2018年04月11日

県職員のメモでまた大騒動。

今治に開設された加計学園の獣医学部新設問題で、愛媛県の職員・今治市の職員・加計学園の事務局長らが、2015年4月2日に首相官邸を訪問した時の模様を、県の職員が「備忘録」としてメモを残して上司などに報告していたことが明らかになりその内容が報道されている。これまで国会でも、県議会でも、市議会でも、その時の様子について質問がなされたが、その会談があったことは不明のままに扱われて来た(県議会では国の方が説明をされることだと知事も答弁してきた)のだが、官邸では面会記録や記憶がないと説明されているので大混乱となっている。また文章の中に「首相案件」扱いとの説明があったとあるので、やっぱり安倍総理の支持か?と?追及されているようだが、ここでこれまで何年もかけ取り組んできた「構造改革特区制度」では前を向いて進まないので、内閣が主導する「国家戦略特区」制度が創設されるので、この制度に乗り換え岩盤規制を突き崩す取り組みを覚悟と決意をもって取り組めばと示唆されたことだったものと思われる。先に加戸前知事もこのことで急に前が開け、愛媛や学界の問題の解決への光明が見られたような趣旨の国会での証言もあったところだ。「首相案件」などと言葉を取り上げて特別な意図が働いたかのように理解の誘導をされているようだが、内閣の権限で国家戦略として、国が必要とする課題に取り組む制度そのものを肯定しなければ、この制度も絵に描いた餅でおわることになってしまうところだろう。安倍総理個人の問題ではなく、国家の問題ではないのか?どうも重箱の隅をつつくような取り組みで残念だ。いいことは良い!悪いことは悪い!入り口から壊すような議論や逃げ口上の繰り返しは情けない。正々堂々正義を求めて進めようではありませんか!

posted by 明比昭治 at 18:24| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする