2019年06月10日

参議院選挙が来月に迫った。

参議院議員の通常選挙(半数改選)が今年であり、来月の7月4日公示となる予定のようだが、正式には未だ発表されていない?今通常国会が開かれており、ひょっとすれば会期末に内閣不信任案でも出されれば、衆議院の解散・・ってなこともあり、そうなればダブル選挙となるので投票日を合わせるために告示日が未だに決められない・・・裏事情もあるようだ。
いずれにせよもうこれから1ケ月前後の選挙戦の日程である。いろいろわが自民党愛媛県連でも必勝に向け取り組んで入りところだが、統一地方選挙もあり本格稼働が遅れていること、ましてや全県一区だから20市町1日ずつ割り振っても20日に1回となり、「らくさぶろう」候補者の人となりにふれる機会もなかなかだ。
相手候補は3年前にも出馬、それ以前にも衆議院選挙にも松山で何度も出馬、一度は比例復活で衆議院議員も務めた選挙のベテランで組織化も全県に後援会組織も出来たと、万全の日常活動も取り組み2歩も3歩を先に走っており、これを追い越すには大変な努力がいる。
自民党としてはこれまで培ってきた組織土壌はあるので基礎票は他党には負けないものがある。これに党員が一丸となって地域を守り、国を守るという自負をより一人一人がもって連帯し、頑張れば負けることはない。大丈夫という思いや、マンネリ化が自陣の最大の敵だ。今回は候補者が政治には初めてのチャレンジだから、その新鮮さをみんなで取り込み、頑張りましょう応援ください。何より投票に行ってもらう運動にも最大の注力が必要だ。民主主義の大切な権利を守るためには、一人一人の責任ある義務を果たす行動を呼びかけが、原点として必要です。

posted by 明比昭治 at 09:27| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする