2019年09月18日

段ボール箱で1億円県に匿名寄付。

今年1月段ボールに入った1万円札で1億円余が愛媛県に届けられる匿名寄付があった。かなり傷んだ状態でもあり、日本銀行に鑑定をしてもらったところ1億661万円が確定された。これを寄付者の意向も踏まえ「子供子育て応援のための基金」と「防災対策のための基金」の2つの基金に半分づつ充てて活用するよう条例を制定し、県財政からも同額を充てて運用することの提案が今開催中の9月議会で予算など提案されている。
大変ありがたい話で、ふるさと納税などで県や市に財政援助も多くの方がされているが、地方行政も財政の苦労が絶えない中、心温まる話だ。
事件性など全くない純粋なもので、ある所にはあるものだと、羨ましい気もするが、なんといってもあっても出しにくいものだが、ポンと寄付されるそのお心に感謝するものです。
posted by 明比昭治 at 16:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする