2019年08月31日

10月22日には西条でも提灯行列でお祝い。

4月30日天皇陛下が譲位され、平成の御代の幕を閉じ陛下は上皇にとなられ、5月1日には皇太子殿下が天皇にご即位され令和の時代に御代が替わった。いわゆる践祚の式で「三種の神器」や「御璽」「国璽」を引き継がれ新天皇に即位されたのである。
この時の陛下のお言葉で「国民の象徴として、国民の心に寄り添って、国の平安・世界平和に務めたい」と決意のお言葉もあった。この陛下のお心をありがたく受け止め、いよいよ10月22日には「高御座」に立たれて、即位を宣言され、国の内外からの人々の祝福をお受けになられる「即位礼正殿の儀」が行われる。我々はご招きを受けてないが、テレビでその様子を見させていただきながらお祝いしたい。
だが、やはり国民としてご即位をお祝いする行動を起こしたいと思い、西条市で有志で実行委員会を発足させて、天皇陛下のご即位奉祝行事をこのほど計画に入った。西条では今上陛下が昭和57年浩宮徳仁親王殿下として「伊曽乃神社」にご参拝になられ、昭和・平成の時代の天皇陛下から度々ご供物をいただくなど皇室に深いご縁をいただいていることから、「伊曽乃神社」で記帳・遥拝・国家斉唱・万歳三唱などで市民の祝意を届けよう、私が発案し同志を募って取り組んでいる。加茂川から神社まで約1KMの間で、「提灯行列」パレードで日本の伝統的お祝い行事として、皇室の弥栄と、国家の平安をみんなで祈り祝いたいと思っている。子供たちにも日本の心姿を体験して身に着けてもらえばと願ってもいる。ぜひご賛同・ご参加を! 午後5時から加茂川大町側河川敷集合出発「伊曽乃橋」を渡って神社まで往復する。午後6時30分までの予定です。
参加希望やお手伝い希望は私まで、メールでお願いします。提灯費用の協賛もできればお願いします。
posted by 明比昭治 at 17:15| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする