2018年11月24日

再び大阪で2025年「万博」決定。55年ぶり。

この度(11月23日)パリで開かれた国際博覧会国際事務局の総会で、大阪が選ばれ2025年の開催国に決定した。55年前と言えば東京オリンピックも終え新幹線も開通し、日本はまさしく高度成長期に入った伸び盛りの時期であり、6420万人に余っての入場者が、アメリカの出展した「月の石」も見たいと押しかけた盛況だったと記憶している。私はまだ中学生なので見には行ってないが、その後跡地で開催された花博で吹田の会場に行ったこと、太陽の塔にも圧倒されたことが記憶としてよみがえる。ともかく長蛇の列を我慢しても「民族大移動」のごとく博覧会を見に行こうと、あの頃は日本の成長の息吹さえ感じられたものだ。そのご、2005年には愛・地球博と銘打って愛知万博も行われたが、ここは場所と規模とで爆発する人気の記憶が薄い。
またしても2020年の東京オリンピックの5年後の開催となるが、関西の景気や活力の原動力となって牽引する取り組みとなるのか?期待したい。
大阪湾に埋め立てられ、オリンピック誘致も考えていた「夢の島」を会場にとけいかくされるようだが、開催終了後はカジノも考えられていることに繋がるようなので、大阪・関西圏が関西空港も中心に発展の芽が伸びてくるとも思われる。いろいろ意見もあろうが「やってみなはれ!」の精神で道を切り開きたいものだ。
posted by 明比昭治 at 18:51| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする