2019年01月27日

なおみ優勝・玉鷲優勝。おめでとう

全豪オープンテニスで「大坂なおみ」選手が優勝した。これで世界ランキングも1位となったそうだ。全米オープンに続きのグランドスラム大会での優勝で実力正にナンバー1になったのだが、22歳とこんなに若い世界1はなく、アジアでももちろん日本人としても、初めての快挙を成し遂げた。日本人と言われてもお父さんがセネガル人の為黒人で、日本語もたどたどしい状況なので、ストンと来ないところもあるがともかく素晴らしいこれからの活躍も期待したい。賞金もどのくらい稼ぐようななるのか野次馬として興味もある。
大相撲では関脇「玉鷲」が初優勝、愛媛出身の玉春日親方(現:片男波部屋の親方)が育てた力士である。今場所では注目は横綱「稀勢の里」の頑張りに集中して始まったのだが、残念ながら4連敗で「引退」ということとなり、その後は大関陣の崩れ、白鳳も終盤崩れで、がぜん関脇力士の頑張りが注目されることとなり、最後に玉鷲が抜け出て初優勝を34才、本日第2子の誕生と2重3重の喜びが舞い込む「玉鷲デー」ともなったようだ。玉春日関の縁でこれまでも愛媛にも来られ馴染みが出来ているが、モンゴル出身と言えど愛媛のファンも大喜びだ。これまで15年間1日も休まず土俵に上がっていると報じられているが、怪我はともかく命取りとなる、常に万全に注意して、昇進を目指し今後の活躍に期待したい。
posted by 明比昭治 at 20:49| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする