2018年04月28日

北朝鮮の微笑みに心奪われるな!

昨日朝鮮半島の軍事境界線を挟む板門店で、韓国と北朝鮮の首脳会談があった。過去にも2回首脳会談があったがいずれも北朝鮮の首都「平壌」を韓国の大統領が訪れる形であったが、今回は韓国領土の中に入っての会談で、北の金正恩委員長は若いがしたたかさは見上げたものがある。
自分の体制は認めて欲しいと言いながら、南北統一を平和の合言葉のように標榜している。それでは私に従えというようなものだが平和とほほ笑みのベールで包み込んでいる。今回も私がわざわざ出向いて核廃棄や終戦平和を提案したのに、結果として韓国やアメリカが私の提案を守らなかった・妨害したとの後の言い訳づくりのための行動につながるように思えてならない。真正面から非核への取り組みと受け止めたくても、核廃絶へとは言っていない。自分の体制維持のためにどれほど無残な粛清を多くの側近にも行っているのか忘れてはならないし、急変しての微笑みにゴマ化されてはならないだろう。日本人の拉致問題についても一言も言及しないが、誤ることは絶対にできない性格なのだろう。
人の命を暴力で弄ぶ品格の無い政治であってはならない。真の平和を求めあう真剣な外交が望まれる。

posted by 明比昭治 at 09:54| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする