2018年11月10日

天候もよく西条市産業祭。

西条市産業祭が、県立西条高等学校で開催されています(11月10・11日)。この産業祭は歴史が古く、秋植えの「玉ねぎの苗」を求めて朝から長蛇の列ができる賑わいのある、西条市の伝統イベントです。今日は天候もよく9時ごろにはもう河川敷の駐車場が一杯で500台くらいは来ており、加茂川橋まで500M位の駐車待ちの車が列をなす盛況でした。農業高校生のバザーの「うどん」も列をなす大盛況。学校のグランドでは市内の商店の出店がならび、食品あり、雑貨品あり、苗ものあり、バイク屋さんあり、福祉施設や団体のバザーあり、農業団体の野菜販売有り、お餅の振る舞いあり、教室では済生会病院の健康相談やチェックあり、郷土史研究会の発表会あり、国際交流室あり、もちろん西農生の作品発表ありと、多彩な催し満載のイベントだ。20年ほど前にはもっと多彩な出店があり賑わいがあったが、それでも相変わらずの盛況さを保っている。
秋に文化祭シーズンで色々各所で催しがあるとは思うが、時間があればぜひ行ってみてください。会場入り口では社協などの団体で募金活動もあるので、志のお金も用意してどうぞ!
posted by 明比昭治 at 20:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする