2019年08月06日

益々過激な韓国の反日反論。

我々はテレビなどの報道で知るほか由もないのだが、韓国との関係が悪化の一途をたどっているのではないだろうか?日本側の説明では「徴用工問題」「慰安婦問題」など過去の日本による支配を経ての賠償問題は、既に両国政府で合意し、対応済の問題であるが、韓国国内でその解決を自国民に対し徹底できていないと思われるのだが、補償に漏れたのか納得できない人がいるようで、そもそもは自国の政府に求めるべき不満を、政府間の約束も無視して、韓国の裁判所までもが直接日本に要求するので、日本政府としてはもう両国政府で合意済みの問題だから取り合わない姿勢を貫いており、それで紛争を提議するなら国際司法裁判に提訴し、判断を仰ぐ手立てをするように進言もしているのだが、政府が国民に対して国際ルールの説明が出来ていないものだから、日本が悪いのだ。
さらに核兵器開発などにも繋がるIT制作関連資材の貿易に、韓国とはこれまで制約なく貿易取引できる協定を実施していた(ホワイト国扱い)が、これを見直し規制すると日本政府が発したが、これに対し日本が過去に韓国に与えた迷惑も顧みず、報復措置だとして、政府が国民に説明するものだから、国中で日本製品の不買運動やら、交流事業の中止など、反日感情が韓国中で蔓延しているように進んでいるような報道である。日本政府は正当性は語るが、日本国内でも十分な理解を得られる説明を国民にしていない。だから一方的に韓国の国を挙げての反日発言で、日本がごねているように映らされている。(マスコミにも扱われている)。説明が足りないから嘘も本当にすり替えられてしまっているのではないだろうか?。令和新撰組の躍動やらNHKをぶっ壊すなど、単純なフレーズで国内問題が大きな政治課題のように扱っている間に、国際間の紛争で不利な方向に追い込まれ、国の経済的利益や、安全・平和さえ脅かされかねない問題の政治課題が、韓国では国を挙げて議論や行動が起こっていながら、日本では他人事の騒動のように扱われていて良いものだろうか?平和で幸せ過ぎ、安心していて良いのだろうか?この国は?与党も野党も、政治家も官僚も誰も安定した国家として、国民と政権を守る本気度も見えない国になってしまっているように思えてならない。大事なことを誤解を生まないような説明が大事だ。

posted by 明比昭治 at 12:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする