2017年04月27日

西条には公設温泉施設が2つ。

西条市には市営の公設温泉施設が2つある。いずれも合併前に公設で開業されていたものを引き継いだものだが、この4月から両温泉とも改修工事を終え、リニューアル営業している。先日視察に行ってきた。(2つとも営業はアウトソーシングしている)
1つは西条市河の内にある「本谷温泉」だ。旧東予市営から引き継いだものだが、大明神川沿いに山峡に遡ったところにある。温泉としては古くから珍重され1300年の歴史があり、道後温泉・鈍川温泉・本谷温泉は湯質もよく伊予の3湯と称されている。
設備は和風の雰囲気もよく出て落ち着くし、下界の瀬戸内海を望む風景もよい。年中無休で営業中。
2つは小松町の高速道路沿い小松ハイウェイオアシスにある「椿の湯」だ。これは道の駅としてハイウェイオアシスの設置とともに造られたもので旧小松町営を引き継いだものだ。リニューアルによって無料のトレーニングルームも設けられ、固定客もできたようだ。ただし、毎週水曜日は休館しており、気をつけなければならない。私は思い立って行ってみるとしばしば休館に遭遇した。
いずれも入浴料は大人400円であり、気安く温泉が楽しめる。(経営としては温泉だけでは全く採算にはあっていないだろう)。市内には民間経営の温泉も私の知る限り7か所はあり、それぞれに個性ある営業をされている。ゴールデンウィークには温泉巡りもいいものかも。

posted by 明比昭治 at 15:05| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする