2018年06月29日

W杯サッカーロシア大会で日本1次リーグ通過。おめでとう。

昨夜は寝つきが悪かった。ロシアで開催中のサッカーワールドカップ1次予選、前試合で1勝1分勝ち点4で第3戦目、世界ランク8位のポーランドとの試合、実力では劣るが、チームの団結力で何とか、引き分けで切り抜けて欲しいものだと誰もが期待して観戦応援したものと思う。私もその1人だった。
試合が始まると前半は以前の日本の戦い方とは格段の成長で、むしろ優勢な場面が多かった。後半となりこのまま何とか0−0の引き分けで逃げ切れば、決勝トーナメントへの切符が取れる、反則してフリーキック・PKを与えるようなことの無い様に無難に頑張って欲しいと願っていたのだが、とうとうフリーキックが元で、得点されてしまった。まだ時間があるから何とか1点を・・・と願っていたのだが・・・ところが同リーグのコロンビア対セネガルでセネガルが1−0で負け、勝ち点4で日本と同率となったが、反則切符の数で評価する順位規定決定規定で、日本が有利となり、1−0で負けても日本が決勝進出切符が取れることが判明、西野監督はこれ以上の失点も反則も犯さないように、試合の最終5分とアディショナルタイム3分を、日本のチーム内でパスを廻し時間の経過をさせる作戦に徹底、会場からブーイングの嵐ではあったが、勝つことのために!を選択し、結果として決勝進出の切符を日本が得られた。色々いわれても勝ってこそ期待に応えられる道につながるのが勝負の世界でもある。この勢いとチームワークで決勝トーナメントに全力で取り組んで欲しい。西条出身の長友選手はワールドカップ3回連続出場のベテラン選手になったが、今大会も日本チームの要として活躍されうれしい限りだ。怪我をぜず死力を尽くしての活躍を祈る!
posted by 明比昭治 at 15:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする