2018年06月02日

「羽生結弦」選手に国民栄誉賞が贈られる。

男子フィギアスケートでオリンピック金メダルを2連続獲得した「羽生結弦選手(23)」に国民栄誉賞が贈られる。史上最年少となるが怪我など乗り越えての努力、東北震災復興への支援や励ましの姿などなど、賞をもらうに値する彼の姿勢からも大いに賛同しお慶びを申し上げたい。
まだまだこれからもスケート界のホープとして頑張てくれるし、リーダーとしての活躍もしてくれるだろう。
スポーツ界でも一部いろいろ不祥事の話題もあるが、努力を傾け成績を上げ頑張る人が殆どだ。若者に勇気を与え応援することが、社会にも大事な活力を生む。
posted by 明比昭治 at 07:48| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする