2018年04月03日

北朝鮮の報道がテレビで多すぎでは?

冬季オリンピックに北朝鮮の選手や応援団が韓国に入って以来、テレビのニュースや報道番組で、「金正恩」さんが出てこない日はないくらいお顔を拝見している。麻生財務大臣が国会のニュースは「森友」中心で、「TPP」問題などその他の重要な政治課題について報道されていないのは偏りすぎではないのかとの趣旨の発言をし、発言撤回を求められるような物議もありましたが、公正な目で判断しても、マスコミ報道はもっと幅広く時間を配分しながら、国の動向、世界の動向を、公正公平な視点と判断で取り組んでほしいと思う。分断された南北の朝鮮半島情勢だが、今も戦争状態で、どうにか休戦しているとみるのが正しいのだろう。ここから平和を求め南北の統一の話し合いが本当に進むのか?これまでの度たびの経験から、甘く見れないのは当然だろう。これまでも約束を破ってきたのは北朝鮮であり、このところの北の行動は平和の天使のような扱われ方で、韓国のことなどほとんど声が届けられていない。世界が北朝鮮の「金」一族に何故媚を売るようなことをしなければならないのか。みんなで対等の立場でお互いを尊重し合っての平和への道を求めなければならない。落胆することの無いように・・。
posted by 明比昭治 at 18:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする