2018年11月15日

このところのプロ野球・大相撲どうした?

プロ野球の日本シリーズも結果として広島カープも頑張ったが福岡ソフトバンクフォークスに力負けの結果で、個人的には最後まで混戦の盛り上がりが感じられずに終わってしまった。その後アメリカ大リーグとの交流試合がテレビで見られるのだが、パワーに違いを見せ付けられるような試合で、侍ジャパンも一時よりは力が落ちたのかと気になる。
また、年納めの大相撲は3横綱のうち2横綱が休場、稀勢の里1人が横綱として頑張ってくれるのかと期待しいていたのだが、初日から3連敗これじゃ横綱不在の大相撲のようで、力が勝負や地位を示す相撲の対面が保てないじゃないのと思っていたところ、まさかの稀勢の里まで4連敗を受けとうとう休場で、横綱不在の大相撲の場所となってしまった。貴乃花部屋の騒動で、絶対的人気のある国技としてこれまで楽しませてくれていた、日本相撲協会や大相撲に何かすっきりしない気持ちを抱かせる状況になっている。
何かすっきり晴れない、どんより曇り雲の中で過ごすような気分で残念だ。全てを否定するものではないが、早くすっきりこれぞ日本!と思わせてくれる伝統ある野球や相撲を見たいものだ。素人の愚痴です。

posted by 明比昭治 at 14:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする