2018年04月22日

日本スポーツマスターズ2020愛媛で開催決定!

昨年秋、2017愛媛国体・えひめ大会をつつがなく成功に収めたところだ、この大会開催で得た施設整備や運営ノウハウなどレガシー(遺産)を生かし、今後のスポーツ振興を図るため「スポーツ立県」を目指して取り組んでいる愛媛県だが、私が先の第356回2月定例愛媛県議会の「一般質問」で、愛媛県スポーツ協会の常任理事でもあり、県スポーツ少年団本部長も務めている私から、シニアの国体(原則35歳以上)と言われる「日本スポーツマスターズ」の2020年の大会開催について、先に日本スポーツ協会から県スポーツ協会に要請もあり、それを県下の各種競技団体にも意向を確認したところ、愛媛開催を協議開催の受諾の了解もあるので、県と団体が一体となって誘致に取り組もうと提案したところであったが、平成30年4月20日の日本スポーツきょうかいの理事会で、2020年愛媛県開催が決定され、中村知事に開催決定通知書が渡された。
この大会では13の種目競技に約14000人の選手の参加が予測され、更に日韓スポーツ交流・成人交歓交流事業も実施され、韓国からも10競技に約200人が参加予定されているようだ。
いずれにしてもスポーツ立県への取り組みとして、東京オリンピックの事前合宿誘致なども含め、競技スポーツ振興にも一層の弾みがつき、地域活性化や交流人口の拡大にも多いの結び付くことで、最終的には経済効果も期待されるところで、このニュースは提案者として人一倍に嬉しい。

posted by 明比昭治 at 11:09| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする