2018年10月05日

怒れない、笑えない迷惑な話。

拘留中の大阪府警富田林署から逃走、2月も経ちながらも行方が分からず逃走を続けていた「樋田淳也」容疑者だが、山口県の周南市の道の駅で万引きをして、やっと逮捕となった。当初は大阪で単車や自転車を使ってひったくりやおそらく空き巣の入ったりしながら、逃亡資金や衣類などを調達していた様子が見られていたのだが、その後自転車を盗んで、四国へ渡りサイクリストや四国遍路旅のような姿になって各地を転々と移動、松山では愛媛県県庁を訪れ、自転車新文化推進課で「日本一周中」と書いた「みきゃん」のマーク入りの紙や、県内のサイクリングマップなどを受け取っていたという。こんなニュースにみんなびっくり唖然となった。全国手配されニュースでも扱われているとは言え、誰しも疑って接することなど警察官でもどうかと思われる。眼鏡もかけるし髪型も変えるし何より格好がサイクリングをしているような格好だ、四国では遍路旅の人も結構いるので、疑ってかかる風習もない。じっくり観察できたのは「散髪屋」さんか、入浴を一緒にした人くらいだろうが、誰も気づいていない。要は人を疑ってかかるような生活を皆していなくて、みんな友人を大切にする善人ばかりなのだ。どうか「何をしてたんだ!」などと叱責などしないでください。彼と接した多くの人みんないい人ばかりだったのです。といって「怒れない、笑えない」複雑な心境になる話です。ともかく一件落着して良かったですね!
posted by 明比昭治 at 09:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする