2018年09月09日

とうとうやったね「大坂なおみ」女子テニス選手。

ニューヨークで開催中だった全米オープンのシングルス女子決勝戦で、元世界ランキング1位の「セリーナ・ウイリアムズ」(36)を、世界ランキング20位の「大坂なおみ」(20)選手がストレート勝ちし優勝、賞金380万ドル(約4億2180万円)を獲得した。
テニスの4大世界大会シングルスで日本人が優勝したのは初めてで、これからの活躍が益々期待される。男子でも「錦織」選手が頑張って準決勝くらいまではたびたび残る活躍頑張りをしているのだが、決勝の壁がまだ超えられないでいる。いずれにせよ2人は世界で活躍の中心を占める存在になり日本人としての誇りも高い。暗い話題の多い中一条の元気をもらえる明るい話題だ。
ただ、試合中に客席からブーイングがあるなどフェアにかける試合運びがあったようだが、やっぱりスポーツは全てにフェアが第1だ。
posted by 明比昭治 at 09:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする