2018年06月12日

核もミサイルも拉致も解決できるか?米朝首脳会談。

2018年6月12日歴史に残る首脳会談がシンガポールで開催された。アメリカ「トランプ大統領と、北朝鮮「金正恩」委員長との会談だ。世界中が注目する演出も考えての取り組みだが、果たしてどれほどの成果が約束されたのか?目立ちたがりの「トランプ」さんを、相手の足元に付け込みうまく取り込めるものを取り込んで、最後は世界が最も嫌がるもの(核弾頭)を手にして脅しの道具も手にした「金正恩」が、いよいよ世界に認められるデビューを果たす場にはなったのだろう。
詳しい内容はわからないが、核廃棄に向けて不可逆的にとの事で大筋事前の事務協議でも、検討協議されるとなっているが、これまで約束を度々破ってきた北朝鮮の独裁体制である。決して先の轍を踏むことなく見返りを決して約束せず推移を見守ることにされたいものだ。北朝鮮の体制を認めたことになるので、崩壊させることが難しくなったが、戦争の終結宣言も出されると、体制に対する牽制方法も無くなる訳だから、平和維持には周辺諸国との連携が最も大事だから、わが国もしっかり対応が求められるだろう。安倍総理の指導力に多いに期待せざるを得ない。国を挙げての理解と協力が平和を築く原点だろう。

posted by 明比昭治 at 13:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする