2017年06月30日

相次ぐ自民党国会議員バッシング。

次から次へと週刊誌ネタで自民党国会議員の言動が暴かれて、テレビでも朝から晩までワイドショーのように扱われ、自民党の横暴・人格さえ疑われるような低俗言動・失言などなど次々と切れ目なく報道されて残念でならない。大勢いるからいろいろなのがいるでは済まされない。そもそも人格識見備わった国民の代表者なのだが、目線は常に国民の目とともにあり、常に晒すとは必然のことだから、備えよ常に!の自覚が必要だ。
東京都の議会議員選挙がもう最終盤となり、こうテレビで自民党議員のことが扱われると、地方議員とまた活動の在り方が違うとはいえ、住民からすればみな同じ!と映るのは仕方のないことだろう。この逆風にさらされ自民党の候補者は大変だろうが、踏ん張って頑張ってほしい。昨日東京に行ったが我々とは選挙の取り組み手法が違い、戸別訪問や個別依頼はまず難しいのだろう、しったがって党の活動が見える街頭やビラが中心となるのだろうが、私もこうしてネットを利用しての活動も力点を置いて取り組んでいるのだが、SNSをフルに活用し、みんなに呼び掛けよう!本気で地域を、日本の平和と安定を思う「自民党」議員に絶対の信頼を寄せて頂き、他の候補者と見極めて支援ください。
posted by 明比昭治 at 10:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする