2017年04月03日

桜はまだか?

最近は桜の種類が増えたため、ところどころで早咲きの桜が見られるのだが、やっぱり主流王道の「吉野桜」は東京では満開近いと報道されているものの、我が家の近く(昔からの桜の名所「武丈公園」)では、やっと開花宣言が出せるかな?といった状態だ。
伊曽乃神社の春祭りも昨日だったが、例年満開に近い桜が咲き誇っており、神前や宮司さんの玉串に桜の咲いた枝も添えられているのだが、今年は見られなかった。この調子では入学式のころ(10日)に5分咲き散ったところか・・・やっぱり例年よりは1週間は遅いようだ。咲いたと思ったら散るのも早いので、待ち遠しい割にはあっけないのだが、何故か桜は日本人の心にも映る花だ。
最近は外国でも好まれ各地に植えられている。国際親善の花ともなっている。里山のあちこちでもピンクに染める風情は何とも言えず、ひらひらと舞い落ちる花びらの様子も何とも言い難いものがある。
残念なことに各地で桜並木が、ツツガムシ(毛虫)がついて食い荒らされるので、改植されるケースが多くなっているそうだ。
桜から教わった、吉野桜の、大和心は永遠でありたいものだし、守られたいものだ。

posted by 明比昭治 at 09:53| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする