2019年08月15日

台風10号のため戦没者追悼式中止。

強い雨風が予測される大型台風10号が、15日正午頃には豊後水道を通過、または愛媛の上を通過することが予測され、鉄道・海上輸送・航空の各便が、運行を休止することが早くから発表されたので、恒例の夏の行事やお盆行事が中止が発表され誰もが戸惑っている。
近年の気象状況から推測して、事前に被害を避ける措置を、勇気を持って実行することが賢明な措置として理解しなければならない。
このような状況から、今日15日は74回目の終戦記念日で、西条市でも愛媛県でも戦没者慰霊の追悼式が年々実施されているのだが、やむを得ず今回は中止となった。東京では全国追悼式が天皇・皇后両陛下のご出席を得て実施されるので、テレビを通じて皆さんとともに黙とうし慰霊の誠をささげさせて戴いた。
誰しもかけがえのない命を失ったことは残念でならないものであるが、後の世の平安をひたすら願い、尊い命を犠牲とした人々の崇高な思いを決して無駄にしないよう慰霊の誠を捧げ、追悼することはせめてもの、今を生きる私達たちの責任でもあろう。
そしてみんなで力を合わせ、平和社会の実現のため他者を思いやる心を持って行動しようではないか!とあらためて誓うものです。
posted by 明比昭治 at 12:13| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする