2018年06月14日

北と直接交渉をせよ!トランプ大統領が指示。

北朝鮮とアメリカの首脳同士が会談する歴史的事態が実現したが、今回の共同声明を聞いてアメリカや韓国・日本にとって期待したことは「核の廃棄でありそれを検証して、早期に後戻りできないように確実な状況にする」確約であったが、これは表明されず、そこまで詰めるには時間がなかったとのことだが、北に本気でやる気など無く、おねだり交渉のポーズに使われてしまったのだろう。逆にアメリカ軍との軍事演習を含め韓国・日本と取り組んできているアメリカ軍の縮小を約束し、北に安心感を与えることにはなったことだろう。韓国や日本がそれに脅威を感じるならその維持費用は負担せよと北に関係のない方向に話がそれた形であり、北朝鮮の体制を保証し認めて北の立場を強くさせたばかりだ。
拉致問題もトランプさんに交渉を頼みの綱と委ねたのだが、安倍総理と直接交渉をせよと、経済支援を日本からもらうためにするなら北にとっても良いきっかけだろうとアメリカの負担のかからないように進言していただいたようだ。それにしても日朝対話の場ができるだろうから、安倍総理も今日までの努力が無にならないように、我が国の立場をしっかりと直接交渉により、チャンネルを作ることも大事だろう。だが、アメリカ・韓国その他国連なども含め後ろ盾をもって交渉することが大事で、日本の一人掛けにならないようにすることも大事だ。その連携が平和社会を築く基礎だろう。拉致問題の解決は人道すなはち基本的人権を確立する社会の原点でもある。

posted by 明比昭治 at 13:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする