2019年10月13日

台風19号記録的豪雨被害お見舞い申し上げます。

一都12県で豪雨災害危険情報が発令され、河川堤防の決壊、浸水、土砂崩れなどが広範囲に各地で被害が発生、多くの犠牲者を出して、被害も甚大に発生している。事前に気象庁や各方面から過去に経験のないような雨や、風の予報が注意喚起されてはいたものの、まさかとも思ったが予報通りで、予報を決して無視してはいけないことも実証された思いがする。
幸い我が地方では予想ほどの状況もなく、これから各地で秋祭りが始まるので、ほっと胸をなでおろしているところもあり、被害者の思いをおもんぱかると喜びも半分の思いがみんなしているところだろう。今日も明日から始まる西条での祭りの準備にみんなで取り組んでいたのですが、みんなで災害対策に準備や、避難の在り方、共助の在り方などの話題をみんなで話し合ったものです。
我が家も加茂川の堤防沿いにあり、河川の決壊が過去にはあり、被害の大変さを感覚的には実感できる。だから、河床の堆積土砂の撤去管理には私は人一倍に力を入れているのだ。みんなわが身は大丈夫と多可をくくらないで、最悪を想定しながら最善を考えよう。
被災された皆さんには心からお見舞い申し上げます。必ず明るい明日もやってきますから気丈に頑張ってください。
posted by 明比昭治 at 20:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする