員会の審議が迷走、結局定数2の削減は可決されたが、議員報酬は従来通りとなっている。県下でも人口・議員定数の検討の中で議員報酬月額38万円は、県下で最も低いだろう。
こんな議論も生煮えで、コロナ感染騒動が加わり、活発な政策展望の話などが聞かれることも全体としては無く、結果投票率は54.33%で、合併後の選挙(平成17年4月)の72.21%の投票率からすれば、17.88%も下がって、市民の投票行動に関心も薄れているのだろう。
平成19年度の調査実績で「宝島社」の調査結果として、地方が力点を置いて取り組んでいる「地方移住」も350名近くあり、若者にも年配者にもすんでみたい街ランキング日本1となっているのだが、市民の政治への関心度は下降線上にあり、ここに対策の必要性も感じるのだが・・・。
新議員さん中途半端な議論で課題を残すことなく、よく議論検討を重ねみんなが納得ができる結論を導き、答えを出してゆく、活発な議会活動を期待します。
posted by 明比昭治 at 15:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月12日

「森会長」(東京オリパラ組織委員会)またつい軽口で辞任に。

昨年から1年延期の「2020東京オリンピック・パラリンピック」の開催実行内容について、重要な決定を下す目前に「森喜朗」(東京オリンピック・パラリンピック組織会長が、『女性が入ると会議時間が長くなってしまう』との発言が役員会議の中で発言されたことが、自由・平等・博愛のオリンピック精神に反する「女性蔑視発言」として、マスコミで取り上げられ辞任に追い込まれた。
森さんは内閣総理大臣も務められたが、「日本は神の国」発言でも追い込まれ、ちょうど20年前の2月になるのだが、愛媛県立宇和島水産高校の「実習船愛媛丸」が、ハワイの沖合でアメリカ海軍の潜水艦の急浮上による衝突事故があり、高校生4名・教官2名・乗組員3名の9名が犠牲となる事故があったが、その日森総理が事故の報告を受けたのはゴルフのプレー中で、ゴルフをやめずプレーしたと、危機管理に対する取り組みが問われる事件もあった。(すぐにアメリカと対応し、遺体や実習船の引き揚げに特別の尽力をいただいたことは、当時の愛媛県加戸知事も詳しく述べられていた)。
森さんは愛媛の宇和島を選挙区とする毛利松平衆議院議員の秘書をされたこともあり、愛媛には度々来られ私も市議会議員時代から何度も面会の機会があったが、人懐っこくざっくばらんなリップサービスのよう発言もよく聞いたもので、決して相手を貶めるような中傷発言ではなかったが、今回も本人の意に反して波紋が大きく、翌日取り消し謝罪の記者をしたのだが、記者の突っ込みに逆切れのように反応したのも、世論などを取り返しのつかない事態に発展させてしまったようだ。
トップに立つ人の言動はともかく注目されることは常だから、人格に関わるような冗談や軽口は、あってはならず気を付けねばならない。もうオリンピックも目前だ組織をぶっ壊すことになってはいけない。国を挙げて立ち直りと前進に取り組まねばならない。
posted by 明比昭治 at 09:32| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月11日

皇紀2681年建国記念の日を祝う。

例年ならば建国記念の日には皇居に一般参賀で天皇陛下や皇室に参賀してお祝いの行事をすべきところだが、残念ながら昨年来コロナ感染騒動で中止となり、一般のお祝い行事も自粛で今年も大規模行事が中止となり、西条では「伊曽乃神社」で祈年祭が各種団体代表の役員などに絞って参加願い、神事を中心に実施された。
神武天皇がご即位され、国を制定され以来2681年(皇紀)となる。これを起源に126代にわたり万世一系の天皇・皇室をいただき、継続し守って、色々な困難・苦難の歴史もあったが、独立国家として存立している国は世界の中で唯一であり、私たちは何より誇りとして平和独立国家を守り継承してゆかなければならない。
民主主義は自由な発想・自由な発言も尊ばれることではあるが、1人1人の命を守ることが国家の存立の最も基本とするところであり、そのためにはお互いを尊重しながら「和」を求めて1人1人が責任を果たし、社会の最小単位である「家族・家庭」で支え合って、その輪を社会に及ぼすことが基本でなければならない。
皇室という家族を鏡として見倣い、憲法に定められた「国民の象徴として天皇陛下」を守り、健全で平和な社会を守り築くことに、みんなで心を一にして取り組みましょう。皇室の弥栄と国家の平安・未来への希望を祈って、建国記念の日の所感といたします。
祝日には国旗を家庭でも掲揚し、国民としての誇りを示しましょう。
posted by 明比昭治 at 18:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月08日

今治市長に「徳永繁樹」さん(51)初当選。おめでとう!

2月7日は「今治市長選挙」「今治市議会議員選挙」の投開票日だった。今治市長選挙には4選を目指して現職の「菅良二」さん(77)と、新人で昨年11月に市長選挙への出馬を表明の後、12月県議会中に県議会副議長を辞任及び議員辞職して挑んだ2人の戦いとなった。
結果は徳永さんが42,318票、菅さんが36,240票で、6078票の差で初陣の徳永さんが当選された。徳永さんにはコロナ禍という現況の大きな課題、それを乗り越えた新しい時代を求める施策の市政運営と展開に期待をしている。
菅さんも徳永さんも元県議会議員で、私たち自民党会派で一緒に取り組んだ仲間であり、菅さんは合併後の今治の市政運営にこれも嘗ての県議同僚であった「越智忍」さんと戦い、勝利され以後3期市長を務められ、敗れた時の市長「越智忍」さんはその後県議会議員に返り咲き現在も務められている。このように自民党会派で共に政治活動をしてきた県議会議員経験「仲間」の戦いが今治市長選挙では、繰り返されており私たちも共に活動する仲間同士なので、どちらも頑張れとエールを送るばかりだが、戦いのしこりを残さないようにされることを願うばかりだ。
今回当選された「徳永」さんは、私と一緒に自民党県連役員執行部を務めて、政策や組織運営についても汗をかいて経験もしていただいたので、立候補に際して、今後は市長として公正な立場で市民のためにする政治行動をとって頑張って欲しいと激励させていただいておいたので、彼は守ってくれるでしょう。ともかく「徳永市長」誕生おめでとうございます。「菅」元市長にはご苦労様でした。今後も徳永市長を励ましてやってください。『今治市のご発展』をお祈りし、新選良の30名の市議会議員さんにもご活躍をご期待します。共に頑張りましょう。









posted by 明比昭治 at 09:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月01日

国会議員深夜まで銀座のクラブで・・国民を欺くのは許されない。

コロナ感染対策で首都圏などで、第3波の抑止策として「非常事態宣言」が出され、午後8時以後の飲食を提供する店の休業などを求め、国民にも会食などを控えるようお願いしている中、制度の徹底や協力者への救済措置と違反者への過料など、国会で制度の法制化を議論している中なのに、こともあろうか国会議員が銀座のクラブで23時に深夜まで飲み歩いていたとは・・・。国民はストレスでパーっと飲み歩きたい気持ちがあっても、何とかみんなでコロナ感染抑制や、医療崩壊の回避のため、ぐっと我慢をしているのに・・・。
あれほど総理の朝会食も中止して・・・と政府が率先して範を示している中なのに・・・。もう救いようのない異常感覚の持ち主が国会議員の中にいるのだから・・・情けない。政府や国会議員の言うことなど聞いてられるか・・・となる。残念でならない。
起きてから非難するより、こんな議員を出さないように、日頃から議員の人柄・言動を注視することも有権者の責任でもあろう。政治不信をひとまとめに論じないように・・・。
posted by 明比昭治 at 18:45| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする