2018年12月06日

生煮え法案審議は国民の不信を増大させるばかりだ。

このところの国会審議で国民生活に重大な影響を及ぼす事柄が、委員会での質疑・審議の状況を見るにつけ、不安と不信が拭えない。オリンピックの準備状況に担当大臣が状況把握が十分出来ていなくて、答弁・説明に窮する。人手不足解消も大事だが、そもそも治安を維持し、人権を守り、みんなの幸せに結ぶ生活の基本を明確にしておくべき「外国人労働者の受け入れ拡大をする入国管理法の改正」案を巡る審議の中でも、現在の実施状況の中で問題となっている、賃金が最低賃金も支払われていないとか、失踪者が多数出ているとか、斡旋業者が不正な手数料を取ったり、技能実習生の受け入れを巡り諸問題があるのに実態把握と改善策などが、十分に説明されず、将来予定も明確に示されない。自治体が水道事業の運営を民間企業に委託できるようにする水道法の改正案でも、国民生活の最も大事な水は行政が責任を持って管理運営しないと、水質も、料金管理も、災害時の早期復旧や安定維持も外部任せでは、安心感は得られないだろう。運営主体は行政だと言うものの肝心な責任は骨抜きになると思えてならない。
これらの国会審議を見聞きするにつけ、政府の誠実さが感じられないように思えてならず、国民の政治に対する不信は増大するばかりの状況だが、政権与党の数によるおごりの反映とするならば大変なことである。勝って兜の緒を締めよ!大事な憲法改正による国家の建設など道が遠のくばかりだろう。
posted by 明比昭治 at 12:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする