2018年10月30日

青年のバカ騒ぎ文化に注意を!

ハロウィンとかで若者が東京の渋谷でバカ騒ぎしている報道があり、地元の商店街も、区長も苦言を呈しているのだが、何かあったら渋谷の駅前スクランブルで空騒ぎするのが定着しているのか、無秩序な文化・風潮を定着させてはならない。外国人が参加しているのも見かけられる。
世界でも治安のよい国、規律正しい国との自慢が失せてしまう。全国各地でも本来アメリカの子どもの遊びが導入され、子供たちが中心で取り組まれて楽しまれているようだが、渋谷での真似をして若者が無秩序に酒を飲んで暴れるような様子が蔓延してはならない。
いまだ一部で残っているが、成人式に酒を飲んで暴走する事例もある。先月県内でも秋祭りがあったが、神事そっちのけで酒を飲んで暴れる若者たちもいる。酒を飲んではいけないとは言わないが、酔った勢いや酔ったせいにして暴走はいけない!いろいろな行事に警察が先に立って規制するなどという無粋なことが有ってはならないが、公序良俗の社会秩序を自主的に守れないなら、一定の規制もやむを得ず導入が必要かもしれない。野放しにしておくと一層エスカレートして暴走が起こると心配するところだ。みんなで明るく楽しい社会のあるべき姿を考えよう。日本人の日本の社会の良さを誇りに守られるように!
posted by 明比昭治 at 10:07| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする