2018年11月19日

中村愛媛県知事3選‼野志松山市長も。

任期満了に伴う第19回愛媛県知事選挙は11月1日から17日の選挙戦を終え18日に投票・即日開票の結果、中村時広現職知事が圧倒的支持を得て他の2候補を寄せつけず、3選の勝利を収めた。ただ、原発以外の争点もなく、現職の活動実績の評価が高く、投票に行かなくてえも最初から決まっているようなもんだ!との有権者の判断が大きく作用したと思われ、私たちは民主主義の基本原点だから投票に行こう!と呼びかけに注力したものの、投票率は過去最低で、県では39.05%(前回42.93%)。西条市では36.12%(前回よりは0.66%上廻る)と、前回は同日行われた松山市長選挙が関心が高かったために(前回48.44%、今回35.78%)、県平均の投票率を上げていたが今回はそれもなく、今回は南予の投票率が豪雨災害復旧対策と今後の期待への政策が重点施策で取り組まれた影響もあったと思われるが県全体を押し上げ、松山や東予の低投票率を引き上げたようだ。
何れにせよ結果は、結果は中村知事の圧勝であり、共産党以外の全党や県下の自治体首長会、各種団体・連合など労働組合組織と「オール愛媛」の支持を集めている中村時広愛媛知事への盤石の支持を背景に、3期目の県政を全方位で目配り・気配りをされながら、人口減少対策を中心に見据え元気愛媛の創出により一層注力が必要であり、みんなの理解と協力で成果を出してゆこうではありませんか!要は愛媛の県民の明日のために!
中村知事・野志松山市長共々に先ずは、3選の圧勝を心からお喜び申し上げます。
posted by 明比昭治 at 10:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする