2018年07月07日

西日本各地で記録的大雨被害。気をつけよう。

関東では梅雨明け宣言が6月中に出るという異常が伝えられていたのだが、7月にはいって西日本では梅雨前線が停滞し、雨続き、石鎚山のお山開き中も雨続き、各地で記録的大雨が続いて、7月7日は七夕の日であるが各地で河川の氾濫、土砂崩れなどの被害が発生している。
西条市では石鎚大神様のお陰か雨が多い割に大きな被害も出ていないようで、市長から消防本部から他市へ要請があれば応援を派遣したいと聞かされた。予断は許されないが県内近隣お互いの連携協調は当然配慮してほしいと申し上げておいた。
愛媛でも松山市怒和島で母親と小学生2人の女児が裏山の土砂崩れで、亡くなったと報じられているが本当に悲しい。ご冥福を祈るばかりだ。テレビで過疎の小学校でも頑張っていることがコマーシャルフィルムに使われていた地域のことだが、早く立ち直ることも願いたい。
愛媛県議会自民党会派としても、出来る限り被災状況を把握して早く対策を建てられるよう、理事者側とも連携をとって防災と復旧に全力で取り組みます。皆様の情報も各地の自民党議員にお寄せ下さい。
posted by 明比昭治 at 17:43| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする