2018年07月02日

潜伏キリシタン関連遺産(長崎・天草地方)が世界遺産登録決定。

ユネスコの世界遺産委員会で登録された国内の世界遺産の22番目【自然遺産4・文化遺産18】として、6月30日「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」(長崎・熊本の12遺産)が登録決定された。
日本でキリスト教が禁じられた時期に、民衆が2世紀以上にわたり独自に信仰を継続した歴史が世界遺産にふさわしいと評価されたものである。隠れキリシタンの悲話など伝えられた厳しい歴史もあったが、却ってこのことが評価や理解に繋がったのだろう。以前は「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」として、政府は推薦していたが、ユネスコの諮問機関の国際記念物遺産会議(イコモス)から、禁教期に焦点を当てるよう指摘を受け、今回の再申請で決定されたようだ。
潜伏キリシタン遺産は、江戸幕府の禁教政策を強める契機となった「島原・天草一揆」の古戦場である「原城跡」をはじめ、信徒が処刑された無人島の聖地として崇拝された「中江ノ島」潜伏信徒が暮らしていた9件の集落と集落跡、現存する国内最古の協会で、国宝の「大浦天主堂」で構成され、仏教や神道を装い、ひそかに信仰を継続した潜伏キリシタンの歴史の物語である。
posted by 明比昭治 at 15:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする