2017年05月02日

学校で北朝鮮ごっこ?

連日北朝鮮とアメリカ艦隊のことが報じられているが、ある意味おだても脅しも聞かないヤンチャな北朝鮮で、ミサイル開発や核開発といった破滅的行動で自らの首を絞める方向に追い込まれていると思うが、最後の手としての暴発が最も心配だ。
こんな報道を受けて国内でもJアラートの作動にも関心や注意が払われているのだが、過剰に反応しないようにといわれても反応しないわけにもゆかないのがみんなの本音だろう。
ところで最近子供たちの間でも「北朝鮮ごっこ」などと反響があるそうだ。先生笑い事ではなく彼らの本質を調査し、正しい指導の対応をお願いします。戦争を知らないで誤った感覚で戦争ごっこに興じるようなことは、慎ませましょう。
明日は憲法記念日で憲法改正の論議も大いにすべきでしょう。ただ反対反対では時代や社会環境の変化に対応できない状態を見過ごし、北朝鮮のように孤立への道を歩むことになってはいけません。戦争の回避は絶対に守るべきことですが、そのことですべての改正すべき議論を妨げないようみんなで考えましょう。
posted by 明比昭治 at 08:42| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする